FC2ブログ

2020-01-01(Wed)

はじめましてのお客さまへ

ここは、日本で唯一(?)の弁才天専門作家 大和かたるの広報ブログです。

宣伝用4


大和かたる最新作。港町神戸を舞台に、人間よりも美術品に近い少女マヤがいざなう幻想の一夜
大和かたる処女作とその書き下ろし続編をカップリングにした愛蔵版!
繝槭Ζ・亥ョ」莨晉畑・雲convert_20180105224139


宝来文庫の代表作「東京弁天」!
大和かたるの代表作。女子中学生にして大和女神。東京は墨田区にお住まいの弁才天アヤメさまの日常を描く弩級の純国産ファンタジー

(イラスト:嵐山晶)



【出展情報】
2018年1月21日(日)第2回文学フリマ京都(終了)
2018年2月11日(日祝)COMITIA123(終了)
2018年6月17日(日)第3回文学フリマ岩手(終了) 
2018年8月19日(日)COMITIA125(終了)
2018年11月25日(日)第27回文学フリマ東京(終了)
NEW
2019年1月20日(日)第3回文学フリマ京都(おー6)



【宝来文庫の本 好評頒布中!】
「マヤ/ニセモノ乙女の夜」
「東京弁天」
「神社姫の涙」
「真琴さんの引っ越し」
「青い袖」

みんなの不思議体験集(谷中ミストの会レーベル)
「ミスコレ! 2018」
スポンサーサイト

2019-01-13(Sun)

1月20日(日)第三回文学フリマ京都(おー6)に出展します!

今日は1月13日。ということは・・・・・・



あと1週間で、第三回文学フリマ京都ですよ。



今回は新刊アリ、しかも大和かたるのライフワーク「東京弁天」3年ぶりの新作です。
青森県にある蕪島神社(下の写真)と、東京の江島杉山神社を舞台にした恐ろしくも切ない縁の物語……



「ウミネコの涙」
1月20日第三回文学フリマ京都より頒布開始!
表紙絵はおなじみ嵐山晶さんです。よろしくお願いします。
なお、文学フリマ京都で一番最初にこの本をお求めになった方には、一番乗り特典、蕪島神社で頂いた栞を挟んでおきます。よい御利益がありますように……

2019-01-02(Wed)

鎌倉 長谷寺の弁天さまに会いに行く

今日は鎌倉の長谷寺に行ってきました!

長谷寺といえば、十一面観音さまと大黒さまが有名ですが、ここにも弁天さまはおられます。
かく云う私も、17年前、弁天さまに目覚めた頃はけっこう通ったものですが、引っ越してからはずっとご無沙汰でした。

でも、長谷寺の弁天さまには特別な思い入れもあり、久々のお参りと相成ったのです。

弁天堂です。



木造の弁天さま。
お寺が所蔵している伝・弘法大師作の弁天さまを模した姿と思われます。
頭に宇賀神を乗せていないあたり、伝統的な「金光明最勝王経」版の弁天さまですね。
持物も武器中心です。



弁天窟です。
ここが大好きでした!
奉納用の一体300円の弁天さまがとってもラブリー。



さて、今回のお参りの目玉は、現在、開催中の「弁天さまと福の神」展。
長谷寺ミュージアムで、弁天堂に祀られている仏像のオリジナルが拝めます!



こじんまりした展示ではありますが、弁天ファンは必見。
だって、弁天さまの名前がつく展示会なんてそうそうないですからね。



館内で「弁天さまのひみつ」とか、ステキな資料ペーパーをもらってホクホク顔でミュージアムを出たとき、本堂の授与所にこんなものが!
お坊さんが描かれた長谷寺の仏さまたちの「ご縁色紙」です。
すべて手書きの一点モノで、下の写真で空いている二段目のスペースに弁天さまがおられました!



もちろん、ゲットです。
これで長谷寺弁天さまをいつでも拝めます。



境内にあるお食事処でカレーを頂きました。




(オマケ)

せっかく神奈川まで来たのだから、帰りに横浜に寄ります。
ここで元町厳島神社にもお参りして、横浜マリンタワーに行きました。
改装後、初めてです。



高度はそれほどでもないのに、夜景がとても綺麗に見えます。
やっぱ、ロケーションでしょうか?


2019-01-01(Tue)

江戸最初山手七福神

あけましておめでとうございます。
今年も大和かたる(宝来文庫)をよろしくお願いします。

さて、2003年の谷中七福神以来、17年目となった恒例の七福神巡り。
今年は目黒にあります、江戸最初山手七福神をまわってきました、

ここは他より少しだけ弁天成分多めでとても好かったですよ。
コースもほぼ一直線で迷う心配はありません。


まずは覚林寺(毘沙門天)からスタート。
ちなみに、こちらの七福神巡りは目黒側からまわる場合と、白金高輪から参る場合で御利益が違うそうです。
目黒からだと金運、白金高輪からだと健康長寿に御利益があるのだとか。



大円寺(大黒天)の庭には、七福神全員の石像がありまして、ここで早くも本日最初の弁天さまにご挨拶。



目黒川。
春になればここは桜で満開となり、絶好のお花見スポットとなります。



5寺目、蟠竜寺(弁才天)。いよいよ本命です。
弁天堂には木造の弁天さまがおられて、こちらは七福神巡り中の拝観になるみたい。



で、境内にはもうお一方弁天さまがおられて、こちらは通年、拝観可能な岩屋弁財天。江戸名所図会にも記載がある、由緒正しい<江戸の裏鬼門を護る>弁天さまです。


ああ、3ヶ所も弁天さまにご挨拶できるなんて素敵です。
で、最後の滝泉寺(恵比寿神)。
恵比寿さまのお堂まで行きますと……



あれ? 手前の恵比寿石像の後ろ、本堂の中には恵比寿・大黒を脇侍に、真ん中にどでーんと弁天さまが鎮座されているではありませんか?
三神を祀っているのですね……
でも、センターは弁天さまですから、おそらく主役は弁天さま。
だって、このお堂自体がいかにも弁天さまのオウチですと云わんばかりの池のそば。
いやあ、1コースで4ヶ所の弁天さま。
ファンには溜まらないコースですよ。
しかも岩屋弁財天に至っては、江戸(東京)を護っている訳ですから…… 有難いです。



今回の集めもの。
七福神だるまです。
中におみくじが入っていて、弁天さまのは大吉でした!



さて、次は目黒をはなれて愛宕神社です。



いつもは裏手から上がっていくのですが、今年ははじめて男坂からの参拝です。
やっぱキツイ……



実はここで毎年、干支の羽子板を授与してもらうのですが、早いものでネズミから始めて12枚全部そろってしまいました。
たまたまではありますが、最後のイノシシが平成最後の正月となったため、区切りが好かったです。




(おまけ)

2019年正月の東京タワー



ひなたぼっこする宝来

2018-11-19(Mon)

おいらですよ、宝来です。

それでは、問題です。
11月23日は何の日でしょーか?



はい。 勤労感謝の日、ですよね~



でも、おいらの誕生日なワケでして・・・・・・



いつの間にやら11歳!




(おまけ)
宝来文庫、11月25日(日)第27回文学フリマ東京に出展します。
今回は大和はおりませんが、東京流通センター第二展示場の2階Fホール(イー7)にて、お待ちしております。

プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 11歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
661位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
17位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文: