FC2ブログ

2020-01-01(Wed)

はじめましてのお客さまへ

ここは、日本で唯一(?)の弁才天専門作家 大和かたるの広報ブログです。

宣伝用4


大和かたる最新作。ファンタジックな関西弁のラブ・コメディ「マイ フェイバリット シングス」!
螳梧・繝・・繧ソ_RGB_convert_20190210183743
(イラスト:棚橋 東土)


大和かたるの代表作「東京弁天」!
中学生にして大和女神。東京は墨田区にお住まいの弁才天アヤメさまの日常を描く弩級の純国産ファンタジー。第1期全4話収録の愛蔵版!
(残部僅少、お早めに)

(イラスト:嵐山晶)



【出展情報】
2018年1月21日(日)第2回文学フリマ京都(終了)
2018年2月11日(日祝)COMITIA123(終了)
2018年6月17日(日)第3回文学フリマ岩手(終了) 
2018年8月19日(日)COMITIA125(終了)
2018年11月25日(日)第27回文学フリマ東京(終了)
2019年1月20日(日)第3回文学フリマ京都(終了)
2019年2月17日(日)COMITIA127(終了)

NEW! 
2019年5月6日(月)第28回文学フリマ東京(セー21)

【宝来文庫の本 好評頒布中!】
「マイ フェイバリット シングス」NEW!
「東京弁天 ウミネコの涙」 NEW!
「東京弁天」
「マヤ/ニセモノ乙女の夜」
「神社姫の涙」
「真琴さんの引っ越し」
「青い袖」

みんなの不思議体験集(谷中ミストの会レーベル)
「ミスコレ! 2018」
スポンサーサイト

2019-04-08(Mon)

上野の桜

こんにちは、宝来です。
今日は東京の桜が見られなかった大和に届けます。



お~い!



今年の上野の花見は・・・・・・



満開だったぞーーーーー!!




(おまけ)

ムーミン展」が開催されるということで、「ムーミンカフェ」を初めて訪れてみると……


「さっきからミイの姿が見えないけど・・・・・・」



「ちょっと相席いいかしら」



「味見もいいわよね?」

2019-03-09(Sat)

世田谷文学館「ヒグチユウコ 展 CIRCUS」

ハイ、宝来です!先日nobi8n さんとお出かけした世田谷文学館の展示が面白かったからご紹介しろというので留守番だったおいらが担当します。



実は宝来文庫、今回の「ヒグチユウコ展」は2回目だそうで、下のグッズたちは1月に訪れた時のものです。



今回は前回観られなかったこちらの展示も楽しみにしていたという事ですが



特に「ムットーニのからくり劇場」は下の上映作品の他に「蜘蛛の糸」も観たところ必見だそうで、全作品を観たいくらいだとか。



世田谷文学館の後はこちらへ・・・・・・



「下町育ち」のポストカードが気に入り、レジで「ヒグチユウコ展」のチケットを提示すると右のポストカードがもらえたそうです。



おまけ

「世田谷文学館」のガチャとボリス雑貨店の大人買いでゲットした「ヒグチユウコフィギュアマスコット全7種」



めでたくこちらのお宅へご招待となりました。



「おじゃまします」
「いらっしゃ~い」
「くるしゅうない。ちこうよれ」



知らんぷり、知らんぷり・・・・・・



おまけのおまけ

リカちゃんハウスの過去記事はこちらこちらからどうぞ

2019-02-23(Sat)

コミティアと猫の日とクマのプーさん展

「2月17日のコミティアも無事に終了。」



「そして、猫の日も終わりましたね・・・・・・」(画面左上のおいらの絵NEccoSunさん作)



「また首輪を変えられてしまったぜ!」



おまけ

先日、「ねこねたね」のnobi8nさんと渋谷Bunkamura「クマのプーさん展」へ行きました。



家に帰って愛蔵版の「クマのプーさん」を



久しぶりに開きました。



おまけのおまけ(展覧会で購入したグッズたち)

前売り券に付いていたピンバッジ(会場で買えます)



バンダナ&ハードカバーノート

2019-02-11(Mon)

2月17日 コミティア127 頒布本カタログ 

「どうも。宣伝部長の宝来です。今日は大和かたるの最新作と、2月17日のコミティア127で頒布する本たちをご紹介します」



「まずは1冊目。最新刊『マイ フェイバリット シングス』。
JR東海のCM、『そうだ京都、行こう。』でも有名なスタンダード・ナンバーを思い出しますね。じつは、あの曲名をそのままタイトルにしたのだと大和は申しておりました。チンチクリンの文学少年とノッポの美少女のラブ・コメディで、平成25年に「ねことしあわせ」というアンソロジー本に寄稿したオリジナルのリライト・バージョンです」
螳梧・繝・・繧ソ_RGB_convert_20190210183743


「旧作はアンソロジーという制約上、元アイデアからいくつかの重要なシーンをカットして小さくまとめておりましたが、この度、それらシーンを完全復活させ、文章も現在の技術でリニューアル。ようやく単行本としての刊行とあいなりました。今後、続編も書いていく予定ということですが、そこでは宝来文庫作品ではお馴染みの、あの中学生女神さまとか、ツンデレの少女人形とか…… 大和かたるの主要ヒロインがオールスター出演する豪華な展開になっていくそうです」



「ぜひお楽しみに、と大和が申しておりました。
なお、この『マイ フェイバリット シングス』は2月17日のコミティア127で初頒布されますが、当日、頒布される本の中に2冊だけ、大和と表紙絵を描かれたイラストレーター・棚橋東土さんのWサインが入っているらしいです」



「では、2冊目。『東京弁天2 ウミネコの涙』に参りましょう。
1月20日文フリ京都では最新刊だったこの本、いよいよ関東圏での初頒布となります!
お馴染み『東京弁天』シリーズ、3年ぶりの新作で、今回は青森⇔東京を舞台に、アヤメさまが大活躍する怨霊ミステリー風味のお話です。
なお、この本にも抽選特典が用意されているらしいですよ。
当日頒布分のうち1冊にだけ、青森側の舞台、蕪島神社でもらった有難い栞が挟んであるとのこと。物語のキーとなる<蕪の花>の押し花つき栞で、東北の短い春の間だけ授与されていたもの。御利益あるといいですね。ちなみにココ、弁天さまの神社であることは云うまでもありませんが、蕪島の「蕪」と「株」をひっかけて、人間関係における「株」が上がる、投資の「株」が上がると有名な神社です」



「こちらは定番「東京弁天」の第1部コンプリートBOX!
新作「ウミネコの涙」から読み始めてもいいのですが、より深くアヤメさまの世界を知って頂くため、こちらもぜひ!
(とうとう残り10部を切りました)」
宣伝用縮小


「次は『神社姫の涙』。
じつはこれ、『東京弁天』シリーズの番外編なのですが、案外、気付いてもらえていないみたいで……
本作は<大晦日の乱>前日のエピソードになっていまして、なぜ、本シリーズの「アヤメさま、宝船に乗る」で全国の弁天さまに緊急招集がかかったのかが、これを読めば分かるそうです。
ちなみに、表紙絵の枝屋初さんは、その後、プロ・デビューされて「ばけむこ」を上辞されました。
神社姫宣伝用縮小


「宝来文庫のもう一つの看板小説『マヤ』シリーズ。東京弁天に比べてどうしても目立っていませんが、読者さまの声の中では、これを強く推して下さる方もおられるそうです。ツンデレ美少女人形マヤをヒロインにした幻想小説。作者としては<理想の女性像>を追求した作品として執筆したと大和が申しておりました。好みは分かれると思いますが、ぜひ手に取って頂きたい、今回、強くプッシュしたい1冊なんだとか」
繝槭Ζ・亥ョ」莨晉畑・雲convert_20180105224139


「最後に『青い袖』。
作者自身が体験した怪異を元に執筆した作品。読まれた方から、「どこまでがフィクションで、どこまでが事実ですか?」とよく訊かれるそうですが、その質問にはお答えしていないようです。
でも、確かにある時期、大和のプライベートはこの小説に書いたような感じでした(そばで見ていたから分かる)。実情を知っているからこそ、この小説を書いたことでもう区切りをつけてもらいたいと、オイラ思っています」
青い袖宣伝用縮小


以上、大和の原稿にもとづき、オイラ、宝来が宣伝させていただきました。

プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 11歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
16位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文: