FC2ブログ

2020-01-01(Wed)

はじめましてのお客さまへ

ここは、日本で唯一(?)の弁才天専門作家 大和かたるの広報ブログです。

宣伝用4


大和かたる最新作。ファンタジックな関西弁のラブ・コメディ「マイ フェイバリット シングス」!
螳梧・繝・・繧ソ_RGB_convert_20190210183743
(イラスト:棚橋 東土)


大和かたるの代表作「東京弁天」!
中学生にして大和女神。東京は墨田区にお住まいの弁才天アヤメさまの日常を描く弩級の純国産ファンタジー。第1期全4話収録の愛蔵版!
(残部僅少、お早めに)

(イラスト:嵐山晶)



【出展情報】
2018年1月21日(日)第2回文学フリマ京都(終了)
2018年2月11日(日祝)COMITIA123(終了)
2018年6月17日(日)第3回文学フリマ岩手(終了) 
2018年8月19日(日)COMITIA125(終了)
2018年11月25日(日)第27回文学フリマ東京(終了)
2019年1月20日(日)第3回文学フリマ京都(終了)
2019年2月17日(日)COMITIA127(終了) 
2019年5月6日(月)第28回文学フリマ東京(終了)


【宝来文庫の本 好評頒布中!】
「マイ フェイバリット シングス」NEW!
「東京弁天 ウミネコの涙」 NEW!
「東京弁天」
「マヤ/ニセモノ乙女の夜」
「神社姫の涙」
「真琴さんの引っ越し」
「青い袖」

みんなの不思議体験集(谷中ミストの会レーベル)
「ミスコレ! 2018」
スポンサーサイト

2019-06-02(Sun)

6月1日。令和最初の己巳

6月1日は、令和になって最初の己巳の日。
60日に一度の、弁才天参り最良の縁日です。


ところで青森の蕪島には、今年もたくさんのウミネコたちが帰ってきました。
彼らは年に一度、全国からここに集まり、子育てをするのです。


「うおっしゃー! 今年もハリキルぞ!」



蕪島神社。
さすがに漁師町の神社らしく、大漁旗がたなびいていますね。



卵を温めるお母さんと、監視役のお父さん。
こんな柵ぎりぎりのところで卵を抱いているとは…… 
ウミネコと地元の方々の信頼関係は強固です。



夫婦のテリトリーに侵入してきたオスを追い払うべく、お父さん、戦ってます。
それを後ろで見守るお母さん。

お父さん「痛てっ、このヤロッ 痛てっ 痛てっ」



お母さん「あんた、なに負けてんのさ! この甲斐性なしっ! 弱虫!」



お父さん「うっせーよっ!」



「ホホホホ! あそこのご夫婦、いつも賑やかねえ!」





ウミネコは、死別しない限り生涯同じ相手と結婚生活を全うします。
美しい夫婦愛の生き物、それがウミネコ。
セイヨウタンポポのそばにいた夫婦を記念に一枚……


ああ、なんか弁天さま参りに来たのかウミネコ見にきたのか分からなくなってしまいました。

令和でも、皆さまに弁天さまの御加護があらんことを!



(オマケ)
大和が青森でウミネコにかまけている間に、東京の家族が港区の宝珠院さんで令和最初の己巳の御朱印をもらってきてくれました。

2019-05-13(Mon)

ムーミン展とKONATSU EXHIBITION

5月12日、NEccoSun さんnobi8n さん、宝来文庫の三人は森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)で開催中の「ムーミン展」に集合しました。
2時間以上かけ、ゆっくりと鑑賞した後は・・・・・・
02


会場内の特設ショップでグッズも鑑賞!
(我が家へ連れ帰った図録とムーミン展限定ロルバーン)
03


そして、お腹を空かせた一行は銀座へ移動!
銀座ベルビア館8F「シュタインハウス銀座」で美味しいランチに舌鼓・・・・・・




その後はFEWMANY 銀座ロフト店で午後3時まで予定されていたイラストレーターこなつさんのサイン会へ。
なんとか間に合い、以前こちらで購入した絵本にサインをしていただきました。(こなつさんの過去記事




会場ではポストカードのプレゼントもあり、こちらにもイラストとサインがいただけました!



NEccoSun さん、nobi8n さん、最後までお付き合いありがとうございました。



(おまけ)

えっ!NEccoSun さんからおいらにプレゼントですと!?



これは、いい・・・・・・



あっりがとうーーーーーーー!!


2019-05-06(Mon)

令和の始まりと第28回文学フリマ東京

令和になって最初のイベント参加、第28回文学フリマ東京、無事に終了しました。

今回はですねー、新たな読者さんを呼び込みたくて、在庫本をすべて持ち込み、「読みたい本、みんな持って帰って~!」方式でやってみました。
結果、一日で50冊余の嫁ぎ先が決まり、その7割以上がご新規さん。つまり、作者の目論見どおりの結果が出せました。
逆にリピーターさんには申し訳なかったかも。
全作読んでくれている人には、配布できる新刊がなかったので……



イベント自体も、初の来客数5000人超えだったそうで、今回の文フリは記憶に残るものとなりました。

さて、もらったり、買ったりした本たちです。




じっくり時間をかけて読んでいきたいと思います。


今回入手した中で一番ビックリしたのが下の本。



「同人小説聖地巡礼写真詰め合わせ本」(ひじりあや・著)です。
映画やアニメではよくやられている<聖地巡礼>を、同人小説でやってしまったという写真集なのですが、ギョッとしたのはいきなり巻頭で巡礼されていたのが、拙著「東京弁天」だったこと!

しかも東京スカイツリーは、ちゃんとアヤメさまの家がある設定の街から撮影されているし、東京タワーはサクラさまを発案したお寺、港区の宝珠院さんの境内から撮られている。
作者の私も「すごい!」と声をあげてしまいました。

ひじりさんに感謝です。








(おまけ)

令和になった最初の日、江島神社にお参りにいきました。






木製表紙の豪華な御朱印帳が授与されていました。





「よい時代にしていこうぜ、令和……」




2019-04-08(Mon)

上野の桜

こんにちは、宝来です。
今日は東京の桜が見られなかった大和に届けます。



お~い!



今年の上野の花見は・・・・・・



満開だったぞーーーーー!!




(おまけ)

ムーミン展」が開催されるということで、「ムーミンカフェ」を初めて訪れてみると……


「さっきからミイの姿が見えないけど・・・・・・」



「ちょっと相席いいかしら」



「味見もいいわよね?」

プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 11歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
694位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
18位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文: