fc2ブログ

2023-01-01(Sun)

はじめましてのお客さまへ

ここは、日本で唯一(?)の弁才天専門作家 大和かたるの広報ブログです。

宣伝用4


幻想的な関西弁のラブ・コメディ「マイ フェイバリット シングス」!
螳梧・繝・・繧ソ_RGB_convert_20190210183743
(イラスト:棚橋 東土)


大和かたるの代表作「東京弁天」!
中学生にして大和女神。東京は墨田区にお住まいの弁才天アヤメさまの日常を描く純国産ファンタジー。第1期全4話収録の愛蔵版!
(残部僅少、お早めに)

(イラスト:嵐山晶)



(過去の出展)
2018年1月21日(日)第2回文学フリマ京都(終了)
2018年2月11日(日祝)COMITIA123(終了)
2018年6月17日(日)第3回文学フリマ岩手(終了) 
2018年8月19日(日)COMITIA125(終了)
2018年11月25日(日)第27回文学フリマ東京(終了)
2019年1月20日(日)第3回文学フリマ京都(終了)
2019年2月17日(日)COMITIA127(終了) 
2019年5月6日(月)第28回文学フリマ東京(終了)
2019年11月24日(日)第29回文学フリマ東京(終了)


【宝来文庫の本 好評頒布中!】
「アマノハシダテ(上)」
「マイ フェイバリット シングス」
「東京弁天 ウミネコの涙」 
「東京弁天」
「マヤ/ニセモノ乙女の夜」
「神社姫の涙」
「真琴さんの引っ越し」
「青い袖」

みんなの不思議体験集(谷中ミストの会レーベル)
「ミスコレ! 2018」
スポンサーサイト



2022-02-22(Tue)

スーパーねこの日


お元気ですか、宝来です



今日は、ねこの日……



スーパーねこの日だーーーーー!!



というわけで、首輪を変えられました



ま、よきにはからえって感じですよ

2022-01-03(Mon)

千寿七福神巡り

あけまして おめでとうございます

今年のお正月、初詣は北千住の「千寿七福神めぐり」に行ってまいりました。
七福神めぐり、いいですよ。
冷えた朝、一年のはじめに、ひとつひとつ福を集めて歩いてその年に備える。この感覚は、他の行楽では味わえないものです。



まあ、私のことですから、真のお目当ては七福神中、弁天さまだけな訳ですが。
千寿七福神の弁天さまは、氷川神社の石仏(庚申塚)の弁天さまです。
お坊さん由来の石仏ではなく、もともとは近くの芸者さんたちが技芸の発達を祈ってお金を出し合い、作ったものみたいですね。
石仏の裏には、当時、お金を寄進しあった芸者さんたちの名前が書かれているそうです。



こういった市井の人々の願いの形としての仏像は、ときとして厳重に保管された国宝仏よりグッとくるものがあります。


千寿七福神のご神体。7社まわって、全部揃えました。



途中、一度だけ道に迷ったのですけど、その間違えたちょうどの地点にいた猫。
彼(彼女?)は私に、「道、間違ってんぞ」と教えてくれていたのに違いありません。


「んなワケねーっつーの」

2021-11-23(Tue)

きょうは記念日です


日常の賑わいも、少しずつ戻ってきましたね。




こんにちは、宝来です。
ずいぶんとご無沙汰しております。
みなさんはお変わりありませんか?

今日は勤労感謝の日。
そして、おいらが大和家の家族になった記念日でもあります。
はやいもので、もう14年になりました。



おいらも年をとったせいか、家族には毎日のように「ご長寿猫になーれ」「ご長寿猫になーれ」と言われています。



「化け猫になってもいいからずっと家にいろ」とも言われます。



ま、覚悟しとけや。

2021-06-05(Sat)

しばわんこの和のおもてなし展


大和も大好きな絵本「しばわんこ」シリーズ、新刊が出ま
した。
その名も「しばわんこの和のおもてなし」。
調べてみたら、しばわんこシリーズ20周年記念展も表参道でやっているみたいです。

しかも、今日が最終日。これは行かなくては……!




そもそも「しばわんこ」との出会いは19年前。
柴犬好きの家人へのプレゼントとして、仕事帰りに買ったのですが、猫好きの自分も夢中になってしまい、以来、新刊が出るたびに欠かさず買いつづけているのです。

この本が<良い感じ>なのは、お作法教室の本に書いてあるような「和」の知識を、柴犬と三毛猫のつつましやかな、でも、小さな感動に満ちた毎日のなかでほんわり、やわらかに紹介しているところです。
ページをめくるたび、「日本に生まれてよかったね~」と感じることができる良著です。
マメ知識自慢のための本でなく、自分が身をおく世界を再発見するための絵本。大人でも子供でも文句なく楽しめます。




「最新刊、さっそく買ってきたな……」



「展示会に持っていったら、作者の川浦先生にサインしてもらえたんだって。大和、めちゃくちゃ喜んでいました」



「川浦先生、つぎのご本も楽しみに待ってます」
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 14歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
707位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
18位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文: