2018-01-01(Mon)

はじめましてのお客さまへ

ここは、日本で唯一(?)の弁才天専門作家 大和かたるの広報ブログです。

宣伝用4


最新刊「青い袖」!
青い袖縮小表紙
大和かたる主宰の「谷中ミストの会」で目撃された怪異をフィクション化しました。
表紙絵師は、実の目撃者たる西宮ひるこさん。(300円)


宝来文庫の看板小説「東京弁天」も好評頒布中!
(しおり&シリアルナンバー入り限定版は完売しました)

(イラスト:嵐山晶)



【出展情報】
春のイベント出展は終了しました。


【宝来文庫の本 好評頒布中!】
(通販も対応しております。本ブログの「お問合わせメール」から、希望する本のタイトル、あなたのお名前、発送先住所を記入の上、ご注文下さい)

「東京弁天」(900円)
「神社姫の涙」(300円)
「真琴さんの引っ越し」(300円)
「マヤ」(300円)完売しました
「青い袖」(300円)

みんなの不思議体験集(谷中ミストの会レーベル)
「ミスコレ! 2015」(300円)完売しました
「ミスコレ! 2016」(300円)

通販には本代に別途送料がかかります。また、ご入金はゆうちょ銀行となりますのでご了承下さい。
スポンサーサイト

2017-05-06(Sat)

コミティア120

コミティア120、無事に終了しました。

今回は大和かたるのライフワーク、「弁天さまを再びスターダムに!」計画の一環として、<江戸六弁天おみくじ>の無料配布を用意しておりましたので、結構真剣です。
前日夜まで草案の推敲をつづけ、完成後は神棚に祈願した上での出陣となりました。

果たして、結果はいかに??



やっぱり、なかなかお客さん来ません。
12時頃には退屈してふらふらと他のブース見学に出かけます。
すると、イラスト島で、中国チックな神さまイラストを売っているブースが目に入りました。
『弁天さま、いるかな?』
自他ともに認める弁天馬鹿の私ですから、それだけ確認したかったのですが、あまりにマジマジと見ているものだから、ブース主さんらしき女性に話しかけられてしまいました。
でも、日本語ではありません。
もちろん、発言内容も理解できません。

「彼らは台湾から来ました。これらは台湾の神さまのイラストです」
横にいた通訳の若い日本人男性が教えてくれます。
「あの、弁天さま、います?」
この後に及んで、まだ弁天さまのことしか頭にない私。通訳の男性が、質問を彼女に伝えます。
異国のイラストレーター嬢が、「コレです」云わんばかりに一枚の絵を指差しました。

それが、下の絵。



おい、ちょっと待て。
これ、オッサンじゃないか。
ヒゲ生えてっぞ。

何かの間違いじゃないかと通訳氏を通じて抗議しましたが、イラストレーター嬢は、台湾では弁天さまは男だと譲りません。
つまり、そういう事なのでしょう。
台湾では、弁天さまは男。
これ、トリビアですね。

ちなみに、可愛い女神さまもいましたので、「この神さまは?」と訊くと、航海の安全を見守る海の女神、とのこと。
おお、つまり台湾版のイチキシマヒメ(弁天さまと習合された女神)という訳ですね。

何でこういうイラストを描くのか? と質問したら、「台湾の若い人に、自国の神さまにもっと親しんでもらいたい」とのことでした。

あ、この人、同志だ……

オッサン弁天と、台湾版イチキシマヒメ、お買い上げしました。



その後、通訳氏とイラストレーター嬢、二人で私のブースにまで来てくれました。
そして、「東京弁天」が一冊、お嫁入りしました。
日本語は読めない(まだ勉強中)ということでしたが、はじめて自分の本が海を越えて旅立つ訳ですから、私は「ちゃんと台湾に連れて帰ってやって下さい。そして、大事に持ち続けて下さい」と、娘を嫁にやる父親の気持ちでお願いしました。

記念に、こちらが買った台湾神さまの台座にサインを入れてもらいます。



まあ、そんなこんなでブースは騒がしかったのですが、私が休憩に立った時、となりのブースを手伝っていた若い女性が家人に声をかけてきたそうです。
どうやら、自分も興味があるということらしく……

彼女も「東京弁天」を買ってくれました。
聞けば、江ノ島弁天の地元に住む人らしく、昔から江の島神社に親しんでいるとのこと。
つい興奮して、また弁天トークを始めてしまいましたが、ご清聴いただき、本当に有難うございました。
これも何かのご縁と感謝しています。




閉会後、気分が良いので日比谷の「おいしいカレー工房ひつじ屋」で夕食。



「六弁天おみくじ」も無事に配布できました。
明日の文フリ東京でも同じものを配布しますので、ご興味がおありの方はよろしくお願いします。

2017-04-16(Sun)

第3回文学フリマ金沢&金沢観光

かがやき!!
ぜひとも乗ってみたかった北陸新幹線です。



今回は、文学フリマ金沢出展にかこつけてやってきました。



はい、いつもの出品物です。
ウチとしては、看板小説「東京弁天」初の北陸頒布ですから、とにかく1冊でも好いから金沢に置いてもらおうと……
まあ、それくらいのつもりで参加しました。
いつもほど、鼻息も荒くないです。
それというのも、ここんとこ、仕事のストレスと体の不調もあり、軽いスランプに陥っていたのです。
だから、あまり気負うのも止めよう、と。

東京や京都、大阪に比べて、ブース数はかなり少ないです。
委託でない、有人スペースで80強くらい。
お客さんも12時~2時くらいにポツポツ入ってきたものの、後の時間帯は出展者同士でよそのブースでお買い物、という感じでした。
でも、良かったですよ。
まったりと同志の方々と会話も出来ましたし。
こういう文学フリマもアリかも、と素直にそう感じました。



よそさまの本のご紹介。
左2冊は赫玉幸子さんという方の著作です。
ことに左端は、ご本人の大学の卒業論文のリライトということで、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」をモチーフにした天国と地獄論。こういう本が買えるところが、このテのイベントの楽しさですね。



他に、こんなのも……
おとなりのブースのねこ書房さんとか、ブースの前で迷いつつ、お試しで買ってみた「586」さん、あと、初めて和歌の本なども買ってみました。



さて、観光パートです。
金沢といったら、兼六園ですね。



ちょうど桜の時期でもあり、お庭の池が花筏になっているあたりも趣深い。




はじめての兼六園でしたが、さすが日本三名園と云われるだけのことはありました。
今度は違う季節の時に来てみたいです。






個人的にもっとも刺激を受けたのは、この泉鏡花記念館です。
もちろん、有名な作品は読んでいましたし、好きな作家でもあるのですが、もう作品の完成度の高さだけで満足していて、ほとんどそのバイオグラフィーには関心をもっていませんでした。
母をはやくに亡くして、母の面影を追い続けていたことや、ウサギの置物収集家でもあったこと、そして何より、プライベートにおいてお釈迦様の母上、摩耶夫人を生涯の崇拝対象としていて、それも創作に強い影響があったであろうこと。
こんな天才作家と自分を重ねて云うなど、おこがましいにも程がありますが、弁才天を究極の理想、崇拝対象として創作する、そんな自分のスタイルもあっていいんだ、と強く勇気づけられた次第です。



単純ですが、記念館を出た途端に創作意欲がわきおこり、その日のうちに短い原稿も一本仕上げた次第。
今日の記念に、ミュージアムショップで鏡花の名作「草迷宮」の豪華本を買いました。挿画の山本タカトさんの直筆サインも入っており、嬉しかったので、最後のページの裏に、ミュージアムのスタンプまでおしてしまいます。



これはひがし茶屋街にある「志摩」ですね。
ここも良かったです。
古い建物に特有のギシギシ感を楽しみつつ、ゆったりと時間を過ごしました。






さて、今回は鏡花の本だけで充分、お土産物は満足していたのですけど、やはり金沢の郷土玩具も買って帰りたい。
有名な加賀八幡起上りの発祥は、安江八幡宮というところだそうで、ここの社務所まで赴き、一体お買い上げ。



実際にこの玩具を作っているのは、これまた有名な「中島めんや」という郷土玩具工房です。
縁起物の「もちつき兎」と「米食いねずみ」も買ってみました。



職場の環境もかわって、少し疲れていた身でしたが、回復に必要な以上のモノを手にできた旅でした。
金沢、また行きたいです。
それと、文フリでお嫁に行った私の本たちには、北陸の地で、縁の輪を広げていって欲しいなと切に願っています。

2017-02-19(Sun)

弁天さまと御朱印巡り 第13回「江島杉山神社」(東京都)

杉山和一(1610~1694)という人物をご存知でしょうか。
江戸時代初期に活躍した鍼灸界の巨人にして、現在の施術法の主流である「管鍼術」の発明者。
盲人が書いた物としては世界最古の医学書である「杉山流三部書」の著者でもあります。

本日の弁才天巡礼は、弁才天とともに杉山和一を祀る、江島杉山神社をご紹介します。



弁才天と鍼灸医?
少し意外に思う方もおられるかもしれません。
江戸時代には、弁才天は盲人の守護神として崇められていたこともあるようですが、宝来文庫自身、その事実を初めて知りました。
この神社に参拝したかった理由は二つです。
1 東京に江の島弁才天を勧請した神社であること
2 弁財天とともに祀られている杉山和一という人物が、生涯、弁才天を崇め、信仰しつづけた人物であること

杉山和一は武士の家に生まれ、侍としての生涯を送るはずでした。しかし、十歳の頃に天然痘にかかり、一命はとりとめたものの、全盲になってしまいます。
目が見えなくては武士にはなれません。和一は誰にも迷惑をかけず一人で生きていけるよう、刀を捨てて鍼灸の世界に身を投じます。しかし、五年がたっても芽は出ず、弟子入りしていた師匠からも暇を出された彼は、当時、盲人の守護神とされていた江の島弁才天に縋ろうと旅に出ます。


今のように電車がある訳ではありません。目の見えない者が江戸から江の島まで一人で歩くのは容易ではなかったはずです。それでも何とか辿り着き、彼は弁天岩屋で断食修業をしました。しかし何ら得るものはなく、フラフラになって洞窟から出たとき、つまずいて地面に手をつきました。そのとき、偶然手に刺さったのが、丸まった落ち葉にくるまれた松の針葉。
和一はこれを弁才天の天啓と考え、その形状から「管鍼術」を発想したのです。

その後の和一は徳川綱吉の主治医となるまでに出世し、将軍の信頼も厚く、五百坪の敷地まで与えられました。
だからと云って偉ぶるでもなく、生涯謙虚に鍼灸の研究に邁進し、月に一度の江の島参りも欠かせませんでした。

そして今、和一の墓は江の島神社の中にあります。


さて、今回の江島杉山神社ですが、両国から歩いて十分ほどの所にあります。
ここは、高齢になっても江の島参りをやめない和一に、将軍綱吉が江の島弁才天を勧請した場所。つまり、東京にいて江の島神社参拝が出来るのです。



境内には江の島を模した弁天岩屋もあり、中ではイチキシマヒメ(弁才天)、宇賀神、それに杉山和一が祀られています。
社務所で授与される白蛇をもって岩屋に入り、願いをこめてそれを納めることも出来ます。
宝来文庫もイチキシマヒメ(弁才天)に白蛇を納めました。



こちらは琵琶をもつ、本来の妙音スタイルの弁天さま。
銭洗い水と、やはり社務所で授与される美玉石を洗うための水が出ています。



勾玉の形をした美玉石を洗います。あとは付属のミニ巾着に入れて、いつも持ち歩くだけ。
和一が技術以上に「心の在り方」に厳しい人であったため、この石を身に着けて心がけるべきは、心が「清廉」であることです。



弁天池。
鯉がいるのですが、とてもシャイな鯉で、橋の下からなかなか出てこようとしません。



ところで……
この神社、「一つ目弁天」と呼ばれています。
一つ目弁天??
何だか妖怪っぽいものを想像してしまいますが、なぜ「一つ目弁天」なのでしょうか。
これは、綱吉が高齢の和一のこれまでの功績を讃え、黄金の弁天像を与えるとともに、「何でもよいから一番欲しいものを云ってみよ」と訊いた時、「ただひとつ、目が欲しいです」と答えたことによるのだそうです。

70年以上を光のない世界で暮らしてきたその心境を考えるに、何とも云えない気持ちになります。

本日の弁才天巡礼は、両国にある「一つ目弁天」こと江島杉山神社。
生涯を鍼灸と、弁才天に捧げた男の生きた証です。

実際、いろいろ弁天巡礼をしてきた中て、この神社で得た印象は特別でした。
いつもは神の聖域におごそかに…… のはずが、もっと人間臭い、「生」の苦悩と喜びを感じのです。

もっとも弁才天に寵愛された男。
そして、今も弁天さまの側で眠る男……

とても幸せなことだと思います。



(おまけ)

江島杉山神社は授与品も豊富です。



このクリスタル御姿など、大迫力!
(さっそく下から光を当ててみました)

2017-02-06(Mon)

大和かたる最新刊「青い袖」

宝来文庫・大和かたるの最新刊「青い袖」をご紹介します。

私の主宰する不思議話愛好会「谷中ミストの会」では、1~2か月に一度集まっては、会員間で自分の身近に起こった怪異の披露をしております。その成果は、年に一度、「ミスコレ!」という機関誌にまとめているのですが、今回は、そのスペシャル版、いえ、変則球とでも云うべき本になります。
つまり、いつものように「体験談」として書くのでなく、それをネタに一本の「創作小説」を完成させたのです。

青い袖縮小表紙

ことの始まりは去年の10月。
例会の途中で、会場内に青い袖の少女がいると云いだす会員がいまして、まあ、そういう事はたまにあるのですけど、それが崇高なくらい愛らしくて、私(大和かたる)にじっと寄り添っていたと云うので、現実世界では有り得ない、この不思議な場面を作品化しておきたいな、と……

科学的に証明できないものを「事実だ」「いや、気のせいだ」と論じることに意味はありません。
それが本当かどうかはあまり重要ではなく、それを体験した(あるいは体験したと感じている)人が、その不思議を心の中でどう位置付け、どんな小箱に仕舞うのか。そこに興味があるからです。

私には、2年前に生活の中で抱えてしまった「事案」がありましたので、目撃された青い袖の娘をそれに絡めてファンタジー化しました。
おそらく、事実のみを書いた場合より、「青い袖」は、私の心の「真」に近いと思っています。
すべて、この世は心の在りようの問題ですので……


「青い袖」は2.12コミティア119で初売り。
1冊300円となります。
なお、表紙絵は、青い袖の娘を目撃した本人に依頼し、当時の印象をそのまま描いてもらいました。


プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
700位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
13位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文: