2016-10-29(Sat)

元祖「今戸焼白井」の河童人形

(本来なら、今年5月の記事なんですが、漏れていたのでアップします)

去年の8月24日に今戸焼白井さんに注文していた「河童」が完成しました。
窯元から連絡をいただきましたので、すぐに受領しに行きます。

(何のことか分からない人は右の記事から読んでね。注文した時の記事はコチラ!

日本のキング・オブ・妖怪!
数あるその造形の中でも、今戸焼の河童は、なかなかに味わい深いのであります。

窯元にお邪魔する前に、お約束。
今戸神社にお参りします。



そう。今戸神社は世に複数ある「招き猫発祥の地」の内のひとつ。
白井さんは、ここの招き猫も作っておられるのですが、人気がありすぎて生産が追い付かない(?)のか、神社で通常授与されているのは、白井さん作ではない招き猫だったりします。
入手には予約とか必要なんでしょうね。
ちなみに、今回、宝来文庫がゲットした河童さんも1年待ちましたから!



今戸焼白井さんです。
中に入ってみると……



製作中の伝統的な招き猫!
受注生産分のようです。
そして、この招き猫こそ……



嘉永年間の版画にも残っている、あの招き猫です。



他にもタイプの違う招き猫もチラホラ



店に入ってすぐの棚には、ラインナップがずらり。
ちなみに、去年、小型招き猫を買いにいった時、ここにいた河童さんに一目ぼれしてしまい、予約注文したのです。



さて、お待ちかねの今戸焼河童。
木の箱には15個入っていました。(宝来文庫と2番目のお客さんがお買い上げ)
一年でこれだけ注文が入ったということでしょうか?
工房には一番乗りしたので、好きなのを選ばせてもらいました。



ウチにお迎えした河童。
この河童さんは縁起物なので、一番、相性の良さそうな河童を選びました。

いや、いいですね。
なんか妖怪っていうより、仏像的な佇まいすら感じます。
福の神っぽい。



余分に作った人形の在庫を見せてもらったのですが、このウサギもまた味わい深い。
じっと見つめていると、和のおとぎ話世界にトリップできます。
追加で買わせていただきました。


なんか、こうなってくると一年に一回、今戸焼を買いに来るのもいいかな?
ってな気になって、今度は招き猫の「大」を注文してしまいます。

また来年、ここを訪れる日を楽しみにしています。


スポンサーサイト

2016-10-08(Sat)

『Love Cats vol.5 ひとり猫展』とご飯会

今日は横浜にやってきました。
ブログ仲間のNEccoSunさんの個展「Love Cats vol.5 ひとり猫展」を観るためです。
場所は横浜の異人館「山手111番館」。
異国情緒にあふれた、良いロケーションです。




館内にはNEccoSunさんの新旧作品がずらりと並び、まさしく集大成とも云える展示になっておりました。
前にも書きましたが、NEccoSunさんの絵は大きく2種類に分かれると思っています。
一つは、リアルなありのままの猫の仕草を、優しく情緒的なタッチで描いたもの。
もう一つはどちらかと云えばファンタジーよりの猫絵です。




宝来文庫は上記の割合が8対2くらいで調合された、かすかにファンタジーの香りが漂う作品が好きです。




たとえば、この絵。
「いつもここで」というタイトルなのですが、宝来文庫は勝手に本作を「萌黄の猫」と呼んでいます。
バックの若々しい草の緑と、それに擬態しているようにも見える猫の描写に、物静かな「生」への賛歌を感じるのです。
NEccoSunさんと云えば、この絵。というくらいのお気に入りなのですよ。




一方で印象的だったのが、最初期に描かれたこの絵。
飼っていた猫があの世へ旅立った時の姿です。
「いつもここで」と対比して観ると、胸にグッとくるものがあります。



『Love Cats vol.5 ひとり猫展』は、10月11日(火)13時までの開催です。
興味を持たれた方は、ぜひ足を運んでいただければと思います。




さて、話題は変わって……

ギャラリーの閉館後、NEccoSunさんとお食事をする約束をしておりました。
NEccoSunさんは、それまでも宝来文庫が出展しているイベントにたびたび足をお運び下さり、面識もあるのですが、今回は、ブログで繋がりのある、きらちろママさんと、そのお友達も一緒とのこと。
どちらもお会いしたことのない方だけに、緊張しておりました。
ただ、きらちろママさんは、通販で宝来文庫の本をほぼ全冊読んで下さっています。
お会いしたら、お礼を云わないと……
あと、もう一人はどんな方だろう??

閉館後の山手111番館で待ち合わせ。
もうお一方は、candelaとしこさんとおっしゃる方で、猫の雑貨の作家さんです。

横浜駅そばの銀座ライオンに入って、まずは乾杯。
料理の写真を撮る時、すかさずcandelaとしこさんが自作の張り子(味わいがあります。今度、買わせてもらおうっと)をテーブルに出します。

そして、楽しいおしゃべりが始まりました。





感激したのは、きらちろママさんが、自分から「東京弁天」について熱心に語って下さったこと。
「もしかして、お付き合いで読んでくれてるのかな……」と不安に思うこともありましたが、きらちろママさん曰く、「どうやったら、この本をもっと沢山の人に読んでもらえるか考えていた」とのこと。そして、じつはcandelaとしこさんが薦めに応じて下さり、今度、本を貸し出す約束をしていたというではありませんか。
もう、感激の一言です。
読者さんを増やす方法、それを考えるのは自分の役目なのに、私の知らないところで、そういう風に働きかけて下さる人がいたんだ……

貸し出さずとも、「東京弁天(愛蔵版)」を持っていっておりました。
お買い上げ、有難うございます(恐縮



人の縁とは有り難いものです。

こうやって、横浜の夜は更けていったのでした。




(おまけ)

ちなみにオイラは留守番でした。




きらちろママさん、オイラへのお土産、有難う(違うって……)




2016-09-17(Sat)

道頓堀はやっぱり食いだおれの街だった

さて、箕面の弁天さま参りをした後、そのまま観光にかかります。
ただ、箕面を出たのが午後3時くらいでしたので、そんなに沢山は回れません。
そうなると、お腹も空いているし、やっぱ食いだおれの道頓堀でしょう。

その前に、大阪駅近くの「会津屋」へ……
ここは、たこ焼き発祥の店なのだそうです。
観光ガイドで調べておいたので、まずは、ここで軽くたこ焼きを……




大阪のたこ焼きを食べる時、いつも思うのですが、やっぱ関西人にとってたこ焼きはソウルフードなんですよね。
東京のたこ焼きは何処で食べてもそんなに味が変わりませんけど、大阪は店ごとに味が違う。だしの取り方とか、ほんとにこっていて、もうこれはB級グルメなんかではないのでは、と思うほどです。
あと、ソースをかけずに、「素のまま食べて下さい」という手法。こだわりが感じられます。




さて、たこ焼きで小腹を満たした後は、いよいよ道頓堀へ。




見て下さい。このハデハデな看板のオンパレード!








ついでに、有名なこの方も……




迷った末、うどん屋さんの「今井」に入りました。
出来るだけ色々食べたかったので、うどんくらいが丁度良いと考えたのです。
ところが、この今井のうどんに宝来文庫は愕然としてしまいます。




「しっぽくうどん」と……




「おすすめセット」(きつねうどん、ささ巻ずし、わらび餅)。




店に入った時に、上品なだしの香りが漂ってきて、これはもしや期待出来るかも…… などと思ったのですが、結論を申しますと、これはもう「期待」なんてレベルではありませんでした。

うどんを一口ずずっとすすって、おつゆを飲むと、
「な、なんじゃこりゃ~!!」
宝来文庫、グルメまんがみたく「うぉ~!!!」と絶叫です。
だし、香り高すぎ、美味すぎ、上品すぎ!! うどん、つるつるのもっちもち!!
大袈裟でも何でもなく、生まれてから食べた全てのうどんをぶっち切って堂々一位です。
食べ物で感動するなんて、ほんと久しぶり!

ああ、でも、これで他のお店でうどん食べられなくなってしまったかも……


うどんに感動しまくった後、道頓堀を散策。
観光ミニ・クルーズ的なものがあったので、乗りたくなってしまいます。
さっそくチケット買って乗り込んだのですが、「あれ? まわりに日本語、聞こえない……」
そのうち、ガイドのお姉さんが立って、日本語と英語のバイリンガルで解説を始めます。
でも、その前にお姉さん、
「はーい、今日は皆さん、何処からこられましたか~? まずは韓国の方~?」
1/3くらいの人が手を上げます。
「次は中国の方~?」
また1/3くらい手を上げます。
「アメリカの人は~?」
2,3組が手を上げます。
「では、日本の方は~?」
宝来文庫と、もう一、二組がおずおずと手を上げると……
「あーっ 日本の方もおられましたねー!」

こ、これが観光大国化……




クルーズは20分くらいの短いものですが、なかなか面白かったです。
ディズニーランドのお兄さんたちもアナウンス、訓練されてますけど、やっぱ天然の大阪の人は、そもそも論として話が面白い、というか親しみ易い。




クルーズの後、さらにたこ焼きと串カツも食べに行きました。




ちなみに、これが有名な法善寺横丁。





おみやげです。
ゴジラ対大阪の手ぬぐい、いいですね。




大阪張り子と難波のぼんぼん ほか。




あと、大人げなく夢中になってしまったのが、ガシャポンです。
大阪限定のフィギュア・ガシャポン。
前が「だるまの串カツ」で、後ろは左から「道頓堀」、「大阪のおばちゃん」、「大阪城」。
あと、「通天閣」と「ラムちゃん in 阪神タイガースユニフォーム」が欲しかったのですが、予算の都合で断念。



いやあ~ 大阪、美味し……楽しかった~!!



(おまけ)

「大阪のおばちゃんと云えば、『アメちゃん食べるか~?』ですよね」




2016-09-04(Sun)

4つの展示会と1本の映画

大作業だった「東京弁天(愛蔵版)」の改訂を終え、なかば腑抜けになってます。
次作品を早く書きたい気持ちもありますが、今はちょっとお休み。
という訳で、外部から新しい刺激をもらおうと、いくつか展示会などをハシゴしたりしています。
小説書きなのだから、文学に刺激を求めないの? と云われそうですが、宝来文庫の刺激の仕入れ先はもっぱらビジュアル系。
これで、いいのです。たぶん……


8月28日(日)
麻布十番にあるギャラリー「元麻布ギャラリー」で「第3回NEKOIZM」を観てきました。



審査員は、猫造形作家の蝉丸さん。
猫造形界では、かなり名の知れた作家さんですよね。
宝来文庫も、小さな置物ではありますが、蝉丸さんの作品を持っています。


この展示会、いろいろな表現の作家さんが集まっているので、幕の内弁当的な面白さがあって飽きません。


ブログ仲間のNEccoSunさんの作品です。
NEccoSunさんはファンタジー要素の強い猫絵を描く方ですが、それがメルヘン方向に強く振れた時、とても良い味を出されます。
この絵は、外で辛い生活をする外猫たちを想いながら描かれたもののようです。


せっかくここまで来たのだからと、六本木ヒルズに向かいました。

「ルーブルNO9」を鑑賞します。
これ、どんな内容かといいますと、第9の芸術と認められた「マンガ」と、ルーブル美術館のコラボ企画だそうで、日本人を含む十数人のコミックアーティストが<ルーブル美術館>を描いたものの展示です。


何でも芸術にしてしまうのがフランス人。
選ばれたコミックアーティストの作品も、それぞれ魅力があります。
ルーブル美術館に住まう猫の話とか、モナ・リザとマリーアントワネットとか、なかなか面白かったのですが、個人的には、マンガにはあまり芸術を意識して欲しくないかな……


とくに日本のマンガの場合、そういう箔付けみたいなものなしに、裸一貫でのしあがり、JAPANを代表する表現形態になった訳ですから。
芸術じゃなくてもOK! 日本のマンガは世界一面白い!
宝来文庫はそう断言したいです。

展示を観終って、どちらかというと、マンガうんぬんより、ルーブル美術館自体に興味をもってしまったかも。
もし、これがマンガを活用したルーブルのアドバタイズメントだとしたら、その目論見は成功していると思います。



となりでやっていた、「宇宙と芸術」展も観ます。

何の前知識もなく鑑賞していると、なんだかとっちらかってて、変わった展示会だな、と思うのですけど、途中でハタと分かってしまう訳ですよ。(ふつうは、ちゃんと調べてから観にいくのでしょうけど)
これ、人類の「宇宙」に対するとらえ方の歴史を、アカデミズムとアートの両方で追った展覧会なんですね!


じつは、物理とか天文とか、からきしダメなので……
解説読んでも、難しすぎ。これが延々と続いたら、?????で終わってしまいます。
でも、日本初の月面観測が掛け軸で残されてたり、インドの神様だらけの世界図とかが面白くってですね。


空想チックなのも満載ですよ。たとえば、いきなり、こんなのバーンときたり……


さらには、こんなコまでいたり……


体感シアター的なものもあったりします。


今回、記事にしている展示会では、一番刺激があって面白かったかもしれません。
図録買ったので、科学の部分とかしっかり読み込んで、もう一度観に行きたいな、と思っております。
「宇宙と芸術」展、なかなか良いです。

で、物販もすごいです。
出口出たら、いきなり「ウチュウ ガチャ」
なんだ、それ???


500円もするのですが、一回やってみました。
なんか、妙に軽い金属のかけらが入ってます。
なんとコレ、本当に宇宙まで飛んだ、H2Bロケットのフェアリングの破片なんだそうです。
ちゃんと、JAXAから譲り受けたものらしく、証明書も入ってました。


あと、この絵、御存じですか?
江戸時代、どっかの浜辺に漂着したUFOっぽい船と、木箱をもった美女……
子供の頃、UFOの本とか読み漁った人なら、見おぼえありますよね。
そう。うつろ船です。


これのドンブリやTシャツ、トートバッグまで売っていました。



「宇宙と芸術」展。マニア心をくすぐります。



9月3日(土)は恵比寿ガーデンプレイスに行きました。
観たい映画があったからです。


「ソング・オブ・ザ・シー」
アイルランドのアニメーション映画です。前評判も高かったこの作品。民話にもとづく物語が美しく、日本の「天女の羽衣」を思わせるエピソードもおりまぜられていて、とても面白いです。
それに絵の力が何より素晴らしく、本当にうっとりしてしまいます。
おおむね満足でしたが、時間はもう少し切り詰められるのではないかな、と感じました。
60~70分くらいでまとめた方が、この素晴らしいビジュアルに浸る愉しみを家まで持続できるような気がするからです。


恵比寿のインドカレー屋さん、「ローカルインディア」でターリーを頂きました。


日本人好みにアレンジされた、食べやすいカレーです。




9月4日(日)は、信濃町のA.C.Tに行きました。


小さな展示室がいくつも入った、アートギャラリーです。


興味をひかれたアーティストは二人。その一人が武田尋善さんです。
インドの絵本のような作品がメインです。
「インドっぽいですね」と云うと、「今までインドと縁の深い生活をしていたので」ということでした。
動物が夜を運んできたり、世界を支えていたりする絵は、「宇宙と芸術」展に展示してあっても違和感がありません。


もう一人、島崎良平さん。
「女と鬼」と題された展示です。独特なスタイルで描かれる女性への関心というか、要求というか…… それは日本画チックに描かれつつも、現代のオタク文化的でもある。
一番美しいと思った女性像を「これ、いいですね」と云うと、「ああ、これは『うる星やつら』のラムちゃんのイメージです」という返事。

武田尋善さんと、島崎良平さん。
この二人の作品には需要がある。
そう感じました。
今後の活躍をお祈りしております。


帰りにはペルー料理のお店で。
ペルーの料理ははじめて食べましたが、わりと違和感なくいただくことが出来ました。



さて、私もそろそろ次の作品にかかることにしましょう……

2016-07-30(Sat)

2016 隅田川花火大会

毎年恒例の隅田川花火大会。
本当は河川敷の特等席や屋形船で鑑賞出来たら云うことがないのですが、まあ、そういう訳にもいきませんよね。
宝来文庫はいつも散歩と夕食がてらに近辺をうろうろして、花火が見られたらラッキー、くらいに考えています。
だから、毎年、違う場所を歩きまわるようにしているのですが、今年は押上で電車を降りて、そこから隅田川方面に歩くというコースをチョイスしました。

スカイツリーの広場辺りは入場制限がかかっていました。
これは押上駅前のバス停です。
ハート型の花火が上がっていますね。




スカイツリー駅まで歩いて、そこから隅田川方面を行きます。
車道が解放されていました。普段はこの位置からの撮影は出来ないので、記念に一枚。




コンビニ前。
集まった人たちのワクワク感が伝わります。
ただ花火をちゃんと見たいだけなら、テレビ中継でもいいのですけど、このライブ感が好いですね。




この道路を歩ききってしまうと橋があり、そこはもうメチャクチャ混んでいるのですが、その手前までなら好き放題に移動できる程度にはすいていて、よい場所だと思いました。




歩きながら、一番よく見えるロケーションを探ります。




うわっ! 豪快なピンク色のが上がった!




結局……




いろいろ歩き回った結果……




ベストポジションがこの位置でした。
(一番大きく花火が見えたから)
今年は都知事選の関係で、もし雨天の場合、翌日開催はないという事でしたので、晴天で何より。
今回、はじめてフィナーレまで見たのですが、ラストの「菊花文様」、とても綺麗でした。
それでは、また来年!






(おまけ1)

隅田川花火大会と重なってしまうとアレなので、楽しみにしていた「シン・ゴジラ」は前日の初日、夜の回に鑑賞しておきました。
エヴァンゲリオンの庵野監督とゴジラは合わないんじゃないかと冷や冷やしつつ劇場に足を運んだのですが、これが、なかなかの傑作でした。ネタバレになるので詳細は書きませんが、怪獣映画というより、政治映画。
怪獣(大災害?)を前に、政府や社会のそれぞれの分野で働く者たちの苦戦を細かく描写していますが、それが決して安っぽい政治家、役人批判だけに陥っていない。本作で向けられた全ての疑問、指摘は、実はわれわれ日本人全体に向けられたものです。
見応えのある映画でした。
庵野ゴジラに拍手!!
これは絶対、観ておくべきです。





(おまけ2)

これまでの話題とはぜんぜん関係ありませんが、猫って、なんでこんな痛そうな格好でくつろぐのでしょう。
手、痛くないのかな……




「お前に関係ないだろ」





プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
833位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
13位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

Powered by FC2 Blog