--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-02-19(Sun)

弁天さまと御朱印巡り 第13回「江島杉山神社」(東京都)

杉山和一(1610~1694)という人物をご存知でしょうか。
江戸時代初期に活躍した鍼灸界の巨人にして、現在の施術法の主流である「管鍼術」の発明者。
盲人が書いた物としては世界最古の医学書である「杉山流三部書」の著者でもあります。

本日の弁才天巡礼は、弁才天とともに杉山和一を祀る、江島杉山神社をご紹介します。



弁才天と鍼灸医?
少し意外に思う方もおられるかもしれません。
江戸時代には、弁才天は盲人の守護神として崇められていたこともあるようですが、宝来文庫自身、その事実を初めて知りました。
この神社に参拝したかった理由は二つです。
1 東京に江の島弁才天を勧請した神社であること
2 弁財天とともに祀られている杉山和一という人物が、生涯、弁才天を崇め、信仰しつづけた人物であること

杉山和一は武士の家に生まれ、侍としての生涯を送るはずでした。しかし、十歳の頃に天然痘にかかり、一命はとりとめたものの、全盲になってしまいます。
目が見えなくては武士にはなれません。和一は誰にも迷惑をかけず一人で生きていけるよう、刀を捨てて鍼灸の世界に身を投じます。しかし、五年がたっても芽は出ず、弟子入りしていた師匠からも暇を出された彼は、当時、盲人の守護神とされていた江の島弁才天に縋ろうと旅に出ます。


今のように電車がある訳ではありません。目の見えない者が江戸から江の島まで一人で歩くのは容易ではなかったはずです。それでも何とか辿り着き、彼は弁天岩屋で断食修業をしました。しかし何ら得るものはなく、フラフラになって洞窟から出たとき、つまずいて地面に手をつきました。そのとき、偶然手に刺さったのが、丸まった落ち葉にくるまれた松の針葉。
和一はこれを弁才天の天啓と考え、その形状から「管鍼術」を発想したのです。

その後の和一は徳川綱吉の主治医となるまでに出世し、将軍の信頼も厚く、五百坪の敷地まで与えられました。
だからと云って偉ぶるでもなく、生涯謙虚に鍼灸の研究に邁進し、月に一度の江の島参りも欠かせませんでした。

そして今、和一の墓は江の島神社の中にあります。


さて、今回の江島杉山神社ですが、両国から歩いて十分ほどの所にあります。
ここは、高齢になっても江の島参りをやめない和一に、将軍綱吉が江の島弁才天を勧請した場所。つまり、東京にいて江の島神社参拝が出来るのです。



境内には江の島を模した弁天岩屋もあり、中ではイチキシマヒメ(弁才天)、宇賀神、それに杉山和一が祀られています。
社務所で授与される白蛇をもって岩屋に入り、願いをこめてそれを納めることも出来ます。
宝来文庫もイチキシマヒメ(弁才天)に白蛇を納めました。



こちらは琵琶をもつ、本来の妙音スタイルの弁天さま。
銭洗い水と、やはり社務所で授与される美玉石を洗うための水が出ています。



勾玉の形をした美玉石を洗います。あとは付属のミニ巾着に入れて、いつも持ち歩くだけ。
和一が技術以上に「心の在り方」に厳しい人であったため、この石を身に着けて心がけるべきは、心が「清廉」であることです。



弁天池。
鯉がいるのですが、とてもシャイな鯉で、橋の下からなかなか出てこようとしません。



ところで……
この神社、「一つ目弁天」と呼ばれています。
一つ目弁天??
何だか妖怪っぽいものを想像してしまいますが、なぜ「一つ目弁天」なのでしょうか。
これは、綱吉が高齢の和一のこれまでの功績を讃え、黄金の弁天像を与えるとともに、「何でもよいから一番欲しいものを云ってみよ」と訊いた時、「ただひとつ、目が欲しいです」と答えたことによるのだそうです。

70年以上を光のない世界で暮らしてきたその心境を考えるに、何とも云えない気持ちになります。

本日の弁才天巡礼は、両国にある「一つ目弁天」こと江島杉山神社。
生涯を鍼灸と、弁才天に捧げた男の生きた証です。

実際、いろいろ弁天巡礼をしてきた中て、この神社で得た印象は特別でした。
いつもは神の聖域におごそかに…… のはずが、もっと人間臭い、「生」の苦悩と喜びを感じのです。

もっとも弁才天に寵愛された男。
そして、今も弁天さまの側で眠る男……

とても幸せなことだと思います。



(おまけ)

江島杉山神社は授与品も豊富です。



このクリスタル御姿など、大迫力!
(さっそく下から光を当ててみました)

スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
16位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。