FC2ブログ

2019-01-01(Tue)

江戸最初山手七福神

あけましておめでとうございます。
今年も大和かたる(宝来文庫)をよろしくお願いします。

さて、2003年の谷中七福神以来、17年目となった恒例の七福神巡り。
今年は目黒にあります、江戸最初山手七福神をまわってきました、

ここは他より少しだけ弁天成分多めでとても好かったですよ。
コースもほぼ一直線で迷う心配はありません。


まずは覚林寺(毘沙門天)からスタート。
ちなみに、こちらの七福神巡りは目黒側からまわる場合と、白金高輪から参る場合で御利益が違うそうです。
目黒からだと金運、白金高輪からだと健康長寿に御利益があるのだとか。



大円寺(大黒天)の庭には、七福神全員の石像がありまして、ここで早くも本日最初の弁天さまにご挨拶。



目黒川。
春になればここは桜で満開となり、絶好のお花見スポットとなります。



5寺目、蟠竜寺(弁才天)。いよいよ本命です。
弁天堂には木造の弁天さまがおられて、こちらは七福神巡り中の拝観になるみたい。



で、境内にはもうお一方弁天さまがおられて、こちらは通年、拝観可能な岩屋弁財天。江戸名所図会にも記載がある、由緒正しい<江戸の裏鬼門を護る>弁天さまです。


ああ、3ヶ所も弁天さまにご挨拶できるなんて素敵です。
で、最後の滝泉寺(恵比寿神)。
恵比寿さまのお堂まで行きますと……



あれ? 手前の恵比寿石像の後ろ、本堂の中には恵比寿・大黒を脇侍に、真ん中にどでーんと弁天さまが鎮座されているではありませんか?
三神を祀っているのですね……
でも、センターは弁天さまですから、おそらく主役は弁天さま。
だって、このお堂自体がいかにも弁天さまのオウチですと云わんばかりの池のそば。
いやあ、1コースで4ヶ所の弁天さま。
ファンには溜まらないコースですよ。
しかも岩屋弁財天に至っては、江戸(東京)を護っている訳ですから…… 有難いです。



今回の集めもの。
七福神だるまです。
中におみくじが入っていて、弁天さまのは大吉でした!



さて、次は目黒をはなれて愛宕神社です。



いつもは裏手から上がっていくのですが、今年ははじめて男坂からの参拝です。
やっぱキツイ……



実はここで毎年、干支の羽子板を授与してもらうのですが、早いものでネズミから始めて12枚全部そろってしまいました。
たまたまではありますが、最後のイノシシが平成最後の正月となったため、区切りが好かったです。




(おまけ)

2019年正月の東京タワー



ひなたぼっこする宝来
スポンサーサイト



プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 12歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
724位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
16位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

Powered by FC2 Blog