2014-06-01(Sun)

梅雨を楽しむ! 宝来文庫6月の活動予定!!

また今年もじめじめと嫌な季節がやって参りました。
でも、26年はこの梅雨さえも楽しんでしまおうと、宝来文庫には2つの活動予定があります。
その二つとは…

1 アートスペース「谷中ジンジャー」さんに出展
  谷中ジンジャーさんの「眠れる民に罠を」展に飛び入り出展します!

2 共同企画「ミステリートーク」の会
  怖い話、不思議な話、妖怪の話なんかを、ゆる~く、熱くダベるトークの会
  創作仲間のちーず。さんとの共同企画です。

では、それぞれについて紹介してまいりましょう。

「眠れる民に罠を」展
ある日、ツイッター仲間の女性から流れてきたRT。
そこには谷中ジンジャーというアートスペースで、「眠れる民に罠を」展という謎のイベントがあるという情報が…

とりあえず、行ってみることにしました。

谷中・千駄木です。
ここはいいですねー。
いつ来ても懐かしい街並み。
散歩しているだけで、ゆったりとタイムスリップです。
01
02

ん?
なんだ、この看板…
03

裏路地のような場所に、BAR?
下町では珍しい風景ではありませんが、どうやらBARではないようですよ。
04

らせん階段をのぼった先の扉を開けると…
05

どーんと埴輪がお出迎え。
そう。ここは埴輪が作れるアートスペース、谷中ジンジャーさんなのです!
06

今回、宝来文庫がこの展示に惹かれた理由は、「眠れる民に罠を」という不可思議なタイトルもさることながら、看板絵のように紹介されていた、このイラスト。
小高まあなさんの「枕返しちゃんと夢魔さん」です。
なんか、このイラストに吸引されて、ここまで足を運んでしまいました。
07

ポストカード、売ってました。
「寝ている貴方のお命頂戴」
いいキャッチです。
もちろん、一枚お買い上げ。
10

枕返しちゃんグッズとして、枕ブローチなるものまでありました。
09
08

展示といっても、都心の大きなギャラリーで、みたいな感じではありません。
おそらくBARを改装したのであろう小さな空間に、若手作家の展示物を駄菓子屋さんみたく詰め込んだだけの空間です。でも、異次元マンガによくある展開みたく、「ふと迷いこんでしまった」感が何とも魅力的。

宝来文庫も参加してみたくなりました。
オーナーさんに頼んで、飛び入り参加を決めてしまいます。

ビジュアル・アート系の展示なので、どうしてここに小説がもぐりこめたのか不明ですが、とりあえず、うちの愛娘である弁才天アヤメさま、ここでしばらくお世話になることになりました。
(アートの女神さまですからね。落ち着く場所だといいのですが)
11

ロケーションとしては最高にファンタスティックです。
谷中めぐりの途中、ふと迷いこんだジンジャーさんで、弁天さまをお持ち帰り。
そんなお客さんが一人でもいたら、宝来文庫的には大成功だと思っています。

谷中ジンジャーさんの「眠れる民に罠を」展は以下のスケジュールで開催中です!
6/1(日)~6/28(土)
13:00 – 21:00
定休日:月曜日
東京都文京区千駄木3-44-1
らせん階段2F
アートスペース谷中ジンジャー




次に、ちーず。さんとの共同企画、ミステリートークです!

昨日あたりから、このブログでも告知しておりますので、ご存知の方も多いことでしょう。
皆さんが体験したちょっと不思議な話なんかを披露しあうこのイベント。
「皆さんの体験を投稿して!」とお願いしたところ、「ぜったい来ないだろうな…」の予想に反して、ぽつぽつ集まりはじめています。

やっぱり猫ブログでもあるからでしょうか。
猫にまつわる話、いくつか来ています。
飼っていた猫の死期が分かってしまう。最後の別れに姿を現してくれた、など、別れにまつわる話が多い…

皆さん、一様に「こんなこと話すと…」と言われますが、それは愛情の表れでもあると思うのですよ。
宝来文庫自身、別にオカルチストではありません。でも、誰かがそれを見た、聴いた、その心のありようにシンパシーを感じます。
いただいたお話は本の形にして、残したいと思っています。

ところで…
自らの体験を、などと銘打ったせいでしょうか。
当日のトークへの参加者が集まりません。

あの…
別に話さなくてもいいので…
聞くだけのお客さまも大歓迎ですので、お時間があればぜひ参加していただきたいと思います。
あと、ちーず。さんと宝来文庫が妖怪学、大好きなので好奇心でこれに付き合ってくれる方も嬉しいです。
(というか、誰か来てほしい…(涙))

ミステリートークの会は
6月7日(土)都内で開催予定です!

詳細は決まり次第、ブログORツイッターで!!


というわけで、梅雨の間もノンストップの宝来文庫。
皆さん、よろしくお願いします!!





(おまけ1)
宝来文庫も大好き、谷中の個性的なTシャツ屋「伊藤製作所」さんが手作りハンコも始めていました。
この前のコミティア+ヒロイン☆ふぇすたで「そういえばウチのハンコ、ない!」と直前に気付いたことを踏まえ、作ってもらうことにしました。
13
12

こんな感じ。
以後、ご希望の方には、本かノベルティに押させていただきますよ。
20


(おまけ2)
谷中のお土産
21
22

いやー、今日は暑かったですねー。
ランチはカレーにしました。
しかも、山羊カレー…
美味しかったのですが、皮つき山羊肉、宝来文庫にはハードル高すぎました…
14



いつもありがとうございます。
ブログランキングに参加中です。
ポチッと投票、よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


FC2ブログランキング
スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
10位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog