--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-04(Mon)

宝来文庫8月のイベント カレー会+幽霊画遠足+第2回ミステリートーク

去る8月3日(日)
宝来文庫8月のイベント
カレー会+幽霊画遠足+第2回ミステリートークが開催されました。
前回同様、参加者は7名。

まずは宝来文庫のもう一つの「趣味」であるカレー会からスタート(千駄ヶ谷のネパールレストラン「ミルミレ」)し、その後、谷中の全生庵で公開中の幽霊画掛け軸コレクションの観賞、その後、千駄木ガレージというギャラリーの2階を借りて第2回のミステリートークの会(怪談+不思議な話の雑談会。以下、ミスト)の順番でプログラムは進行しました。

ところで今回は幽霊画がメインで、ミストはあくまでオマケという位置付けだったのですが、いざ始まると、やはりメインはミスト。
延々3時間、皆で怖い話、不思議話などを披露しあいました。

そして終了後は「また第3回で会いましょう!」 とお開きになった訳です。

そもそも創作文芸のメンバーが集まってする怪談会ではありますが、ここでは創作物や他で仕入れた話は厳禁。あくまで自分の体験談を中心に話します。その意味するところは何でしょうか。

披露する話が創作であれば、そこには必ず元ネタや、インスピレーションを与えた別作品が存在します。でも、ミストは「作品」展示ではありません。その人が秘めている「体験」は、いずれ何らかの形でその人の「作品」の基礎となる可能性があり、その体験の意味や他者の反応を理解しておこうというものです。
ですから、これは「ネタ」の品評会であると言えるかもしれません。

実際、今回が初参加の方もおられたので、その人たち用に前回の話をダイジェストで話しなおしてもらうと、前よりもよくまとまった、主旨の明確な話になっていました。

なお、今回出た話は以下のとおり。
「海坊主」「キツネ神社の話」「なぜか我が家では菊の花がやばい」「自分にあわない家」、
「マンション建設を見届けた猫」、「引っ越しバイト先の怪」「寝苦しい夜の相談」、
「骨董屋で昔の古い写真を買った話」「京都でお祓いしてもらった時の話」「金縛りと幽体離脱」、「哲学の話」…

どれも面白かったですよ。
以前、本ブログで募集し、皆さまから送っていただいた話もあるので、出来るだけはやく、これらを一冊の冊子にまとめたいとは思っています。(ただゴメンなさい。作業は遅れに遅れております)

次は… 秋くらいに第3回をやりたいな、と思っています。


(おまけ)
おいら、怖い話は苦手だから隠れてます。



でも、もうそろそろ…



出てもいいかな~




いつもありがとうございます。
ブログランキングに参加中です。
ポチッと投票、よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


FC2ブログランキング
スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
16位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。