2014-08-30(Sat)

谷中妖店通り商店街 2014

私家版のプロダクツというものがあります。
大手のメーカー・出版社によるものでない、小規模生産の製品類で、最近はそういうものを扱う場所も増えてきました。
(宝来文庫の本もまさしく「私家版」の世界です)
とくに絵とか造形物とか、異なるジャンルの作家さんマーケットの時は、純粋に消費者になりきれるので楽しいです。

さて、前置きが長くなりましたが、今夜行ってきたのは、「谷中妖店通り商店街」なるイベント。
先週の清澄白川につづいて、同じようなイベントが谷中でもあった訳です。





人だかりが出来ています。
アメ細工の出店でした。
のびをした猫だとか、なかなかの出来栄えでしたよ。




谷中の「ふらここ」さんです。
ここは、私家版プロダクツを専門に扱うお店。




今日のお目当てはサンガッツ本舗さん。
ここは何と、昔懐かしの「ソフビ(ソフトビニール)人形」の私家版を作っています。
40代以上には、ノスタルジー、ありますよね。
ウルトラマンとか、仮面ライダーのソフビ人形、よく駄菓子屋さんで買ってもらいました。
一体150円くらいだったかな?
駄菓子屋で買うには少し高価で、ソフビを買う時は、よく父や母についてきてもらった記憶があります。

それにしても、宝来文庫のように「本」ならともかく、ソフビを量産って、型を作ったり流し込みやったり、手間ヒマかけているんだろーなー。

ちなみに、ウチにはすでに何体かサンガッツさんの人形、あります。




これこれ!
今回のお祭りの特別生産品(だったと思います)、お化けちょうちんの「青」バージョン。
一回500円のクジになっていて、微妙な色違いは選べません。
もちろん、やらせていただきました。




あと、松茸師匠の射的です!
ちなみに「松茸師匠」とは江戸時代の書物に載っている妖怪の一種で、よそから流れついた妖怪の世話をやき、いろいろ教えてあげる心優しい妖怪です。
宝来文庫も、いつも松茸師匠のようでありたいと思ってはいますが、なかなか難しいですよね・・・

さて、この射的。
落とした的により、大・中・小3種類の松茸師匠フィギュア(絶対、大手のオモチャ会社からは発売されっこないネタですよね)がもらえます。
大はもう全て落とされてしまったようで、仕方なく中を狙って一回やってみましたが…
小に当たってしまいました。

まあ、それでも当たっただけマシ。
宝来文庫、松茸師匠(小)をお持ち帰りです。
(ちなみに、落とした射的の的ももらえました。何の人形か分かりませんが)



これで我が家のサンガッツ人形、5体になりました!
(左から、松茸師匠(小)、女幽霊ちゃん(後ろが射的の的)、猫娘のネココ、お化けちょうちん)



他に、こんな出店も…
「日向庵」さん。




花札っぽいしおり、買いました。




よみせ通りを出て、帰りは季節の野菜天ぷらのお蕎麦をいただいちゃったりします…



いやあ、いいですね。手作りの世界…
などと言ってはいられません。
いよいよ明日は自分の番です。

東京ビッグサイト、コミティア109
一人でも多くの方のご来場、お待ちしています!!




いつもありがとうございます。
ブログランキングに参加中です。
ポチッと投票、よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


FC2ブログランキング







スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
10位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog