2015-03-08(Sun)

エサシトモコさん「一羊来福(宝来ヴァージョン)」が来た!

下の写真は、美術家エサシトモコさんの2015年干支作品、「一羊来福」です。
これについては、去年の12月10日の記事に詳しく書いてありますので、未読の方は、まずこちらからお読み下さい。




で、このコが昨日、横浜タカシマヤで受領してきた一羊来福、宝来ヴァージョン。
世界でたった一体の宝来文庫仕様です。




思えば、これを発注したのは去年の12月。
家人がその後、入院してしまいましたので、「2015年こそいい年になりますように」と願いをこめたこのコが、家人より先に家の敷居をまたぐことになったのでした。
きっと帰りを待つため、先に来てくれたのでしょう。

昨日は、作者のエサシ先生にも初めてお会いしました。
エサシ先生は、メールで家人の入院を告げると前倒しで作業をして下さり、更には一部未完成のまま送付して、「まずは見せてあげて下さい。その後で完成させます」と申し出て下さるほど心優しい方。ところが、これが何故か未着になって、また先生の元に戻ってしまったのです。結局、いろいろ調整している間に、最後まで完成させた上での受領となってしまいました。




ところで、この一羊来福クン、宝来の毛並みと同じ柄という以外に、もう一か所、大事なオリジナル箇所があるのですよ。
それはオデコに書かれた梵字「ソ」です。
じつは一部未完成というのは、この文字が入っていないことでした。




梵字の「ソ」は、弁才天を表す文字です。
琵琶を持っていなくても、羽衣をひらひらさせていなくても、この字があれば、それは弁才天そのものなのです。
不着については、エサシ先生も「あれは梵字を入れろ、ということだったのかしら」と不思議がっておられましたが、いえ、すみません。単にこちらの送付先記載ミスです…



先生が絵ハガキの裏に一筆添えて下さったのは、このコがウチの守り神になってくれますように、という祈りの言葉。
本当に… 有難うございました



(おまけ)

病院からは、家人の大好きなスカイツリーが見えます。




夜は、少し物悲しいです。




一羊来福の開封は病室で…
家人も感激しておりました。
本当に、このコが「守り神」になってくれますように…


スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
700位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
13位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog