--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-08-30(Sun)

コミティア113、終了しました!

2015年夏。
コミティア113、無事に終了しました。
今回は新作2冊をひっさげ、初のW新刊での参加です。
久々に家人も手伝いに来てくれました。




天気は、良くありませんでしたね。
くもり空と雨が交互にくる……って感じ。
ただ、いざイベントが始まると……




お友達やリピーターの方、はじめての方……
いろいろな方がブースを訪れて下さり、今までで最高の販売部数を更新することが出来ました。
ここしばらく、谷中妖店通り商店街への出店など、文芸以外のカテゴリーのイベントにも出店していたせいか、お客さまの層にも広がりが出始めています。純粋な弁才天ファンのお客さまもポチポチ増えはじめて、嬉しい限り!

ミスコレに寄稿して下さった方の甥っ子さん(高校生!)が「ちょっと興味もちまして」とわざわざ来てくれたり、「アヤメさまって百合小説の萌え小説ですよねっ!」と熱弁をふるってくださる方がいたり(百合小説…… そういう読み方もあるのか……)、「ツイッターで見て興味をもちました」と並んでいる本、全種類買っていく人がいたり……

読者さまとのつながり、大事にしたいと思います。





さて、自分が買った本です。

谷中ミスト会の仲間、枝さんの怪奇コミック「気のせい」と、ちーず氏版牡丹燈篭、「残想」。




今回のティアでお知り合いになった、うたさんの「177㎝彼女2」。高身長彼女の物語は、宝来文庫の作品にも「マイ・フェイバリット・シングス」というのがあり、ちょっと気になったので手に取りました。あとでじっくり読ませてもらいます。
もう一冊は、北西彩さんの「おやつは焼き鳥」。ファンタジー方向で、同世代の作家さんです。




小高まあなさんの「調律師」。
じつは、小高さんはイラストも描く人です。
宝来文庫は、以前、谷中のギャラリーで観た小高さんの創作妖怪「まくら返しちゃん」にぞっこん惚れこんでいたので、本を買ったついでにイラスト、描いてもらいました。




枕返しちゃんです。






さて、イベントが終わって帰り道。
ちょっと変わったお店に寄ってみました。

秋葉原にある地方の萌えキャラのアンテナショップです。
昨夜、イベント前の追い込みで広報ツイートしてましたら、最近知り合ったお仲間さんが教えてくれたのです。




宝来文庫が買ったのは、「ずんだ餅」の萌えキャラ、「東北ずん子」ちゃんです。
女の子のキャラに、濁音で「ずん子」って……
でも、可愛いから、アリかな、と。




「何がアリかな、だよ……」

スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
11位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。