--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-10-03(Sat)

LAMY 4ペン

多機能ペン。
シャープペンと何色かのボールペンが一本に収まっている、あのグラマーな筆記具です。
これ一本で、日常の筆記所要はほぼ満たされます。

宝来文庫は、衝動的に多機能ペンが欲しくなって、いろいろ探した結果、この一本を選んでみました。



ドイツ、ラミー社の多機能ペン、「4ペン」の2015限定モデルです。
ラミー社の製品はデザインがシンプルで、「用の美」を追求しており、値段も(舶来にしては)お手頃。



さて、この4ペン。その名の通り、シャープペンと赤、青、黒、3色のボールペンが一本にまとまっています。
ただ、ラミーのボールペンを使ったことがある人なら、お分かりですね。
同社のインク、日本人にとっては「ん?」な感じです。ねっとりしていて、色味もどことなく独自色出すぎていて、書き出しですぐにインクが出てこないので、毎回、ノートのはしでグルグルッと試し書きしなければなりません。
にもかかわらず、ラミー好きな人、多いです。(宝来文庫もその一人)
日本の、「ひたすらサラサラ感」溢れるボールペン。それと対極にある、どこかレトロな、ボールペン本来の、ぬさくりつけるような筆記感。インクの色目は、曇り空のような黒と、終わりかけの紅葉のような赤、なぜか青だけ、すっきりと美しいロイヤルブルー。
一度慣れてしまうと、これもまた良くなってしまうのです。
「いや、あたしは日本風の書き味さらさら、色目もくっきりなボールペンが好きなのよ!」って方には、替え芯が4Cサイズで互換があったりするみたいなので(検索したらいろいろ出てきます)、中身だけ日本製にするのもアリでしょう。



インク以外の特長を云えば、この4ペン、徹底してフロントヘビーです。
最初は「?」と思いましたけど、安定感があってすごく書き良いのですよ。
あと、シャーペンが0.5ミリではなく、0.7ミリってあたりも、レア。
(オフィスで芯切らして「一本ちょうだい」って云っても、まず0.7ミリは出てきません)

総合的に見て、ちょっと手はかかるけど、個性的で愛着のわくペンだと思います。
(書き出しの問題だけは何とかしてほしいですが)






(おまけ)

銀座のITOYAでラミーを求めた後、久しぶりに銀座デリーにいきました。
もちろん、定番のカシミールカレーを頼みます。
いやあ…… 美味しいですね。
お腹がぽかぽかするほど辛い!!



ところで、デリーは銀座店と上野店で辛さに違いがありませんか?
上野で食べると、いつも辛すぎて完食にちと時間がかかります。
銀座ではそんなことないのだけど……





(おまけ2)

新宿のリビングデザインセンターOZONE4階でこんなのやっていましたよ。




松本零士×愛媛の職人展2015。
松本零士作品を伝統工芸品の手法で再現した商品を販売していました。




こちらは愛媛県の五十崎社中による和紙アート。
懐かしいLPレコード「松本零士の世界」のジャケット絵ですね。
これを五色の金属箔を使ってデザインしたギルディングアートです。




スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
11位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。