--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-11-03(Tue)

パイロット キャップレス万年筆 トワイライト・ブルー(2015年限定)

キャップレス万年筆というものがあります。
わが国の3大万年筆メーカー筆頭、PILOTの製品で、万年筆には欠かせない「キャップ」を省略してしまった画期的な製品です。
なんと、このキャップレス、ボールペンと同じノック式。
お尻のボタンをピコッと押すと、18金のペン先が軸から出てきます。
ただ、製造過程において、高い機密性の技術が要求されるのでしょう。
なかなか二番煎じが出てきません。云われてぱっと思い出すのは、イタリア・スティピュラ社の「ダ・ヴィンチ」「モナリザ」、ドイツ・ラミー社の「ダイアログ3」くらいです。

キャップレスは世界市場でも売られていて、毎年10月頃には、西暦年の数だけ限定色が発売されます。
(たとえば、今年であれば2015本)
ただ、これは海外市場に向けてのモノなので、日本ではあまり出回りません。

だから、マニアは毎年10月、少数だけ逆輸入されてくる限定版キャップレスを虎視眈々と狙う訳ですね。


日本橋三越。
さすがに、このクラスの百貨店の文具売り場には、お約束で何本か入荷してきます。



現物を見ないうちに予約入れておいたのですが、今年のカラーは「トワイライト・ブルー」。



限定版キャップレスには珍しいグラデーションものです。



なかなか鮮やかですね。
ただ、今回、ちょっとビックリしたのは、おなじみのシリアルナンバー。
(限定カラーキャップレスはシリアルナンバー入り)



な、なんと2015本中、2015番!!
さすが、日本橋三越。やっぱり、よいナンバーが回ってくるようです。

宝来文庫にとっては2本目のキャップレス。(もう一本は2010年限定カラー、アイスグリーンです)
なんか、使うのが勿体ないような……




(おまけ)

こんな行事、やっていました。
(もう終了しています)


昔なつかしの硬券キップを集めます。
このキップ、元鉄道職員の方が、パンチを入れてくれるサービスもありました。




東京駅の地下街で、タコ焼きを食べました。
しかも明石焼きですよ。
宝来文庫にとってタコ焼きといえば、大阪風タコ焼き40%、明石焼き60%
うーん、久々に懐かしい味!!

2舟食べちゃいましたよ。
ごちそーさまでした。
スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
16位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。