--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-10-31(Sat)

冷えてきた夜の街を歩きつつ、新作のアイデアを練る

新しい作品のアイデアってどこで練りますか?
お風呂とか、トイレとか、布団の中とか、いろんな意見はあると思いますが、宝来文庫にとって新作アイデアは、夜の街で拾ってくるものです。
もともとの傾向として、夜想系の幻想話を書くことが多いので、暗い町をひとりでテクテク歩き続け、物語世界と同じ空気に身をおきながら、何か「落ちて」いるものを探します。
それを見つけたら、帰り道、歩きながらお話にするのです。
ネタになるのは、たとえば、夜に浮かぶ変わったネオン看板、すれ違った誰かの何気ないしぐさ、家路に急ぐ車のテールライトの列……
とにかく、何でもいいのです。

今回はわりと明るいうち(というかお昼)に家を出たのですが、環七を何時間もテクテク歩いているうちに、何だか迷子っぽくなってきて、おなかも減りました。


ビッグボーイ発見。
夕食にします。



本当はファミレス系、好きじゃないのだけど、ビッグボーイのハンバーグはわりと好きですよ。びっくりドンキーより、いかにも「肉!!」って感じが……
それにしても看板キャラクター、いつ見てもインパクト強いですね。



大俵ハンバーグでお腹いっぱいにして、またテクテク歩きます。
だんだん人通りの少ない道に入ってきました。

でも、向こうにスカイツリーが見えるので、方向は分かったかも。



つくばエクスプレスの駅にぶちあたりました。
もう、人あまりいないです。

青井って駅。
駅名も知りません。
ちなみに駅前商店街を歩いていたら、宇宙居酒屋ってのがあって、「宇宙旅行、はじめました」「無重力あります」とか書かれていて気になります。そのそばの酒場では「ハイジのチーズあります」とも……

昼間だと何とも思わないのかもしれませんが、夜、見知らぬ街でこういうのに出会うと、何だか現実ではない「何処か」に迷い込んでしまったような気分になります。



ずーっとまだまだ歩きます。
そのうち千住方面に向かうお客の乗っていないバスに追い抜かれたので、それを追いかけるようなかたちで……
ほどなく五反野の駅が見え、そこを抜けて4号線に出ると、そのまま荒川に向かって歩きます。
千住新橋が見えてきました。



橋を渡りながら、向こうをゆく電車を眺めます。



もうすぐ北千住に到着です。



え? 
いいアイデアは拾えたかって?

書き始めたら、またお知らせします。




(おまけ)
国道4号線沿いに、こんな店を発見。
カレーランド。
日本中のご当地カレー(レトルト)を売っている店です。



記念に2種類ほど買ってみます。
近江鶏カレーが美味しかったかな。次は神戸牛カレーとか試してみましょうか。


スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
16位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。