2016-04-30(Sat)

弁天さまと御朱印巡り 第3回 「生田神社」(神戸)

今日は神戸にやってきました。
いつ来ても美しくてエレガントな都市です。



今回の弁才天御朱印巡りの旅は、生田神社。
縁結び、恋愛の神さまとして有名ですね。
ここにも弁天さまがおられまして、私の目的は、もちろん弁天さまをお参りすること。



さて、生田神社について少々書いておきましょう。
この神社の主祭神は、稚日女尊(わかひるめのみこと)。
稚日女尊は、太陽神アマテラスの幼名あるいは和魂とされていまして、「和魂」は、神さまの荒ぶる魂(荒魂)の対語で、民に恵みをもたらしてくれる優しいお心のことを云います。
つまり、生田神社は「少女アマテラス」或いは、その「心優しき側面」を祀った神社であるのです(一説には、アマテラスの妹君との説あり)。



境内は広く、ぜひ訪れておきたいスポットが多くあります。
例えば、この樹齢500年の楠。昭和20年、神戸大空襲の時に焼けただれてしまいましたが、その後、逞しく復活。生田神社の「縁結び」以外の御利益、「復活」「再生」の象徴として祀られています。



ここは、ちょっと遊び心のあるスポット、水占い。
何も書かれていないおみくじをここに浸すと、あら不思議。文字が浮かびあがります。



末社としてお稲荷さんや恵比寿さまが祀られている他……



今回の参拝の主目的、弁天さまもおられます。



静謐な弁天池。その奥を少し進めば……



ひっそり佇む「市杵嶋姫命=弁財天」社。
都会の中にあって、神秘的で透明な空間です。



弁財天巡礼、第4弾は、神戸は生田神社の弁天さまです。



ところで、いろいろ神社仏閣を巡っておりますと、自分との相性といいますか、微妙に「受け入れてもらえている」「もらえていない」と感じることはありませんか?
私の場合、生田神社は前者で、境内に足を踏み入れた時から、優しく、温かな空気を感じました。
「おかえりなさい」
そう云って貰えたような気さえします。
ご縁が、あったということでしょうか。

生田神社のご神木(桜)を削ったものを詰めたお守りを買わせていただき、大切に持ち歩くことにしました。




参拝が終わり、東京に帰る前に南京町をウロウロしていると、どうしても「あの豚饅頭」が食べたくなってしまいます。



老舗「老祥記」の椎茸入り豚饅頭。
これ、本当に美味しい。なんというか、ポピュラーな豚まんと違って異国風味が濃厚。最初食べた時は、ちょっと食べなれない感じでしたが、いつの間にかクセになってしまい、今では大好物の一つです。

ぜひ、神戸を訪れた際にはご賞味下さい。


(つづく)
スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
13位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog