--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-05-03(Tue)

世界最大級の寺社フェス「向源」 <お坊さんと話そう!>に参加してきました

さて、今回は宝来文庫5周年ということもあるので、少し「物書き」と「モチーフ」について話をしましょう。
今でこそ、自ら「日本で唯一の弁才天専門作家」などと自称していますが、私が小説を書きだしたのは小学校の時で、若い頃はとくに「これ!」というモチーフがある訳でもなく、ただ気の向くままに興味のあるものを書き散らしていました。
それが、10年ほど前から、「自分は弁才天モチーフのものしか書かない」と決め(決まり?)、そのために立ち上げたのが宝来文庫という訳です。


(東京弁天 第2話「アヤメさま、宝船に乗る」をハリウッド映画調にセルフ・パロディしたポスター)



10年前に、どんな心境の変化があったのか?
その辺りは谷中ミストの会編「ミスコレ!」収録の、「白蛇の話」に詳しく書きましたので、ここでは触れません。
ただ、神仏をモチーフに娯楽もの、ファンタジー小説を書くとなるといろいろ迷いや心配ごとも出てきます。
仏教の専門家でもない自分が、オリジナル設定も交えて世界観を構築させていくことは「不謹慎」ではないか?
ファンタジー化してよい題材なのか? 考証面でのミスを指摘されまくるのではないか?
そもそも、執筆し続ける「自分」と弁才天とのつながり、関係性はどう捉えておくべきなのか?
まあ、考えはじめたらきりがありません。


(東京弁天を読んでくれた女性が送ってくれた、可愛いアヤメさまイラスト)



そんな折、知り合いの仏神イラストレーター、嵐山晶さんが、増上寺、日本橋で大々的に催されている、世界最大級の寺社フェス「向源」でボランティア・スタッフをされていると知り、ご挨拶も兼ねて行ってみることにしました。

ところが、面白そうだな、と思っていた「死の体験旅行」や「円空仏像彫刻にチャレンジ!」などのワークショップは、のきなみチケットがSOLDOUT。残念だけど、雰囲気だけ見て帰ろうと思っていますと、嵐山さんに「お坊さんと話そう」という企画があると教えられ、参加してみることにしました。
「お坊さんと話そう」は、普段、あまり話すことのない僧侶の方々と、15分間、フリー・トークをするという企画です。



私の相手をして下さったのは、真言宗の女性僧侶でした。
会話の内容は、常日頃から考えている前述の「弁才天との付き合い方について」です。
(普通は仕事や恋の悩みがメインなのでしょうが、いきなり「弁才天についてお願いします!」。きっと、びっくりされたでしょうね)
お坊さんに対しては、お医者さんに対してと同じで、嘘や格好つけで話しても問題の本質は解決されません。
何もいつわることなく、ただ正直に想いと疑問を投げかけますと、その方はこういう意味のことを云って下さいました。

「そこまで真剣に弁才天と向き合っておられるなら、何も迷うことはない。思うように進むとよいでしょう。もし、あなたが間違った行動をとったなら、弁才天の方からストップをかけてくれます」

心が、救われました。
という訳で、今年はガンガンいきます。


「向源」HPはコチラ!
(2016年「向源」は5月5日までです!)



(おまけ)

本日のおみやげは、向源の物販ブースで売られていた「雲棚」(お札を立てる道具)です。
神社やお寺の彫刻を専門とする井波彫刻さんがヒノキで製作した逸品。
もう製造中止、完売しているそうですが、向源に色の不揃いな物が提供されたのだそうです。



【告 知】
2016年宝来文庫の第1回イベント出展
5月5日(木) 東京ビッグサイト 東4・5・6ホール
「コミティア116」
ブースNO:S24a
最新刊「神社姫の涙」を初売りします!
「神社姫の涙」は東京弁天シリーズの番外編
ちょっと視点を変えた、「アヤメさま、宝船に乗る」の前日譚です

スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
16位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。