2016-07-24(Sun)

鯛車

今月22日、巷で話題のスマホゲーム「ポケモンGO」が日本でも配信されました。
宝来文庫はガラケー・ユーザーなので、このゲームをやることはないのですが、外出先でいろんなモンスターをコレクションしていくというコンセプトは確かに面白いのだろうな、と思います。
実際、今日は新宿をウロウロしていたのですが、まあ、びっくりするほどの人がスマホを手に「ポケモンGO」をプレーしておりました。
もう、社会現象ですね……

それはさておき、宝来文庫もあちこちを彷徨って収集しているものがあります。
たとえば、郷土玩具。日本各地に昔から伝わる手作りオモチャですね。
これらは作り手がいなくなって廃絶しているものも多いから、レア度も高い。
ちなみに、宝来文庫が好きなのは、動物が台車に乗っているパターンです。
とくに魚系、いいですね。愛らしいですよ。
下の写真は、うちで飼っている鯛車に鯨車です。




とくに鯛車には目がありません。
これは地方によってデザインや扱われ方も違っていて、例えば、九州の鯛車は伝承に基づく木製のまさしく「玩具」ですが、新潟のものになると、お盆の頃、子供たちが鯛車に火を灯し、町を引いて回る「仏事」的なものになります。ナスと割り箸で作る馬と似た意味合いみたいですね。
この新潟県巻地区の鯛車は、江戸末期~昭和中頃まではよく見られたお盆の風物詩でしたが、いつしかその姿を消してしまいました。

ところが、2005年から有志が「鯛車復活プロジェクト」を立ち上げ、地元に限らず、全国に向けて「鯛車」を発信し始めたのです。



今年6月には、BEAMSでこの「巻の鯛車」のワークショップをやっていたのだとか。
気付くのが遅かった!
ちなみに、BEAMS新宿に問い合わせたところ、商品用として入荷していたものが一つだけ残っているというのでゲットしました。




箱から出してみました。
やたっ! 巻地区で作られた本物の鯛車!!
LEDライト仕様で、ちゃんと光ります。




大きさもあるし、部屋に置いておくだけで日本の夏が香りますね。
いい買い物をしました。
お盆になったら、明かりを灯して飾っておくことにします。





(おまけ)

「また変なの来ちゃったよ。ま、いいか。仲良くやろうぜ。おいら、宝来っていうんだ」




「ところでアイツ、今日の昼、なに食ってた?」




「北海道のスープカレー…… しかもハンバーグ入ってるヤツ!?」




「ずいぶんといいモン食ってんじゃねーか」




スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
462位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
14位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog