--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-09-04(Sun)

4つの展示会と1本の映画

大作業だった「東京弁天(愛蔵版)」の改訂を終え、なかば腑抜けになってます。
次作品を早く書きたい気持ちもありますが、今はちょっとお休み。
という訳で、外部から新しい刺激をもらおうと、いくつか展示会などをハシゴしたりしています。
小説書きなのだから、文学に刺激を求めないの? と云われそうですが、宝来文庫の刺激の仕入れ先はもっぱらビジュアル系。
これで、いいのです。たぶん……


8月28日(日)
麻布十番にあるギャラリー「元麻布ギャラリー」で「第3回NEKOIZM」を観てきました。



審査員は、猫造形作家の蝉丸さん。
猫造形界では、かなり名の知れた作家さんですよね。
宝来文庫も、小さな置物ではありますが、蝉丸さんの作品を持っています。


この展示会、いろいろな表現の作家さんが集まっているので、幕の内弁当的な面白さがあって飽きません。


ブログ仲間のNEccoSunさんの作品です。
NEccoSunさんはファンタジー要素の強い猫絵を描く方ですが、それがメルヘン方向に強く振れた時、とても良い味を出されます。
この絵は、外で辛い生活をする外猫たちを想いながら描かれたもののようです。


せっかくここまで来たのだからと、六本木ヒルズに向かいました。

「ルーブルNO9」を鑑賞します。
これ、どんな内容かといいますと、第9の芸術と認められた「マンガ」と、ルーブル美術館のコラボ企画だそうで、日本人を含む十数人のコミックアーティストが<ルーブル美術館>を描いたものの展示です。


何でも芸術にしてしまうのがフランス人。
選ばれたコミックアーティストの作品も、それぞれ魅力があります。
ルーブル美術館に住まう猫の話とか、モナ・リザとマリーアントワネットとか、なかなか面白かったのですが、個人的には、マンガにはあまり芸術を意識して欲しくないかな……


とくに日本のマンガの場合、そういう箔付けみたいなものなしに、裸一貫でのしあがり、JAPANを代表する表現形態になった訳ですから。
芸術じゃなくてもOK! 日本のマンガは世界一面白い!
宝来文庫はそう断言したいです。

展示を観終って、どちらかというと、マンガうんぬんより、ルーブル美術館自体に興味をもってしまったかも。
もし、これがマンガを活用したルーブルのアドバタイズメントだとしたら、その目論見は成功していると思います。



となりでやっていた、「宇宙と芸術」展も観ます。

何の前知識もなく鑑賞していると、なんだかとっちらかってて、変わった展示会だな、と思うのですけど、途中でハタと分かってしまう訳ですよ。(ふつうは、ちゃんと調べてから観にいくのでしょうけど)
これ、人類の「宇宙」に対するとらえ方の歴史を、アカデミズムとアートの両方で追った展覧会なんですね!


じつは、物理とか天文とか、からきしダメなので……
解説読んでも、難しすぎ。これが延々と続いたら、?????で終わってしまいます。
でも、日本初の月面観測が掛け軸で残されてたり、インドの神様だらけの世界図とかが面白くってですね。


空想チックなのも満載ですよ。たとえば、いきなり、こんなのバーンときたり……


さらには、こんなコまでいたり……


体感シアター的なものもあったりします。


今回、記事にしている展示会では、一番刺激があって面白かったかもしれません。
図録買ったので、科学の部分とかしっかり読み込んで、もう一度観に行きたいな、と思っております。
「宇宙と芸術」展、なかなか良いです。

で、物販もすごいです。
出口出たら、いきなり「ウチュウ ガチャ」
なんだ、それ???


500円もするのですが、一回やってみました。
なんか、妙に軽い金属のかけらが入ってます。
なんとコレ、本当に宇宙まで飛んだ、H2Bロケットのフェアリングの破片なんだそうです。
ちゃんと、JAXAから譲り受けたものらしく、証明書も入ってました。


あと、この絵、御存じですか?
江戸時代、どっかの浜辺に漂着したUFOっぽい船と、木箱をもった美女……
子供の頃、UFOの本とか読み漁った人なら、見おぼえありますよね。
そう。うつろ船です。


これのドンブリやTシャツ、トートバッグまで売っていました。



「宇宙と芸術」展。マニア心をくすぐります。



9月3日(土)は恵比寿ガーデンプレイスに行きました。
観たい映画があったからです。


「ソング・オブ・ザ・シー」
アイルランドのアニメーション映画です。前評判も高かったこの作品。民話にもとづく物語が美しく、日本の「天女の羽衣」を思わせるエピソードもおりまぜられていて、とても面白いです。
それに絵の力が何より素晴らしく、本当にうっとりしてしまいます。
おおむね満足でしたが、時間はもう少し切り詰められるのではないかな、と感じました。
60~70分くらいでまとめた方が、この素晴らしいビジュアルに浸る愉しみを家まで持続できるような気がするからです。


恵比寿のインドカレー屋さん、「ローカルインディア」でターリーを頂きました。


日本人好みにアレンジされた、食べやすいカレーです。




9月4日(日)は、信濃町のA.C.Tに行きました。


小さな展示室がいくつも入った、アートギャラリーです。


興味をひかれたアーティストは二人。その一人が武田尋善さんです。
インドの絵本のような作品がメインです。
「インドっぽいですね」と云うと、「今までインドと縁の深い生活をしていたので」ということでした。
動物が夜を運んできたり、世界を支えていたりする絵は、「宇宙と芸術」展に展示してあっても違和感がありません。


もう一人、島崎良平さん。
「女と鬼」と題された展示です。独特なスタイルで描かれる女性への関心というか、要求というか…… それは日本画チックに描かれつつも、現代のオタク文化的でもある。
一番美しいと思った女性像を「これ、いいですね」と云うと、「ああ、これは『うる星やつら』のラムちゃんのイメージです」という返事。

武田尋善さんと、島崎良平さん。
この二人の作品には需要がある。
そう感じました。
今後の活躍をお祈りしております。


帰りにはペルー料理のお店で。
ペルーの料理ははじめて食べましたが、わりと違和感なくいただくことが出来ました。



さて、私もそろそろ次の作品にかかることにしましょう……

スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
16位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。