2016-09-17(Sat)

道頓堀はやっぱり食いだおれの街だった

さて、箕面の弁天さま参りをした後、そのまま観光にかかります。
ただ、箕面を出たのが午後3時くらいでしたので、そんなに沢山は回れません。
そうなると、お腹も空いているし、やっぱ食いだおれの道頓堀でしょう。

その前に、大阪駅近くの「会津屋」へ……
ここは、たこ焼き発祥の店なのだそうです。
観光ガイドで調べておいたので、まずは、ここで軽くたこ焼きを……




大阪のたこ焼きを食べる時、いつも思うのですが、やっぱ関西人にとってたこ焼きはソウルフードなんですよね。
東京のたこ焼きは何処で食べてもそんなに味が変わりませんけど、大阪は店ごとに味が違う。だしの取り方とか、ほんとにこっていて、もうこれはB級グルメなんかではないのでは、と思うほどです。
あと、ソースをかけずに、「素のまま食べて下さい」という手法。こだわりが感じられます。




さて、たこ焼きで小腹を満たした後は、いよいよ道頓堀へ。




見て下さい。このハデハデな看板のオンパレード!








ついでに、有名なこの方も……




迷った末、うどん屋さんの「今井」に入りました。
出来るだけ色々食べたかったので、うどんくらいが丁度良いと考えたのです。
ところが、この今井のうどんに宝来文庫は愕然としてしまいます。




「しっぽくうどん」と……




「おすすめセット」(きつねうどん、ささ巻ずし、わらび餅)。




店に入った時に、上品なだしの香りが漂ってきて、これはもしや期待出来るかも…… などと思ったのですが、結論を申しますと、これはもう「期待」なんてレベルではありませんでした。

うどんを一口ずずっとすすって、おつゆを飲むと、
「な、なんじゃこりゃ~!!」
宝来文庫、グルメまんがみたく「うぉ~!!!」と絶叫です。
だし、香り高すぎ、美味すぎ、上品すぎ!! うどん、つるつるのもっちもち!!
大袈裟でも何でもなく、生まれてから食べた全てのうどんをぶっち切って堂々一位です。
食べ物で感動するなんて、ほんと久しぶり!

ああ、でも、これで他のお店でうどん食べられなくなってしまったかも……


うどんに感動しまくった後、道頓堀を散策。
観光ミニ・クルーズ的なものがあったので、乗りたくなってしまいます。
さっそくチケット買って乗り込んだのですが、「あれ? まわりに日本語、聞こえない……」
そのうち、ガイドのお姉さんが立って、日本語と英語のバイリンガルで解説を始めます。
でも、その前にお姉さん、
「はーい、今日は皆さん、何処からこられましたか~? まずは韓国の方~?」
1/3くらいの人が手を上げます。
「次は中国の方~?」
また1/3くらい手を上げます。
「アメリカの人は~?」
2,3組が手を上げます。
「では、日本の方は~?」
宝来文庫と、もう一、二組がおずおずと手を上げると……
「あーっ 日本の方もおられましたねー!」

こ、これが観光大国化……




クルーズは20分くらいの短いものですが、なかなか面白かったです。
ディズニーランドのお兄さんたちもアナウンス、訓練されてますけど、やっぱ天然の大阪の人は、そもそも論として話が面白い、というか親しみ易い。




クルーズの後、さらにたこ焼きと串カツも食べに行きました。




ちなみに、これが有名な法善寺横丁。





おみやげです。
ゴジラ対大阪の手ぬぐい、いいですね。




大阪張り子と難波のぼんぼん ほか。




あと、大人げなく夢中になってしまったのが、ガシャポンです。
大阪限定のフィギュア・ガシャポン。
前が「だるまの串カツ」で、後ろは左から「道頓堀」、「大阪のおばちゃん」、「大阪城」。
あと、「通天閣」と「ラムちゃん in 阪神タイガースユニフォーム」が欲しかったのですが、予算の都合で断念。



いやあ~ 大阪、美味し……楽しかった~!!



(おまけ)

「大阪のおばちゃんと云えば、『アメちゃん食べるか~?』ですよね」




スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
13位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog