2016-11-20(Sun)

11月23日(水) 文学フリマ東京(D-64)に出展します!

いよいよ、11月23日(水)
第23回文学フリマ東京が開催されます。

宝来文庫としては、2013年11月以来3年ぶりの東京文フリ。そして、本年最後のイベント出展でもあります。
お馴染みさんはもちろんのこと、初めての方もぜひ、よろしくお願いします。

さて、このブログ記事を見て来場される方のために、今回は初めてさま用作品紹介を書きます。


まずは自己紹介を。
宝来文庫は、大和かたるの個人レーベルです。
大和かたるは、七福神の弁天さまを主要モチーフとして創作をつづける、かなりニッチな作家です。
ただ、扱うネタはニッチでも、作品そのものは極力、「面白さ」の最大公約数を意識しておりますので、「フン、オレ、興味ねーや」などと云わずに、まずは1冊手に取っていただきたいと思います。


では、1冊目、看板小説の「東京弁天」(900円)


宝来文庫と云えばコレ、というくらいの看板っぷりです。
何から読んでいいか分からないようでしたら、迷うことなくコレをオススメします。

今さらほとんど神さまなんて降臨して来ないはずの現代。
スカイツリーの御膝元、東京都は墨田区に示現なさった、中学一年生の女神、アヤメさまの物語。
この女神さま、七福神でおなじみの弁才天です。芸術とか学問とか、あと戦勝の神さまですね。
本作では、弁天さまを、地方から夢を追って上京してくる者たちの守護神として描きました。
自分(大和かたる)も、かつてそうであったからで、ほぼ願望に近いかもしれません。
ただ、女神さまは趣味である芸術神以外のお仕事も大変で、人間と同じように結構苦労されてますよってお話です。
神社仏閣巡り、仏像好きの方はもちろん、和風ファンタジー好きの方全般に楽しんでいただけると思います。
(なお、初回限定版として、仏像絵師の嵐山晶さんによるコレクション・フィルムしおりが一枚封入される他、本にはシリアルナンバーが入ります)

「東京弁天」の立ち読みページはコチラ



2冊目は、「神社姫の涙」(300円)


「東京弁天」の番外編です。
劇中の重要なシークエンス、「大晦日の乱」の前日譚として書きました。
江戸時代の文献に残る妖怪・神社姫をモチーフにしています。
もちろん、大和かたる作品ですから、弁天さまも出てきます。
っていうか、弁天さまVS神社姫です。

「神社姫の涙」の立ち読みぺーじはコチラ



3冊目「マヤ」(300円)


宝来文庫の第1回リリース作品です。
前出の作品とはカラーの違う小説で、ちょっとエロチックな香りもする、幻想小説です。
謎の美少女と、孤独な男子高校生。
思春期の記憶とともに、「理想の美少女像」を作品化しました。
今でも、この作品が一番好きという方が時々声をかけて下さるのが、とても嬉しいです。
ちなみに、現在、続編の「ニセモノ乙女の夜」も執筆中。来春刊行予定ですので、予習にどうぞ!

「マヤ」の立ち読みページはコチラ



最後に、谷中ミスト会レーベル「ミスコレ!」(各300円)


大和かたるは、不思議話の愛好会「谷中ミストの会」を主宰しています。
これは、その機関誌。
テレビや本からの受け売りではない、筆者と、その近しい人間に起こったユル~イ不思議話を掲載しています。
アートワーク担当は、「神社姫の涙」の表紙も描いてくれている枝さんです。


それでは、11.23の11:00~17:00、東京流通センター第2展示場(入場無料)でお待ちしております。
東京モノレール「流通センター駅」で下車ですよ。間違って羽田空港まで行かないで下さいね。
当日は、ブース(D-64)でボケッとしていると思います。
本の購入は気に入って下さったらで構いませんので、ぜひ、雑談のお付き合いとかしてもらえれば…… と思います……


スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
10位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog