2016-12-04(Sun)

弁天さまと御朱印巡り 第9回「井之頭弁財天」(東京都)

井之頭弁天さまにお参りをするのは初めてではありません。
若い頃からを含めれば、5回くらいは手を合わせていると思います。
井之頭公園の弁天さまと云えば、東京の弁天さまの中では、3本の指に入るくらいに有名ですからね。

ただ、宝来文庫はどうも吉祥寺という土地に縁がないようです。
芸術家や、その卵が多く住むという吉祥寺。私のようなタイプの人間ならまっさきに「住みたい!」と言い出しそうなのにね、と何度か言われたこともあります。でも、そう思ったことはあまり無いのですよ。
そんなだからか、井之頭弁天さまをお参りしても反応を頂けないのだと思っていました。
ただ、ここに来て、いきなり「ちゃんとお参りしよう!」と奮起したのには訳があるのです。  

というわけで、本日の弁才天巡礼は、吉祥寺は井之頭公園の弁天さまです。




過去にお参りした時、境内にある宇賀神の石造を見て、「ああ、ここは宇賀神=弁天さま」のお寺か、と思ったことを憶えています。きっとご本尊そのものが宇賀神さまで、それを弁財天と呼んでいるのだろう、と。
ただ、不勉強というのは恥ずかしいもので、もちろん、ここにも八本腕の宇賀弁才天さまはおられ、秘仏として12年に一度、巳年の4月にご開帳になるのだそうです。
前の巳年は2013年ですから、次は2025年……
いくつになってるんだ、宝来文庫!!

2013年といえば、もう東京弁天を書いている頃ですから、それでこの情報を追わなかったなど不届き千番です。
弁天研究に一番熱心に取り組んでいた時期、御開帳のニュースを捕まえ損なっていたのはどうしてでしょうか。




ところで、井之頭弁天さまと言えば、カップルでボートに乗ったら別れる等の都市伝説が有名なほか、東京随一のパワースポットとしてスピリチュアル系の人たちにも人気です。
ちょっと気になって、そちら寄りのブログ記事など読んでおりましたら、こんな記事を見つけました。
あくまで書いた方の主張ですが、井之頭弁天さまは池全体を御神体として存在し、よくお堂を出発点に池を巡回して、またお堂に戻っていかれる。分かる人にはそれが分かるのだとか。それと、気位の高い女神さまなので、二社参り(他寺社とのかけもち、あるいは「ついで参拝」)には冷たくて、お参りの日には、それだけを目的に誠心誠意参拝しないとお願いごとを聞いてくれないのだそうです。

あの大きな池を日々巡回している女神の姿を想像したら、胸がときめいてしまいます。
ああ、参拝したかったな、御開帳……
ネットで検索すれば、2013年の御開帳の時の様子があちこちで紹介されています。

12年に一度しかお顔をお見せ下さらない女神さま。
どうやら「色白で」「とても綺麗な」弁天さまなのだそうです。
こうなってくると、もういてもたってもいられません。

それで本日、朝から身綺麗にして、もう弁天さまをお参りするためだけに気を引き締めて電車に乗ったのです。




井之頭公園は終盤を迎えた紅葉に染まっていました。
風はやや冷たく、凛とした静けさ。
まずは池に向かって一礼し、それから本堂へ。
午後2時からお坊さんがお経があげられるそうなので、それにも参加しようと思っていたのですが、社務所では「本日は不在なんです」とのこと。
ああ、やっぱり縁がないのかな。でも、今までと違って、何だかこちらを少しだけ振り向いてもらえた感……
お坊さんが不在でも、女神さまはご在宅だったのだと思います。




本日の弁才天巡礼は、吉祥寺は井之頭公園の弁天さま。
色白で美しい姿だという、気位の高い女神さまです。




境内には、銭洗い弁天もありまして、鎌倉と同様、ここでお金を洗うと増える御利益があるのだとか。
別にお金が欲しい訳ではありません。
ただ、ご縁を結んでもらいたい一心で、勝守に水をかけさせてもらい、持ち帰りました。



2025年のご開帳、楽しみに待つつもりです。




(オマケ1)
お昼ご飯は、ハモニカ横丁のカレー屋さん「PIWANG」さんで二種盛りカレー。
左がカキカレー、右がチキンカレーです。
美味しゅうございました。



(オマケ2)
同じくハモニカ横丁の猫雑貨店「マルルゾロ」。


そこで面白い猫の張り子を見つけました。


稲作に精をだす猫さんです。
こういう柄、猫雑貨には珍しいですよね。
日本オリジナルの弁天さま、宇賀弁財天は農耕の神さま宇賀神との習合スタイルです。
今回の参拝のお土産としては最適ではないでしょうか。

スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
549位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
15位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog