2017-01-21(Sat)

弁天さまと御朱印巡り 第11回「青龍妙音弁財天」(京都府)

第1回文学フリマ京都に参加するため、約17年ぶりの京都旅行です。



何より拙著「東京弁天」を頒布する訳ですから、まずはこの地の弁天さまへのご挨拶は欠かせません。



京都にも有名な弁天さまは幾つかありますが……



宝来文庫が訪れたのは、鴨川デルタを臨む、出町枡形商店街の近くに住んでおられる弁天さま。
清水寺や金閣寺と違い、ガイドブックには載っていない、〈地元〉のお寺さんです。
ところで、出町枡形商店街の近くと云えば、「ん? 聞き覚えのある地名」と思う方もおられるかもしれませんね。
そうです。京都アニメーションのTVアニメ「たまこまーけっと」のモデルになった所です。
じつは、宝来文庫は「東京弁天」のアヤメさまシリーズの執筆初期、まだ頭の中でビジュアル・イメージが定まっていなかったアヤメさまを、「たまこまーけっと」のヒロインたまこの絵柄で仮置きして執筆を進めました(ちょうど、たまこも中学生の女の子という設定だったので)。



「アヤメさま、宝船に乗る」の初稿完成が平成25年の1月。「たまこまーけっと」の放送が25年1~3月ですから、正式に絵師さんに依頼してアヤメさまのビジュアルをフィックスさせる5月までの間、とりあえず、アヤメさまはたまこの顔とスタイルをイメージしていたのです。
まあ、そんなご縁もあって、京都に来たらこの出町の弁天さまには「お世話になりました」とお礼を云わなくては…… と考えていたところでした。



青龍妙音弁財天です。
お寺さんですが、なぜか鳥居が……

ご本尊は、鎌倉後期に西園寺安寧子が後伏見天皇に嫁ぐ際に念持仏として持参した「青龍妙音弁財天」(絹本着色絵)を本尊としているそうです。面白いことに、このお寺の境内には豊川稲荷があり、荼枳尼天さまも祀られています。
弁天さまと荼枳尼天さまの混合というのは、たしかに歴史上あったようですが、その場合の弁天さまは宇賀弁才天というイメージがあります。いわゆる琵琶持ちの妙音弁財天さまと荼枳尼天さまというのは面白い組み合わせだと思いました。
(この辺については興味のあるところですが、資料を持ち合わせておりません。何かご存知の方がおられたら、ぜひ、情報をお寄せ下さい)



本堂のうしろには六角堂というのがあります。
ここは時計まわりに齢の数だけ回ってお参りすると願いが叶うということですが、齢の数……
若い頃ならともかく…… ねえ(笑)
寺務所でお話を伺うと、別に齢の数でなくても21回と半回転でいい。それが正式だということなので、21回と半分回ってお参りしました。
弁天さまの御利益がいただけますように。



本堂の周りには、白蛇の絵がいっぱい。
で、お参りを終えて御朱印を頂く際、置いてあったおみくじに目が止まりました。
京都で一番キツイおみくじと書かれています。
どういうことですか、と質問すると、とにかく「凶」がよく出るのだ、とのこと。いつだったか受験生が最後の神頼みに来たらしいのですが、4回引いて4回とも「凶」。みるみる悲壮な顔になる彼に、さすがにお寺の方も心配になって、おみくじを調べてもらったそうです。
すると、「凶」の割合は30%。まあ、約3分の1は「凶」のようですが、その割合以上に「凶」ばかり出るのだとか。
宝来文庫も挑戦してみることにしました。
なーに、他の人も「凶」なら、自分が「凶」でもそんなにダメージ、大きくないですからね。
結果、家人がお約束の「凶」をひき、宝来文庫は「大吉」でした。
お寺の方は家人に「すぐに枝にくくって、流してしまって」と云い、「私も?」と訊くと、「あなたは、そのおみくじをずっと大事に持っているといいでしょう」とのことでした。




寺務所で授与されていた「青龍妙音弁財天」の御姿カードを買いました。すぐに、宝来文庫がいつも持ち歩いている〈各地の弁天さま〉お守り入れに収めます。



本日の弁才天巡礼の旅は「青龍妙音弁財天」。
自分の創作活動にご縁のあった、京都の弁天さまです。
それもあっての「大吉」でしょうか?



ところで出町と云えば、この和菓子屋さんが有名ですよね。
前述の「たまこまーけっと」でも、このお店がヒロインの家として登場しました。



「名代 豆餅」を鴨川のほとりで頂きました。
とても美味です。





(おまけ)

さて、おまけです。
本命の出町弁天さまをお参りした後、いわゆる観光エリアに入りました。

三十三間堂にも、弁天さまがおられます。
しかも国宝です。
写真撮影できないので、パンフレットの写真です。



次は六波羅蜜寺。
ここには銭洗弁天さまと金色のインド風弁天(この方は弁天さまというよりサラスヴァティですよね?)が祀られています。
御朱印、頂けました。




六波羅蜜寺の近くに、こんなお店を見つけました。
「幽霊子育飴」。
あれ、このお話、知ってる。
この世に置いていった赤子のため、夜な夜な飴を買いに来る母親幽霊の切ないお話……
じつは、ここが元祖だったんですよね。



ひとつ、お土産に。
お店のビラも頂きました。



夜の祇園です。



舞妓さんが小物なんかを選びにくる創業百五十年の老舗「井澤屋」。
ここで買った財布です。たぶん、製造元は浅草の文庫屋大関ですね。
京都に来て東京産のおみやげというのもアレですが、中には、井澤屋の「百万両小判」が入っていました。



八坂神社です。




宗像三女神。
美の女神として祀られています。



弁天さまマニアとしては、ここまでを「弁天」カテゴリーに入れてしまっていいものか、迷うところです。
宝来文庫の基準は、神仏分離が完璧でなくて、イチキシマヒメと弁才天の両方の名で祀られている場合のみ、「セーフ!」(例:神戸生田神社、東京愛宕神社ほか)ということで……
八坂神社は守備範囲外と判定しました。



あと、細々と買ったおみやげ。
やはり、ありましたね。海洋堂のご当地ガチャ。
二回引いたら、清水寺と京都タワー、出ました。
あと、舞妓さん欲しい。



お香。
最近、執筆中によくお香をたいているので。



左の手ぬぐい、面白いでしょう?
新幹線で移動する舞妓さんたちの図柄、「おかえりやす」。京都駅限定です。




さて、遊んでばかりもいられません。
いよいよ明日は第1回文学フリマ京都です!



スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
549位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
15位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog