2017-04-16(Sun)

第3回文学フリマ金沢&金沢観光

かがやき!!
ぜひとも乗ってみたかった北陸新幹線です。



今回は、文学フリマ金沢出展にかこつけてやってきました。



はい、いつもの出品物です。
ウチとしては、看板小説「東京弁天」初の北陸頒布ですから、とにかく1冊でも好いから金沢に置いてもらおうと……
まあ、それくらいのつもりで参加しました。
いつもほど、鼻息も荒くないです。
それというのも、ここんとこ、仕事のストレスと体の不調もあり、軽いスランプに陥っていたのです。
だから、あまり気負うのも止めよう、と。

東京や京都、大阪に比べて、ブース数はかなり少ないです。
委託でない、有人スペースで80強くらい。
お客さんも12時~2時くらいにポツポツ入ってきたものの、後の時間帯は出展者同士でよそのブースでお買い物、という感じでした。
でも、良かったですよ。
まったりと同志の方々と会話も出来ましたし。
こういう文学フリマもアリかも、と素直にそう感じました。



よそさまの本のご紹介。
左2冊は赫玉幸子さんという方の著作です。
ことに左端は、ご本人の大学の卒業論文のリライトということで、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」をモチーフにした天国と地獄論。こういう本が買えるところが、このテのイベントの楽しさですね。



他に、こんなのも……
おとなりのブースのねこ書房さんとか、ブースの前で迷いつつ、お試しで買ってみた「586」さん、あと、初めて和歌の本なども買ってみました。



さて、観光パートです。
金沢といったら、兼六園ですね。



ちょうど桜の時期でもあり、お庭の池が花筏になっているあたりも趣深い。




はじめての兼六園でしたが、さすが日本三名園と云われるだけのことはありました。
今度は違う季節の時に来てみたいです。






個人的にもっとも刺激を受けたのは、この泉鏡花記念館です。
もちろん、有名な作品は読んでいましたし、好きな作家でもあるのですが、もう作品の完成度の高さだけで満足していて、ほとんどそのバイオグラフィーには関心をもっていませんでした。
母をはやくに亡くして、母の面影を追い続けていたことや、ウサギの置物収集家でもあったこと、そして何より、プライベートにおいてお釈迦様の母上、摩耶夫人を生涯の崇拝対象としていて、それも創作に強い影響があったであろうこと。
こんな天才作家と自分を重ねて云うなど、おこがましいにも程がありますが、弁才天を究極の理想、崇拝対象として創作する、そんな自分のスタイルもあっていいんだ、と強く勇気づけられた次第です。



単純ですが、記念館を出た途端に創作意欲がわきおこり、その日のうちに短い原稿も一本仕上げた次第。
今日の記念に、ミュージアムショップで鏡花の名作「草迷宮」の豪華本を買いました。挿画の山本タカトさんの直筆サインも入っており、嬉しかったので、最後のページの裏に、ミュージアムのスタンプまでおしてしまいます。



これはひがし茶屋街にある「志摩」ですね。
ここも良かったです。
古い建物に特有のギシギシ感を楽しみつつ、ゆったりと時間を過ごしました。






さて、今回は鏡花の本だけで充分、お土産物は満足していたのですけど、やはり金沢の郷土玩具も買って帰りたい。
有名な加賀八幡起上りの発祥は、安江八幡宮というところだそうで、ここの社務所まで赴き、一体お買い上げ。



実際にこの玩具を作っているのは、これまた有名な「中島めんや」という郷土玩具工房です。
縁起物の「もちつき兎」と「米食いねずみ」も買ってみました。



職場の環境もかわって、少し疲れていた身でしたが、回復に必要な以上のモノを手にできた旅でした。
金沢、また行きたいです。
それと、文フリでお嫁に行った私の本たちには、北陸の地で、縁の輪を広げていって欲しいなと切に願っています。
スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
774位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
21位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog