2017-07-22(Sat)

妖店通り商店街2017

いやあ、暑いですね。
7月22日の土曜日、今日は、谷中ミストの会として3回目となる妖店通り商店街への出展です。

1


今年も、この日に合わせて出しました「ミスコレ!2017」!
そろそろネタ切れかと噂されつつ、実際、編集会議でも「一回休もうか?」などの声も聞かれました。
そこを「いや、ダメです。継続は力なりです」と説得しての第4巻発行。
最初は、「無理やり作ってるから、質は落ちるだろーな」と危惧したのですが、いざ始まってみるとまだまだ出て来る、出て来る。メンバーの体験談はもちろんのこと、ゲスト参加希望の方も来てくれて、結果として、不思議話集としては今まででも屈指の出来に仕上がったのではないかと自負しております。



ところで、私、大和かたるが今回投稿したのは一本のみ。
「吉原弁天」というエピソードなのですが、要は、ひと気のない神社で、風もないのに風鈴が鳴ったというだけの話で、不思議話としてはとても弱いです。「そんなの気のせい」「じつは微かに風、吹いてたんだよ」と云われたらそれまでですから。
これについて打ち上げ時に話していたら、〈見える体質〉のあるメンバーが、「その話、前に聞いたとき、鳥肌が出たんですよ。今も、ほら」と浴衣の袖をめくる。彼女の腕には、私が「うわっ」て云うくらいびっしり鳥肌がたっていました。そして、彼女曰く「その話、ヤバイです。前に大和さんがミスト会で話した途端、部屋の窓の外に、首から上のない着物姿の女の子が立ちましたから」。
「え、そうだったの???」
「私、云いましたよ」
「うそ、憶えてない……」
その子の着物の柄は普通の子供が着るような物と違っていて、かむろ(遊女の世話係の子供)のようだったそうです。ただ、もしその子が鈴を鳴らした本人だとしても、あの時、鈴の音は、私に対して好意的だった印象でした。
ちなみに以前、そのメンバーが、私に寄り添っているのを見たという青い袖の女の子(通称、青袖ちゃん。詳しくは私の本「青い袖」を読んで下さい)と同一人物ではないのと訊くと、それは違うとのことでした。
ただの〈弱い〉体験談だと思っていた「吉原弁天」ですが、まあ、そんなガチ要素があったらしいです。
私自身は、この話に尾ひれをつけるつもりはないし、(彼女が弁天池の犠牲者だったとして)心から冥福と来世での幸福を祈るばかりです。私が「吉原弁天」を書いた動機も、あんな悲惨な事件の跡地なのに、そこで聞こえた鈴の音が、とても穏やかだったこと、そこに「救い」を求めたいからです。
これからミスコレ2017を手に取られる方々も、そういう気持ちでお読みいただければ幸いです。

2


当日、足を運んで下さった方々、有難うございました。
来年も出展予定ですので、よろしくお願いします。

11
3


暑い中、頑張ってくれた谷中ミストの会「青き三人娘」。
今度はちゃんとクーラー効いた部屋でミスト会やりましょうね。

4


あと、話題としては、各メンバーの家に眠っていたバックナンバーを持ち寄って店に並べたのですが、これら、見事に完売しました。幻の「ミスコレ!」第1巻の最後の5冊も無くなって、いま、在庫があるのは本部にある2016、2017のみです。



おまけ
「暑いのによくやるよ」
(お前もナ)
5


スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
10位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog