FC2ブログ

2017-11-23(Thu)

第25回文学フリマ東京

11.23 今年最後の出展イベント、第25回文学フリマ東京、無事終了しました。
(おいらも無事、10歳を迎えることが出来ました)


宝来文庫のブースへ来てくれた皆さん、ありがとうございました。
今回は新刊もなく、とくに派手な告知も打たなかった上、知り合いの多くが同日開催のコミティア参加……
そのおかげで、逆に気負わず、のんびりとイベントを楽しむことが出来ました。


今回、出品したのは以下の4冊。
まずは、うちの看板「東京弁天」に……


私的に、とても愛しい掌編、「青い袖」
青い袖縮小表紙

「東京弁天」のサイドストーリー「神社姫の涙」


それに、これが一応、一番新しい本。
谷中ミストの会編の「ミスコレ2017」です。



「東京弁天」以外にも、少数ながら他の本も嫁いでいけました。
ちょっと意外だったのは、他の複数のブースでも頒布しているため、どうしてもアピールが手薄になる「ミスコレ2017」を、あるブースの女性が買って下さいました。
後でお礼にご挨拶に伺うと、売り子をしつつ、あいまに「ミスコレ2017」を読んでいたら、私のパート、「吉原弁天」で泣いてしまって接客に困ったとのこと。
ああ……
いつも小説作品のことばかり考えているけど、こういう余芸で書いた小文でも、好意的な感想はいただけるのだな、と恐縮した次第です。


今回、私が買った本たち。
決め打ちというか、筆力に信頼を置いている方の新刊のみ3点ほど。


さて、次は来年1月の京都文フリです!
たっぷり時間をかけた最新刊「マヤ/ニセモノ乙女の夜」がいよいよ登場!!
新刊をいきなりアウェイで、というのも何なのですが、まあ、今回の東京文フリに間に合わなかったということで……

どうぞ、お楽しみに。




(おまけ1)

先日、弁天様参りをした江ノ島で・・・


こんなキャンドルイベントをやっていましたよ。
私にとっての江ノ島は、弁天さまの聖地という意味以外はないのですが、そこはやっぱり観光地。
この日も若いカップルや家族連れでいっぱいでした。



(おまけ2)

もうすぐ12月だよ。
早いねえ……

スポンサーサイト



プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 12歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
523位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
14位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

Powered by FC2 Blog