2014-01-30(Thu)

国宝 みうらじゅん いやげ物展


いってまいりました、「国宝みうらじゅん いやげ物展」。
01


みうらじゅん氏には、感謝しております。
宝来文庫が「東京弁天」シリーズを書き、それを普通に読んで下さる方がいる背景には、氏が「見仏記」でリラックス・スタイルの仏像ブームを巻き起こしてくれた影響が大きいと思うからです。
仏教的なものはあまりに日本人に土着しすぎていて、下手に書くと「不謹慎」だとか「バチあたり」とか云わてしまいますからね。
02


さて、まずは「いやげ物」に関する展示です。
説明書きから、内容、分かりますよね…
基本、宝来文庫も似たような趣味です。
03


有名な「甘えた坊主」シリーズに…
04


旅先で買った絵ハガキになぜか入っている「なんで、これが??」な「カスハガ」シリーズ。
05


土産物の定番(?)
コケシとか郷土人形っぽい、「フィギュ和」の世界。
みうら氏によると、このジャンル、絶滅危惧種種なのだそうです。
06


この真ん中の海女人形なんて、もう… コメント不能ですね。
07


海ぞいの観光地によくある貝細工、「プリ貝」シリーズ。
08


おおっ! これこれ!
宝来文庫も大好物の金ピカ置き物!!
みうら氏は「金プラ」と名づけているそうです。
09


ヘンな掛け軸「ヘンジク」シリーズ。
誰が部屋に飾るんだ? と書かれていましたが、普通に外人さんなんかが買って帰るのではないでしょうか?
10


もちろん、ゆるキャラもあります。
11


これは「ウシの世界」だそうで…
12


突如、えらくリアルな女性の人形が…
でも、よく見たら、これ、イケナイ人形ではありませんか??
こういう物を所持してると公然と言い放てるところ、やはりみうら氏です。
13


入場者プレゼントの「カスハガ」。
とくに下のは意味不明です。
14


あと、物販コーナーで売られていたグッズ。
15


3000円以上グッズを買ったら先着でもらえる3Dミニポスター。
うーん、これをどうしろと…
でも、こういう全く不用と思われる部分に光をあてる。みうら氏はすごいですよね。
16


さて、サイン会でサインしてもらいました。
でも…
なんでみうら氏の名前がこんなに小さくて、大和かたる(宝来文庫の筆名です)の名がこんなに大きく、レタリング調なんでしょう。
まるで、ウチのサイン色紙みたいじゃないですか。
見る限り、こういうの、自分のだけだった気が…
17


規模は小さいですが、とても面白い展示会でした。
みうら氏ご本人は、テレビとかで見るより、やわらかで、やさしいイメージだった気がします。

行ってよかった!!





いつもありがとうございます。
ブログランキングに参加中です。
ポチッと投票、よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


FC2ブログランキング
スポンサーサイト
プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
316位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
9位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog