fc2ブログ

2025-01-01(Wed)

はじめましてのお客さまへ

ここは、日本で唯一(?)の弁才天専門作家 大和かたるの広報ブログです。

宣伝用4


幻想的な関西弁のラブ・コメディ「マイ フェイバリット シングス」!
螳梧・繝・・繧ソ_RGB_convert_20190210183743
(イラスト:棚橋 東土)


大和かたるの代表作「東京弁天」!
中学生にして大和女神。東京は墨田区にお住まいの弁才天アヤメさまの日常を描く純国産ファンタジー。第1期全4話収録の愛蔵版!
(残部僅少、お早めに)

(イラスト:嵐山晶)



(過去の出展)
2018年1月21日(日)第2回文学フリマ京都(終了)
2018年2月11日(日祝)COMITIA123(終了)
2018年6月17日(日)第3回文学フリマ岩手(終了) 
2018年8月19日(日)COMITIA125(終了)
2018年11月25日(日)第27回文学フリマ東京(終了)
2019年1月20日(日)第3回文学フリマ京都(終了)
2019年2月17日(日)COMITIA127(終了) 
2019年5月6日(月)第28回文学フリマ東京(終了)
2019年11月24日(日)第29回文学フリマ東京(終了)


【宝来文庫の本 好評頒布中!】
「アマノハシダテ(上)」
「マイ フェイバリット シングス」
「東京弁天 ウミネコの涙」 
「東京弁天」
「マヤ/ニセモノ乙女の夜」
「神社姫の涙」
「真琴さんの引っ越し」
「青い袖」

みんなの不思議体験集(谷中ミストの会レーベル)
「ミスコレ! 2018」
スポンサーサイト



2024-01-03(Wed)

池上七福神めぐり

明けましておめでとうございます。

去年はブログ、一度も更新できませんでした。
宝来を失ったダメージが想像以上に重く、結果として一年間、喪に服していたような感じ、です……

ただ、いつまでもこうしている訳にはいきませんので、またブログ更新もしていきたいと思っています。


さて、恒例の七福神巡り、今年は「池上七福神」です。
最初に500円で色紙を買って、あとはまわった先のお寺で自らスタンプを押す形式です。
七福神人形を集めたりする趣向はありませんが、各お寺でお札をもらえます。


(自分で押すタイプの色紙)


このコースでの弁天さまは厳定院さんに鎮座しておられます。
ここでは、美しい切り絵の御朱印が授与されていました。





恵比寿さまの養源寺では獅子舞を、七福神コースではありませんが、池上本門寺では可愛い猿回しを見物することが出来ました。
舞台のあと、獅子舞に頭をカプッと噛んでもらいました。



池上本門寺の猿芸!
お猿さんが長い棒をブンブンふり回した後、それを竹馬にして乗る芸は孫悟空みたいでメッチャ恰好よかったです。
おひねり渡したら、お猿の手形カードもらえました。







今年一年がよい年になりますように!
私にとっても、皆さんにとっても!

2023-01-19(Thu)

宝来、旅立ちました。

本当に急でした。
お正月、毎年恒例の新年記事をアップしたばっかり
だったのに、年明けとともにどんどん元気がなくなり、
お医者さんにも診てもらいましたが、
結局、1月18日朝の5時30分。
宝来は帰らぬ猫となりました。

享年15歳
あまりに急な死に、まだ自分が夢をみているようです。

(生前最後の宝来の写真です。)


宝来は私の全てと言っていいほどの猫でした。
だから、今後も「宝来文庫」の看板は降ろしません。


2023-01-02(Mon)

羽田七福いなりめぐり

あけまして おめでとうございます

毎年恒例の七福神巡り。
今年は羽田七福稲荷めぐりのコースをまわりました。


ただし、ここ、七福神めぐりではないんですよ。
大黒様、恵比寿さまなど巡るのではなく、その名のとおり、お稲荷さんの神社ばかりを7つまわるのです。

「そういう趣向も面白いかな」と思ってたら、巡礼先が8つある。
「あれ?」
よく見ると、7つのお稲荷さん神社にまじって、『別格 玉川弁財天』とあるではないですか。
ええ、なんで弁天さまだけ…… とは思いましたが、とりあえず、行ってきましたよ。

ここが、唯一の神社でない巡礼先、玉川弁財天(お寺)です。


中には結構大きくてキリッとしたお顔の弁天さまがおられましたよ。


お寺を出て、堤防をあがると富士山が見えました。
日本人って、富士山見えるととりあえずテンション上がっちゃいます。


ところで、お稲荷さんツアーの中に、ひとつだけ弁天さまが入ってた理由ですけど……

昔、このあたりが海だったころ、要島っていう小さな島があって、本当は玉川弁天も、このツアーの発揮人である穴守稲荷神社もそこにあったらしいのです。玉川弁天の常夜灯は船乗りの運行の目印でしたし、きっと弁天さまと穴守稲荷は協力して羽田の海の安全を見守り続けていたのでしょうね。
ところがだんだん島は陸地に取り込まれ、そこに空港が出来て、戦後はGHQにより一帯を摂取され、弁天さまもお稲荷さんも要島(だった場所)を追い出されてしまいました。
で、それぞれ、今の場所にうつったと。

離れた今も、巡礼コースとしてつながっているんですね。


最後の穴守稲荷では巡礼完遂の記念にいろんな協賛品グッズを袋詰めでもらえました。



「クロネコヤマトのミニカーとANAの飛行機。いいでしょ~」


2022-11-23(Wed)

祝!15回目の家族記念日


おいらの15年間を振り返ります。


拾われたばかりの子猫時代。
手のひらサイズの爆睡
koneko2

呆けてます。
koneko3

なんか見てます。
kakurenbo2


これは、ブログ開設の2011年ころ。
kangaeru

若いっす。
nani

若いっす。
nekogami


これ以降は、大和たちのコレクション趣味に付き合わされることが多くなりました。
2012年1月「レディリカ×宝来」
24012511


2013年7月「メロン熊×宝来」
25071812


2014年3月「ぼのぼの×宝来」
07


2015年8月「はとバス×宝来」



2016年7月「鯛車×宝来」



2017年8月「おもちゃ×宝来」



2018年はなぜかコラボなしでした。



2019年7月「パンダコパンダ×宝来」



2020年10月「ダースベーダーマスク×宝来」



2021年6月「しばわんこ×宝来」




そして今日、11月23日
おいら、15歳の記念日を迎えました。



最近は以前にも増して寝てることが多いのですが、まだまだ元気です。
これからもよろしくお願いします。

プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 15歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
463位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
10位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文: