2019-01-01(Tue)

はじめましてのお客さまへ

ここは、日本で唯一(?)の弁才天専門作家 大和かたるの広報ブログです。

宣伝用4


大和かたる最新作。港町神戸を舞台に、人間よりも美術品に近い少女マヤがいざなう幻想の一夜
大和かたる処女作とその書き下ろし続編をカップリングにした愛蔵版!
繝槭Ζ・亥ョ」莨晉畑・雲convert_20180105224139


宝来文庫の代表作「東京弁天」!
大和かたるの代表作。女子中学生にして大和女神。東京は墨田区にお住まいの弁才天アヤメさまの日常を描く弩級の純国産ファンタジー

(イラスト:嵐山晶)



【出展情報】
2018年1月21日(日)第2回文学フリマ京都(終了)
2018年2月11日(日祝)COMITIA123(終了)
2018年6月17日(日)第3回文学フリマ岩手(終了) 



【宝来文庫の本 好評頒布中!】
(通販も対応しております。本ブログの「お問合わせメール」から、希望する本のタイトル、あなたのお名前、発送先住所を記入の上、ご注文下さい)

「マヤ/ニセモノ乙女の夜」(700円)
「東京弁天」(900円)
「神社姫の涙」(300円)
「真琴さんの引っ越し」(300円)
「青い袖」(300円)

みんなの不思議体験集(谷中ミストの会レーベル)
「ミスコレ! 2017」(300円)

通販には本代に別途送料がかかります。また、ご入金はゆうちょ銀行となりますのでご了承下さい。
スポンサーサイト

2018-06-30(Sat)

八戸ブックセンターに「東京弁天」を置いていただきました!

八戸市(はちのへし)は青森県で第2の都市です。
ここに「八戸ブックセンター」という本屋さんがあるのをご存じでしょうか?




八戸ブックセンターは、とても珍しい市営の本屋さんです。
平成28年12月4日にオープン。まだまだ新しい施設ですが、そもそも、なぜお役所が本屋さん経営に乗り出したのでしょうか?




それは現市長が「本のまち八戸」を選挙公約に掲げていたことに関係します。「読む人を増やす」、「書く人も増やす」、そして「町を本で盛り上げる」をスローガンに、本好きのたまり場的オアシスをこしらえてしまったのです。
店内の本は図書館チックに読むことが出来、また併設のカフェではドリンク(アルコールを含む)も買えます。




いわゆる売れ筋のコミックやラノベを置いていないのは、周辺の書店への民業圧迫を避けるためでしょう。でも、それ以上に「売れ筋ではない良著」をセレクトして置くのが「八戸ブックセンター」の基本コンセプトです。




普段はアマゾンに頼るしかなさそうな本も、こちらでなら発見できるかもしれませんね。




で、こんな紹介の仕方をしておいて書くのはおこがましいというか…… 面の皮が厚いのですが…… 
拙著「東京弁天」も置いていただけることになりました。
すみっこに、ひっそりと並んでいますので、ぜひ探してみて下さい。

「東京弁天」は、信仰が薄れて神仏が地上に降りてこなくなった現代、ひょんなことから降臨してしまった平成の少女弁天、アヤメさまの奮闘を描くファンタジーです。
日本人が古来から親しんできた七福神の紅一点を再びスターダムに。
老若男女を問わず楽しんでいただけると自負しております。




これに合わせてという訳ではありませんが、現在、「東京弁天」の続編「東京弁天2 ウミネコの島(仮)」も執筆中です。
物語の舞台は関東を離れ、ついに東北青森へ。
来春の刊行に向けて、まずは1作目をどうぞ、ということで……
閲覧用の蔵書、どうぞ、ボロボロになるまで回し読みして下さい。

宣伝用縮小



2018-06-23(Sat)

蕪島のウミネコのヒナはすくすくと……


5月の5日以降、ばたばたしていて蕪島にお参りできていませんでした。
文フリ岩手も無事終わったことですし、今日は朝からご挨拶に行ってきました。
前参拝したときは蕪島のウミネコ、卵を温め中でしたが、今はどうなっているのでしょうか?




おっと、子育て中になっています!
ここは育児の邪魔にならないよう、いつもより気をつけてウミネコ見学しなければいけませんね。




でかっ!
ヒヨコみたいなのを期待していたら、もうずいぶんと大きくなっています。
親より一回り小さい程度。
そりゃそうですよね、来月になったら「突き放し」も始まるのでしょうから……




でも、今はお母さんにびったり寄り添っています。
誰かに守ってもらえる、本当に幸せな時期ですよね。
大人になってしまった身には、こういう絵さえもじんわりときてしまいます。




お母さん、我が子に魔の手がのびてこないか、絶えず警戒しております。




だいたいこんな感じで、各ヒナの後ろには母親(父親?)が控えていました。




一方でこれは若鳥でしょうか?
ウミネコは3歳くらいから繁殖を始めるそうなので、まだ家族を持っていないと思しきこのコは、セイヨウ・タンポポの側で家族の団欒を見学中です。




「はやく嫁欲しー!」
とか云っているのでしょうか?



ここは本当に好いですね。
ウミネコを見に来た人たちも、ヒナがよたよた通路を歩いていたら、完全に渡りきるまで立ち止まってあげている。
道理で人間を怖がらない訳です。


今月の御朱印は可愛いヒナのイラスト入りです。
春に蕪島に咲く、菜の花(蕪の花)の押し花をあしらったしおりももらえました。





2018-06-02(Sat)

土曜の朝は、ツーリング

体をなまらせないよう、休みの日には愛車「弁天丸」でツーリングに出かけることにしています。




今朝もひとっ走り行ってきました。
ようやくこちらでも暖かくなってきて、晴れていれば気温が22度とかいきます。




無心で自転車をこぐのは気持ちがいいものです。




延々と続く田園風景……




額に汗が滲んできます。




おや、こんなところにいきなりインド料理屋だ!
当然、入ってみます。
ランチバイキングあるそうなので、それにしました。
店主はやっぱり、かの国のかたです。
ナマステ~




カレー3種バイキング。
でも、このカレー、保温してないから完全に常温なのが残念! (味はイケます)
それに付け合わせになぜかギョウザ!
店主も「ギョ~ザ~」と云ってましたが、食べてみたら、これ、モモですね。モモをギョウザっぽく焼いてるんですよ。中のあん、カレー味でしたし。
美味しい!
ついつい、ご飯とこの「ギョ~ザ~」をバクバク食べて「おかわり!」




さらに出てきた突き出しっぽい皿。
ピザにカラアゲに春巻きだあ!
(どこがインドやねん)
カラアゲはカラアゲってより、チキンパコダですね。
これも美味しいのでバクバクいきます。



いやあ、面白いお店でした。
また通りかかったら、ぜひ入ろう。

今日の一言
「人生は、旅ですね」




(おまけ)
蕪島で発見。
弁天さまの頭の上で休むバチあたりなウミネコ




2018-05-05(Sat)

5月 蕪島のウミネコは卵あっため中

GW中、東京に帰っておりました。
その間、拙著「東京弁天」の新作「東京弁天2 ウミネコの島」執筆に必要なロケハン(東京パート)を済ませ、資料写真もいっぱい撮ったところで青森に戻り、今度は青森パートのロケハンにかかりはじめます(小説作品にもロケハンは絶対必要なのですよ)。
6月に岩手で開催される文学フリマでは「東京弁天」のみ出品しますが、来年には、この「ウミネコの島」もお披露目できればいいな、ともくろみつつ……

はい、JR八戸線「鮫駅」です。
GWの間に、ウミネコさんたちの暮らしぶりに変化はあったでしょうか。
ワクワクしながら海沿いの道を歩きます。



蕪島神社です。
草木の部分が黄色くなっているのは菜の花です。
海、神社、ウミネコ、菜の花。
なんと絵になるロケーションでしょう。



例のごとく、大量のウミネコが公園を陣取っていますね。



おや、よくみると巣をつくっていて、お母さんウミネコが卵を抱いています。
島のいたるところでこういう姿が見られました。



中には卵を置いておでかけ中の個体もいたりする……
どちらにしろ、ここのウミネコは人間を全く敵とは思っていないので、人が歩いているすぐ脇で、平然と卵を温めていました。



さて、今回の目的のひとつは、ウミネコが飛ぶときの飛翔感を心にスケッチしておくことでした。
港の遊覧船が出ていましたので、それに乗ります。
船の航海中、ずっとウミネコたちがついてくるというので……
きっと、愛らしい景色が見られることでしょう。



出航です。
おお、いきなり船に群がってきました。



え、うそ……
たくさんのウミネコがびったり船に寄り添います。
寄り添うといえばアレですけど、実際は船客が投げるかっぱえびせんを狙った襲撃に近いです。
まるでジュラシックパークのプテラノドン!
奈良の鹿など、これに比べれば可愛いものです。



それと、船客とウミネコの距離感、すごいです。
もう顔の前30センチ以内のところにフーワ、フーワ、シュバー! とウミネコが乱舞し、船から出した手に羽がパシパシあたります。



大スペクタクルな体験でした。
映画やVRで鳥の浮遊感を体験しなくても、これで十分すぎます!
っていうか、もう一生分のウミネコ見てしまった感じ……


大興奮のウミネコ遊覧船でした。



(おまけ)

神社をお参り中、気づいたらカバンに糞をひっかけられていました。
社務所に持っていくと、「1年間、よい運がつきますよ」と会運証明書がもらえます。
これはレアな弁天さまグッズ!



神社近くのマリエントという水産資料館っぽい建物の売店に、めちゃ可愛いコロッコロのウミネコ、発見。
さっそく確保してレジに持っていき、「これ、どなたの作品ですか?」と訊いたら、「よく分かりません」とのこと。

(2018.5.6追記)
本当に偶然なのですが、翌日、このウミネコの作者さんが新幹線駅のコンコースで「うみねこロード物産展」に出展されているのを発見!
青森県八戸市で活躍されている小向詩子さんという羊毛フェルト作家さんでした。
小向さんのブログはコチラ




前回、載せていなかったので……
蕪島神社では、毎月、花の柄の違う御朱印がもらえます。
5月は菜の花でした。


来月行ったら、ヒナが生まれているかな??

プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 10歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
536位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
12位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文: