2018-01-06(Sat)

せるふ聖地巡礼

あけましておめでとうございます!
2018年も宝来文庫をよろしくお願いします!



というワケで、今回は宝来文庫の大和かたる最新作をご紹介します。
「マヤ/ニセモノ乙女の夜」
私が大和かたる名義で書いた初めての作品「マヤ」(初版は廃版)に、書き下ろしの続編「ニセモノ乙女の夜」をカップリングした愛蔵家版。表紙絵は「東京弁天」と同じ嵐山晶さん。
1月21日の文学フリマ京都から頒布を開始します。
繝槭Ζ・亥ョ」莨晉畑・雲convert_20180105224139

さて、話はさかのぼって去年の12月22日・23日。
「マヤ……」の初稿を完成させた私は、神戸に向かいました。
目的は「せるふ聖地巡礼」。
最近は、アニメの舞台となった場所等を巡り歩くことを「聖地巡礼」と云うらしいですが、今回は作者自身が自作の舞台を歩くという…… つまり、<せるふ聖地巡礼>……
まあ、ただの自己満足であり、作品完成後のリハビリだと思って下さい。


「マヤ」は、神戸を舞台にした、人間より美術品に近い少女マヤの物語。
まず、彼女が住んでいる洋館ですが、これは展望塔の家という異人館がモデルです。
北野では、もっとも高い位置に建つ洋館ですね。
以前は一般公開されていましたが、阪神淡路大震災で被災して以来、修復されることもなく、そのままの状態になっています。
2504295

続編「ニセモノ乙女の夜」の冒頭で、マヤが「赤い砂時計に行きたい」と云うタワー、これは皆さんご存知、神戸のランドマーク、ポートタワーです。
この写真は、元町商店街から撮影したもの。
タワーの内部は、あまり昔と変わっていません。
レトロスポットと云って好いと思います。



続編「ニセモノ……」のクライマックスシーンは、神戸港が舞台です。
ネタバレになるから書きませんが、「おいおい……」という展開になってます。




さて、ときどきマヤについて、「ガラスの仮面から名前とったの?」 と訊かれるのですが、違います。
本シリーズのキーアートと云いますか、全体のイメージ風景は「神戸の夜景」。
そして、神戸夜景と云えば、掬星台(摩耶山)ですよね。
そう、マヤの名前は摩耶山からとりました。

マヤ・シリーズに着手以来、はじめてケーブルカーとロープウェイを乗り継ぎ、摩耶山をのぼってみました。




ちなみに、摩耶山は、なぜ「マヤサン」と云うかご存知ですか?
山の上にお寺があり、そこにお釈迦さまのお母さん、摩耶夫人を祀っているからです。
それも考慮すると、マヤの名前の本当の由来は、お釈迦さまのお母さんだと云えるかも……
余談ですが、尊敬する幻想作家、泉鏡花は、書斎に摩耶夫人を祀っていました。
10歳で母を亡くした鏡花にとって、摩耶夫人は崇拝対象であると同時に母性そのものであったようです。
「マヤ」シリーズも母性にかかわる物語ですから、ヒロイン名を<摩耶>にしたことは、間違いではなかったと思っています。

さあ、摩耶山の天上寺にやってきました。
ちょうど夕刻、陽が沈みはじめる時間帯です。
境内が美しいオレンジに染まっています。



お庭からの眺め。
さすが、天空の寺ですね。
空気が街とは違っていて、異世界に行ったみたいでした。



最後に、日本3大夜景スポットのひとつ、掬星台からの景色。
この景色こそが、「マヤ/ニセモノ乙女の夜」の原風景です。



宝来文庫をはじめて、かれこれ7年目に入りました。
原点になった処女作「マヤ」と、その続編。看板メニューの「東京弁天」とはテイストは異なりますが、根っこにあるものは同じです。そのことを明確にするため、「ニセモノ乙女の夜」には、私を構成するいろいろなモノを登場させました(ひよっとしたら、ごった煮すぎるという感想もあるかもしれません)。

でも自分では、とても大切に思える一冊に仕上がったと自負しています。



(おまけ1)

神戸に来ても弁天さま参りは欠かせません。
今回は2か所。
四宮神社と……
あ


兵庫の厳島神社に参拝してきました。
い

後者の鳥居は、安芸の宮島と同じような造りでした。
神職の方は昔、東京におられたらしく、関東の弁天さまで埋め尽くされた私の御朱印帳をご覧になって、とくに崇敬神社である江島杉山神社を「懐かしい」とおっしゃっていたのが印象深かったです。


(おまけ2)
ドムドムバーガー、ご存知ですか?
マイナーですが、じつは日本で最初のハンバーガーショップです。
たいがいダイエーのフードコート的なとこにあったりしたので、子供のころ、母親が買い物している間にハンバーガーを買ってもらって、もしゃもしゃ食べていました。
だから、私のハンバーガー原体験は、マクドナルドではなく、ドムドムバーガーです。

ところが、このドムドム、今は絶滅危惧種ショップなのだそうです。
神戸には一軒だけ残っているというので、食べにいきました。
う


ああ、もう! 懐かしいなあ!
想い出のモノって、知らない間に身の回りから消えていってるんですね。
東京にも3店舗ほど残っているみたいです。
今度、行ってみようっと。
え




(おまけ3)
宝来ではありません。
実家の猫、ドヨンです。
柄は似てますが、かなりガタイがよくて、たぶん、宝来は秒殺されます。





(おまけ4)
パンダのシャンシャンの観覧券、ちっとも当たりませんね。
せっかく神戸に来たのだからと、パンダも見てきましたよ。

上野と南紀白浜は有名だけど、神戸にもパンダがいるって、案外知られていません。
でも、ちゃんと王子動物園にいるのです。



王子駅のパンダ・アピール、すごい。




とりあえず、フラミンゴがあまりに綺麗なのに感動



おおっ!
パンダのタンタン!
でも、寝てます。



国内でパンダとコアラが同時に見られるのは、ここ王子動物園だけ。
今度はコアラですが、こいつも寝てます。



行った時間が悪かったのか、皆さん、かなりの確率でお休み中でした。
そんな中、やたら元気だったのが、このレッサーパンダ。
けっこう悪い顔してます。
絶対、何か企んでいるでしょう。



そんなこんなで<せるふ聖地巡礼>、終わりました。
改めて思ったのは、とくに私みたいな作品数の少ない物書きにとって、ひとつひとつの小説は、自分という人間のちっぽけな歴史そのものなんだな、と。
考えていること、好きなもの、憧れなどが、恥ずかしげもなくギッシリ詰まってる。
だから執筆完了後、その舞台となる地を歩くことで、ようやく作品世界と現実に橋がかかるというか……

そして、それをしないと日常に戻ってこられないような気さえするのです。

2018-01-03(Wed)

小石川七福神(2018)

今年は、最新刊「マヤ/ニセモノ乙女の夜」完成記念の感謝をこめて、正月の3が日に弁天さまを6か所まわりました。
以下、そのメモです。

1月1日
私の弁天好きの発端である七福神めぐり。
とうとう、16年目になりました。
今年は、文京区の小石川七福神です。

ここの特長はですね。
まわるお寺が8か所あって、ウチ2つが弁天さまだということです。
しかも、男弁天さまと女弁天さま。
どんな御姿かとワクワクドキドキでしたが、両方とも、いわゆる宇賀神さま。つまり人頭蛇身の御姿でした。
それより、この七福神、ロケーションがすごくて、女弁天さまはマンションの敷地内に鎮座されておりました。



さらに驚いたのは、最後の8つめの福禄寿さま。
いったい、どこにあるかというと……



東京ドームのアトラクションエリアです。
しかも、思い切りアトラクションに挟まれています。



当日、ジャニーズ系(?)のアイドルのライブでもあったのか、若い女性が大挙して押しかけている中、ポツーンと佇む福禄寿さまがちょっと、なんか、気の毒でした。



色紙の一番左上、お寺の名ではなく、「東京ドーム」と書かれていて、御朱印は自分でスタンプを押すという初めての仕様。
なかなか記憶に残る七福神めぐりでした。



七福神めぐりの後は、崇敬神社である江島杉山神社の弁天さまにお参り。
去年一年、とてもたくさんの御利益をいただいたのでお礼に……

その後は、毎年恒例、愛宕神社の弁天さまにご挨拶。



参拝した方ならご存知の、愛宕神社のあの強烈な男坂のフローティング・ボールペンを発見。
男坂を上下するのは、戌年に因んでか、狛犬さんです。



最後に、六本木ヒルズは森美術館で、レアンドロ・エルリッヒの展示観てきましたよ。



最初のこのボートの展示。ド迫力で、インパクトが強い。オススメ。見るべし、です。



わりと建築よりの面白く、遊び心に溢れた展示が満載。
創作の上でも、大変刺激になりました。




1月2日
正月2日目。
上野に映画を観にいった際、摩利支天さまのお寺に通りかかりました。
弁天さまオンリーの私ですが、何故かフラフラと引き寄せられるように参拝。
お姿までいただいて来てしまいます。
ちなみに、摩利支天さまは勝利の女神です。



御姿を授与してもらった後、お守りがもらえました。
あら、ビックリ!
このお守り、パンダのシャンシャンお披露目記念お守りだそうです。
何かと人気のシャンシャングッズですが、さすがにお守りは、思わぬ伏兵。ノーチェックでした。




1月3日
今年の七福神めぐりの弁天さまが宇賀神さま型だったので、どうしても天女形の方にお会いしたくて、やってきました、東京大仏。
ここの弁天さま、とてもラブリーです。



橋もかかっていない池に浮かぶお厨子。
太陽でお厨子が金色に輝き、神々しい。
写真では分かりませんが、この中の弁天さま、日本昔話に出て来る少女とか、キミドールみたく目がちょっと吊り目の一本線。なんかお人形みたいで愛らしいことこの上ない。
池が邪魔して近寄れないトコも、シャイでいいですね。



参拝後、大仏そばで昼食。天ざるを食べたのですけど、2018年のカレンダーもらっちゃいました。



なんと七福神カレンダー!
どんだけ私得なのか!



中国風の弁天さまものってます。



せっかく板橋まで来たのですから、もう一か所行ってみましょう!
真言宗のお寺、安養院さんです。
正月7日間、木彫りの弁天さまがご開帳されてます。



中に入ってビックリ。
昨日、参拝した摩利支天さまの石碑がありました。
ここはそもそも摩利支天さまをお祀りするために開山されたお寺みたいです。
摩利支天さまを祀るお寺ってあまりありませんから、驚いてしまいました。
奇縁……



弁天さまを祀る弁天堂。
これで正月3が日の間に、6か所の弁天さまを参拝したことになりました。



2017-11-23(Thu)

第25回文学フリマ東京

11.23 今年最後の出展イベント、第25回文学フリマ東京、無事終了しました。
(おいらも無事、10歳を迎えることが出来ました)


宝来文庫のブースへ来てくれた皆さん、ありがとうございました。
今回は新刊もなく、とくに派手な告知も打たなかった上、知り合いの多くが同日開催のコミティア参加……
そのおかげで、逆に気負わず、のんびりとイベントを楽しむことが出来ました。


今回、出品したのは以下の4冊。
まずは、うちの看板「東京弁天」に……


私的に、とても愛しい掌編、「青い袖」
青い袖縮小表紙

「東京弁天」のサイドストーリー「神社姫の涙」


それに、これが一応、一番新しい本。
谷中ミストの会編の「ミスコレ2017」です。



「東京弁天」以外にも、少数ながら他の本も嫁いでいけました。
ちょっと意外だったのは、他の複数のブースでも頒布しているため、どうしてもアピールが手薄になる「ミスコレ2017」を、あるブースの女性が買って下さいました。
後でお礼にご挨拶に伺うと、売り子をしつつ、あいまに「ミスコレ2017」を読んでいたら、私のパート、「吉原弁天」で泣いてしまって接客に困ったとのこと。
ああ……
いつも小説作品のことばかり考えているけど、こういう余芸で書いた小文でも、好意的な感想はいただけるのだな、と恐縮した次第です。


今回、私が買った本たち。
決め打ちというか、筆力に信頼を置いている方の新刊のみ3点ほど。


さて、次は来年1月の京都文フリです!
たっぷり時間をかけた最新刊「マヤ/ニセモノ乙女の夜」がいよいよ登場!!
新刊をいきなりアウェイで、というのも何なのですが、まあ、今回の東京文フリに間に合わなかったということで……

どうぞ、お楽しみに。




(おまけ1)

先日、弁天様参りをした江ノ島で・・・


こんなキャンドルイベントをやっていましたよ。
私にとっての江ノ島は、弁天さまの聖地という意味以外はないのですが、そこはやっぱり観光地。
この日も若いカップルや家族連れでいっぱいでした。



(おまけ2)

もうすぐ12月だよ。
早いねえ……

2017-11-19(Sun)

11月23日は何の日?

みなさん、お久しぶりです。
突然ですが、11月23日は何の日でしょう?


正解は、おいらの10歳の誕生日!

でもこの日、第25回東京文フリの日なんだよね~
だから、おいらは家でお留守番……

いつものことですが、当日、宝来文庫は東京流通センターに出没しております。
ブースナンバーは「イー57」なので、お時間のある方はぜひ行ってやって下さい。



(第25回文学フリマ東京)
2017年11月23日(木祝)
開催時間 11:00~17:00予定
会場 東京流通センター 第二展示場
アクセス 東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分



(おまけ)

はーぴばーすでーとうーみー……


2017-08-26(Sat)

NEKOISM2017

8月26日、宝来文庫は元麻布ギャラリーに向かいました。
ここで開催された「NEKOISM2017」を鑑賞するためです。
猫好きの、猫好きによる、猫好きのための展示会。
アートとしての楽しみ以上に、猫ファンのツボを心得た作品群で楽しませてくれます。
今年も、ブログ仲間のNEccoSunさん(「猫さんと絵と私と」の管理人さま)が作品を出品しておられます。



こちらがNEccoSunさん作「虹の橋の向こうには」。
童画のようなタッチで、猫の天国の様子が描かれています。
ふんわり柔らかな筆致のなかに、実際に動物と暮らす作者の願いや祈りがこめられており、動物好きには共感できる内容。以前に描かれていたものの続編的作品です。



小口淳子さん作「奪衣婆猫」
三途の川で死者の衣服をはぎ取り、その重さで罪の重さを測る奪衣婆がモチーフなのは面白いですね。
十王といっても通じる迫力のある作品。


maman ga buさん作(ブログ「ママの羊毛フェルト」の管理人さま)「リアル茶トラくん」
今回、会場で初めてお会いした方ですが、いろいろとフェルト細工の苦労談など聞かせてもらいました。
フェルト作品って、他の毛糸系アートに比べて仕上がりがリアルですよね。



他にも、いろんな猫作品が展示されていました。
どの作品も、猫愛に溢れまくっていて楽しかったですよ。
また来年も観に行きたいものです。




展示会鑑賞後はブログ仲間の、きらちろママさん、NEccoSunさんと一緒に新宿へ。後から合流したブログ「キャンプ猫GAVI」のGaviちゃんのおねえさん、ぱんとらさんとは初めてお会いしましたが、とても楽しい飲み会でした。



(おまけ)
きらちろママさんから、またたびボールを頂きました。

「これは、またたび団子だよな……」


「それでは、カプっとな!」


「マジ、うんめぇ~!」

きらちろママさん、ありがとうございました!

プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 10歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
497位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
10位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog