2018-02-09(Fri)

天河大弁財天社にお参りする

さて、1月の京都文フリの記事の後半で、少し天河大弁財天社について触れました。
その後も、気になって仕方がないので、とうとう本当にお参りすることにしました。


天河大弁財天社は、奈良県吉野郡天川村にある弁天さまの神社です。
いわゆる日本五弁天(竹生島、厳島、江ノ島、天川、金華山)の中でも、そのミステリアスさは他に比べてダントツ。
有名な伝説、「呼ばれないと行けない。行きたくとも辿り着けない」は、ここが非常に行き難い場所にあり、参拝にもそれなりの覚悟を伴うことから生まれたのでしょう。
ちょっとネットで検索すれば、体調が急に悪くなった、仕事が入った等で天川行を断念した人の話はいくらでも出てきます。
弁天作家を標ぼうする私にとっても天川は遠く、また半端な気持ちではバチが当たりそうなイメージもあって、その参拝も「いつか、そのうち……」と考えておりました。

ところが1月19日のこと。京都文フリを前に荷造りをしていた私は、ふいに「天川に、行こう」と思い立ちました。
いつも文フリ京都の時は、一日前から関西入りして初日は京都観光、二日目に文フリというスケジュールをたてているので、どうせなら、一日目をそのまま天川ツアーに充てれば良いと考えたのです。
ただ、京都のホテルは予約をとったあと……
「ま、今回はいいか」と諦めることにしました。
しかし、翌1月20日、文フリ京都の記事で書いたようなことがあって、やっぱり行かなきゃ、といてもたってもいられなくなったのです。

前置きが非常にながくなりました。
以下、旅の記録です。


天川のバス停です。
かなり、かなり、覚悟して行ったのですが、途中、何か障害があった訳でもなく、すんなりと天川村に入ることができました。
おまけにとても良いお天気。



天河大弁財天社です。
おお、これが伝説の……と感無量。





有名なジェット水流の手水舎ですが、なぜか水流、弱くなっていました。



池が凍っております。中から水が湧いているところだけ、氷がはっていないのが面白いですね。



この神社を訪れた人は、一年以内に人生の転機を迎えると云われています。
その他、拝殿に入ったら涙が止まらなくなったとか、UFOがよく目撃されるとか、とにかくパワースポットとして強烈であると、ネットでもスピリチュアル、オカルトな話題が満載ですが、私はそのへんはどうでも好くて、ただただ、弁天さまを祀る場所としては最古参のひとつに数えられる天川に直に足を踏み入れ、最初期の弁天さまの息吹を感じたかったのです。



その目的は遂げることが出来ました。
関西圏(とくに古都)の弁天さま特有の、厳かな国家鎮護的なイメージはここでも濃厚です。
江戸の庶民的な弁天さまとは違う印象。
やはり七福神以前と以降で、弁天さまは性格を変えてしまわれたようです。



空が青いです。
都会暮らしにとっては、異世界のような静けさ、空気の匂い、そして水の美味しさ。
冬の閑散期というのもあるのでしょうが、お祭りや花の季節から外れていたことが、かえって私には良かったような気がします。



向かいのお寺の境内にある、樹齢700年以上のイチョウ。
写真では分りにくいでしょうが、目前にすると、びっくりするぐらい大きいです。
弘法大師・空海の手植えと伝えられているとか。



お参りの後、近くの温泉施設に行きました。



露天風呂、良かったですよ~
女神を祀る山を見つめながら、自然に身を委ねる感覚。
最高でした。



風呂上りに地元産のサイダー。
この村の水、本当に美味いです。
水の女神の恵みとして、これだけでも来た甲斐があるというもの。



天河弁財天社の神宝五十鈴。
江ノ島、厳島に続いて、五弁天3つめの授与品ゲットです。



2018-02-03(Sat)

シャンシャンに会いに上野へ

去年の6月12日の誕生以来、パンダのシャンシャンの話題が絶えることはありません。
シャンシャン、大人気です。

ブームに乗っかるミーハー魂と云えばそれまでですが、私もシャンシャンが見たくて見たくてたまらず、12月19日からの観覧券の抽選に何度も応募しました。
でも、ぜんぶハズレ……

仕方がないので、せめて「お父っつあん」だけでも見ようと、年も明けた2018年1月7日、上野動物園に向かいました。


お父っつあんです。
両手に竹を持ち、のんきにメシ食ってました。



売店はパンダ一色。
その中でも、ひときわ異彩を放っていたのが、この「ほんとの大きさ パンダの仔」。
大きさと重さが、当時のシャンシャンと全く同じというのが売りで、手触りも好い。
見た目のインパクトもただごとではありません。



つい、買ってしまいました。
これだけ見たら、パンダだと分かりませんね。


さて、これで自分のパンダ欲に決着をつけたつもりだったのですが……
1月31日、我が家に一通の封書が来ました。
抽選観覧券の応募にやっきになっていた頃、郵便局が「シャンシャンに初めての年賀状を送ろう」というイベントをやっていたのです。それに、大の大人が子供みたく、シャンシャンあての年賀状を書いていた訳ですよ。
これが抽選で当たって、返事とグッズセットが送られてきてしまった。

うれしいけど、冷静になるとメチャ恥ずかしい。



2月1日からは抽選なしの先着順観覧が始まりました。
もう、これは再度、行くしかありません。


本日、出陣しました。


まずは観覧券をゲット。そして……



お父っつあんです。



お母っつあんです。



娘のシャンシャンです。

木の上で寝ていて、顔はみえませんでした。

「はい、観覧終了で~す」
係員さんの声が虚しい。

でも、生シャンシャンを見るという野望は達成されました。




(おまけ)

今回、はじめてモノレールにも乗りました。




(おまけ2)
プレーリードックです。
めちゃ可愛い顔してますが、極悪です。
写真のコとは違いますが、身を隠す穴をめぐって仲間と争っていたプレーリーくん、
キレて後ろ脚で土をかけ、相手を生き埋めにしていました。
埋められた方は、後で土まみれになってボコッと顔を出し、途方に暮れていました。


2018-01-21(Sun)

第2回文学フリマ京都

第2回文学フリマ京都、無事に終了しました!



去年、大阪、京都と二度の遠征をした訳ですが、やはりホームの東京と違って、アウェイの関西はお馴染みさんもおらず、良い手ごたえは得られませんでした。
正直、今回も「大丈夫かな……」と思っていたのですが、フタを開けてビックリ、大阪で買ってくれた人が「面白かったので」とまた来てくれたり、第1回京都に引き続き、仏神女神マニアの方が再訪してくれたりと、高めのリピート率に驚いてしまいました。
また、「こういうイベントに来るのは初めてなんです」と云いながらウチの本を選んでくれた方もいて、本当に嬉しかったです。



今回は京都で宝来文庫をよく知ってもらうため、細かい本は持っていかず、主要2作品のみを持ち込みました。
最新作「マヤ/ニセモノ乙女の夜」と……
繝槭Ζ・亥ョ」莨晉畑・雲convert_20180105224139


看板作品「東京弁天」です。
買ってすぐに自分のブースで読んでくれた人もいました。



今回の戦利品です。京都で知り合った方々の本。


今までのイベント歴の中でも、今回の京都文フリは思い出深いものになりそうです。
また、来年も出たいです。




(おまけ1)
せっかく京都まで来たのですから、観光も忘れる訳にはいきません。
京都の弁天さま巡りをしました。

まずはご存知、東寺です。
どうしてもお薬師さまとか立体曼荼羅ばかり語られてしまいますが、ここにも小さいながら弁天さまの祠はあります。



東寺の弁天さま。
文フリ京都の成功をお祈りしました。



もはや、お土産物売場と化した東寺の授与所で、良いモノを見つけました。
東寺のお池に咲いていた蓮を備前焼の炭にしたものです。
かなりマニアックな逸品!
東寺弁天さまのご分身のつもりでお迎えすることにしました。



次の弁天さまは戒光寺。
ここの丈六のお釈迦さま、素晴らしいですよ。



次は清水寺です。
改装中なのが残念……



ところで、清水寺近くのバス停のそばに、チャクラというベンガル・カレーのお店があります。
立地的に仕方がないのでしょうが、道案内を求める人が入ってきて、そのたびにベンガル人(たぶん)のご主人が「銀閣寺は100番のバス!」とか「清水寺はそこ曲がってまっすぐ!」とか、日本人に道を教えているのが絵面として面白かったです。
で、ここのベンガル・カレー、美味いです!
せっかく京都まで来てカレー……なんて思わず、ぜひ入って欲しい。
とくに若くない私はインドカレーの油っこさは胃にもたれるのですが、ここはご主人いわく「ワタシも油苦手なんだよ、だからウチは、スパイスはがんがん使うけど、油はあまり使わない」とのことでした。
ぜひ、来年もここでカレーを食べたい!



清水寺の弁天さま。北総門のそばにあります。



さて、この次に円山公園、安養寺の弁天さまに参るつもりがタイムアウト。
お寺は5時には閉まってしまいますからね。
最低でも4弁天参りするつもりだったのに……

ガッカリしつつ、5時以降は若干不貞腐れながら繁華街でご飯食べたり、お土産もの探したりしていましたら、寺町三条のあるお寺に行き当たりました。山門もまだ開いています。観光チックな寺ではない、本当の地元のお寺。本堂はもう閉まっていてお参りという風ではありません。出ようと思った時、境内のはしに小さな祠があるのを見つけました。
近寄ってみると、なんと弁天さま!!
まだお参りできる感じです。
手を合わせる前に由緒書きを読みましたら、なんと、この弁天さま、あの天河神社から勧請されてきたようです。
ご存知の方も多いと思いますが、天河神社といえば、奈良の奥、天河村にある「呼ばれないと行けない。行きたくとも辿り着けない」と云われる弁天さまです。
翌日、文フリ京都で仏教女神マニアのお客さんに話したら、「あー、それ、呼ばれちゃったね」と云われました。
だとしたら、とても嬉しいことです。



最後は京都タワー



思ったより、夜の姿が美しかったです。




(おまけ2)
弁天さま4か所巡りに成功し(しかも、そのうち一つは勧請とはいえ、天河!)、京都文フリも満足いく結果、ほくほく顔で帰りの新幹線に乗る前、時間つぶしに伊勢丹京都でウインドウショッピング。
筆記具売場で、見たことのないキャップレス万年筆を発見しました。
これ、2017年12月20日に発売されたばかりの450本限定のキャップレス「ムーンライト」というのだそう。
(「月夜」のインクとセット)
第2回京都文フリ記念にお買い上げ。東京に帰りました。

2018-01-06(Sat)

せるふ聖地巡礼

あけましておめでとうございます!
2018年も宝来文庫をよろしくお願いします!



というワケで、今回は宝来文庫の大和かたる最新作をご紹介します。
「マヤ/ニセモノ乙女の夜」
私が大和かたる名義で書いた初めての作品「マヤ」(初版は廃版)に、書き下ろしの続編「ニセモノ乙女の夜」をカップリングした愛蔵家版。表紙絵は「東京弁天」と同じ嵐山晶さん。
1月21日の文学フリマ京都から頒布を開始します。
繝槭Ζ・亥ョ」莨晉畑・雲convert_20180105224139

さて、話はさかのぼって去年の12月22日・23日。
「マヤ……」の初稿を完成させた私は、神戸に向かいました。
目的は「せるふ聖地巡礼」。
最近は、アニメの舞台となった場所等を巡り歩くことを「聖地巡礼」と云うらしいですが、今回は作者自身が自作の舞台を歩くという…… つまり、<せるふ聖地巡礼>……
まあ、ただの自己満足であり、作品完成後のリハビリだと思って下さい。


「マヤ」は、神戸を舞台にした、人間より美術品に近い少女マヤの物語。
まず、彼女が住んでいる洋館ですが、これは展望塔の家という異人館がモデルです。
北野では、もっとも高い位置に建つ洋館ですね。
以前は一般公開されていましたが、阪神淡路大震災で被災して以来、修復されることもなく、そのままの状態になっています。
2504295

続編「ニセモノ乙女の夜」の冒頭で、マヤが「赤い砂時計に行きたい」と云うタワー、これは皆さんご存知、神戸のランドマーク、ポートタワーです。
この写真は、元町商店街から撮影したもの。
タワーの内部は、あまり昔と変わっていません。
レトロスポットと云って好いと思います。



続編「ニセモノ……」のクライマックスシーンは、神戸港が舞台です。
ネタバレになるから書きませんが、「おいおい……」という展開になってます。




さて、ときどきマヤについて、「ガラスの仮面から名前とったの?」 と訊かれるのですが、違います。
本シリーズのキーアートと云いますか、全体のイメージ風景は「神戸の夜景」。
そして、神戸夜景と云えば、掬星台(摩耶山)ですよね。
そう、マヤの名前は摩耶山からとりました。

マヤ・シリーズに着手以来、はじめてケーブルカーとロープウェイを乗り継ぎ、摩耶山をのぼってみました。




ちなみに、摩耶山は、なぜ「マヤサン」と云うかご存知ですか?
山の上にお寺があり、そこにお釈迦さまのお母さん、摩耶夫人を祀っているからです。
それも考慮すると、マヤの名前の本当の由来は、お釈迦さまのお母さんだと云えるかも……
余談ですが、尊敬する幻想作家、泉鏡花は、書斎に摩耶夫人を祀っていました。
10歳で母を亡くした鏡花にとって、摩耶夫人は崇拝対象であると同時に母性そのものであったようです。
「マヤ」シリーズも母性にかかわる物語ですから、ヒロイン名を<摩耶>にしたことは、間違いではなかったと思っています。

さあ、摩耶山の天上寺にやってきました。
ちょうど夕刻、陽が沈みはじめる時間帯です。
境内が美しいオレンジに染まっています。



お庭からの眺め。
さすが、天空の寺ですね。
空気が街とは違っていて、異世界に行ったみたいでした。



最後に、日本3大夜景スポットのひとつ、掬星台からの景色。
この景色こそが、「マヤ/ニセモノ乙女の夜」の原風景です。



宝来文庫をはじめて、かれこれ7年目に入りました。
原点になった処女作「マヤ」と、その続編。看板メニューの「東京弁天」とはテイストは異なりますが、根っこにあるものは同じです。そのことを明確にするため、「ニセモノ乙女の夜」には、私を構成するいろいろなモノを登場させました(ひよっとしたら、ごった煮すぎるという感想もあるかもしれません)。

でも自分では、とても大切に思える一冊に仕上がったと自負しています。



(おまけ1)

神戸に来ても弁天さま参りは欠かせません。
今回は2か所。
四宮神社と……
あ


兵庫の厳島神社に参拝してきました。
い

後者の鳥居は、安芸の宮島と同じような造りでした。
神職の方は昔、東京におられたらしく、関東の弁天さまで埋め尽くされた私の御朱印帳をご覧になって、とくに崇敬神社である江島杉山神社を「懐かしい」とおっしゃっていたのが印象深かったです。


(おまけ2)
ドムドムバーガー、ご存知ですか?
マイナーですが、じつは日本で最初のハンバーガーショップです。
たいがいダイエーのフードコート的なとこにあったりしたので、子供のころ、母親が買い物している間にハンバーガーを買ってもらって、もしゃもしゃ食べていました。
だから、私のハンバーガー原体験は、マクドナルドではなく、ドムドムバーガーです。

ところが、このドムドム、今は絶滅危惧種ショップなのだそうです。
神戸には一軒だけ残っているというので、食べにいきました。
う


ああ、もう! 懐かしいなあ!
想い出のモノって、知らない間に身の回りから消えていってるんですね。
東京にも3店舗ほど残っているみたいです。
今度、行ってみようっと。
え




(おまけ3)
宝来ではありません。
実家の猫、ドヨンです。
柄は似てますが、かなりガタイがよくて、たぶん、宝来は秒殺されます。





(おまけ4)
パンダのシャンシャンの観覧券、ちっとも当たりませんね。
せっかく神戸に来たのだからと、パンダも見てきましたよ。

上野と南紀白浜は有名だけど、神戸にもパンダがいるって、案外知られていません。
でも、ちゃんと王子動物園にいるのです。



王子駅のパンダ・アピール、すごい。




とりあえず、フラミンゴがあまりに綺麗なのに感動



おおっ!
パンダのタンタン!
でも、寝てます。



国内でパンダとコアラが同時に見られるのは、ここ王子動物園だけ。
今度はコアラですが、こいつも寝てます。



行った時間が悪かったのか、皆さん、かなりの確率でお休み中でした。
そんな中、やたら元気だったのが、このレッサーパンダ。
けっこう悪い顔してます。
絶対、何か企んでいるでしょう。



そんなこんなで<せるふ聖地巡礼>、終わりました。
改めて思ったのは、とくに私みたいな作品数の少ない物書きにとって、ひとつひとつの小説は、自分という人間のちっぽけな歴史そのものなんだな、と。
考えていること、好きなもの、憧れなどが、恥ずかしげもなくギッシリ詰まってる。
だから執筆完了後、その舞台となる地を歩くことで、ようやく作品世界と現実に橋がかかるというか……

そして、それをしないと日常に戻ってこられないような気さえするのです。

2018-01-03(Wed)

小石川七福神(2018)

今年は、最新刊「マヤ/ニセモノ乙女の夜」完成記念の感謝をこめて、正月の3が日に弁天さまを6か所まわりました。
以下、そのメモです。

1月1日
私の弁天好きの発端である七福神めぐり。
とうとう、16年目になりました。
今年は、文京区の小石川七福神です。

ここの特長はですね。
まわるお寺が8か所あって、ウチ2つが弁天さまだということです。
しかも、男弁天さまと女弁天さま。
どんな御姿かとワクワクドキドキでしたが、両方とも、いわゆる宇賀神さま。つまり人頭蛇身の御姿でした。
それより、この七福神、ロケーションがすごくて、女弁天さまはマンションの敷地内に鎮座されておりました。



さらに驚いたのは、最後の8つめの福禄寿さま。
いったい、どこにあるかというと……



東京ドームのアトラクションエリアです。
しかも、思い切りアトラクションに挟まれています。



当日、ジャニーズ系(?)のアイドルのライブでもあったのか、若い女性が大挙して押しかけている中、ポツーンと佇む福禄寿さまがちょっと、なんか、気の毒でした。



色紙の一番左上、お寺の名ではなく、「東京ドーム」と書かれていて、御朱印は自分でスタンプを押すという初めての仕様。
なかなか記憶に残る七福神めぐりでした。



七福神めぐりの後は、崇敬神社である江島杉山神社の弁天さまにお参り。
去年一年、とてもたくさんの御利益をいただいたのでお礼に……

その後は、毎年恒例、愛宕神社の弁天さまにご挨拶。



参拝した方ならご存知の、愛宕神社のあの強烈な男坂のフローティング・ボールペンを発見。
男坂を上下するのは、戌年に因んでか、狛犬さんです。



最後に、六本木ヒルズは森美術館で、レアンドロ・エルリッヒの展示観てきましたよ。



最初のこのボートの展示。ド迫力で、インパクトが強い。オススメ。見るべし、です。



わりと建築よりの面白く、遊び心に溢れた展示が満載。
創作の上でも、大変刺激になりました。




1月2日
正月2日目。
上野に映画を観にいった際、摩利支天さまのお寺に通りかかりました。
弁天さまオンリーの私ですが、何故かフラフラと引き寄せられるように参拝。
お姿までいただいて来てしまいます。
ちなみに、摩利支天さまは勝利の女神です。



御姿を授与してもらった後、お守りがもらえました。
あら、ビックリ!
このお守り、パンダのシャンシャンお披露目記念お守りだそうです。
何かと人気のシャンシャングッズですが、さすがにお守りは、思わぬ伏兵。ノーチェックでした。




1月3日
今年の七福神めぐりの弁天さまが宇賀神さま型だったので、どうしても天女形の方にお会いしたくて、やってきました、東京大仏。
ここの弁天さま、とてもラブリーです。



橋もかかっていない池に浮かぶお厨子。
太陽でお厨子が金色に輝き、神々しい。
写真では分かりませんが、この中の弁天さま、日本昔話に出て来る少女とか、キミドールみたく目がちょっと吊り目の一本線。なんかお人形みたいで愛らしいことこの上ない。
池が邪魔して近寄れないトコも、シャイでいいですね。



参拝後、大仏そばで昼食。天ざるを食べたのですけど、2018年のカレンダーもらっちゃいました。



なんと七福神カレンダー!
どんだけ私得なのか!



中国風の弁天さまものってます。



せっかく板橋まで来たのですから、もう一か所行ってみましょう!
真言宗のお寺、安養院さんです。
正月7日間、木彫りの弁天さまがご開帳されてます。



中に入ってビックリ。
昨日、参拝した摩利支天さまの石碑がありました。
ここはそもそも摩利支天さまをお祀りするために開山されたお寺みたいです。
摩利支天さまを祀るお寺ってあまりありませんから、驚いてしまいました。
奇縁……



弁天さまを祀る弁天堂。
これで正月3が日の間に、6か所の弁天さまを参拝したことになりました。



プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 10歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
532位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
12位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog