2017-01-01(Sun)

弁天さまと御朱印巡り 第10回「了法寺」(東京都)

2017年元旦。
宝来文庫は「あずさ」に乗って、八王子までやってきました。




「弁天さまと御朱印巡り」の第10回記念。
本日は、弁才天を祀るお寺としてはひときわ異彩を放つ、通称「萌え寺」。日蓮宗の松栄山了法寺です。
さて、このお寺がどんな感じかというと…… 
山門を入ってすぐのところに……




「萌え看板」です。
アニメチックな女の子の絵とともに、境内の案内が書かれています。
いったい、どうしたことでしょうか。



お寺のHPによると、この看板は2009年5月の設置だそうです。
「お寺のことを皆に知ってもらうため、アニメ風の看板を作ってみてはどうか」
そんな提案が寄せられ、住職は悩んだ末に、家族や宗派の人に相談。
「誰か止めてくれ」と期待したにも拘わらず誰も反対せず、最後に神にお伺いを、とおみくじを引いたところ、大吉が出てしまったため実現したのだとか。

イラストは歌手・声優・イラストレーターの「とろ美」さん。
じつは以前、宝来文庫は、このお寺の噂をきいて「弁天マニアとしては絶対お参りすべし!」と意気込んだのですが、八王子はなにげに遠く、コミケ(2011年)にブースを出しておられた「とろ美」さんからお寺のグッズを買い、サインを入れてもらったことで納得してしまいました。




それきり、了法寺のことは記憶の片隅に押しやられていたのですが、たまたま本日(2017年元旦)。今年の初詣を何処にするか決めないままに新年の朝を迎えたところ、ツイッターのTLに了法寺さんから「八王子七福神」の告知ツイートが……
これは、参拝に来いということでしょう。
というわけで、慌ただしく外出準備を始めたのです。

で、了法寺に到着し、境内へ。
おお、痛車が乗りつけて、物販やってます。





ちなみに、八王子七福神の弁天さまは、新護弁財天さまといいます。
「弁舌才知・学業成就の福徳と共に了法寺の新護弁財天は子育て縁結びの功徳も授ける。」(お寺のHPより)とあり、子育て、縁結びというあたり、ちょっと他の弁天さまとは違ったご利益があるようです。
お厨子に源頼朝像もいっしょに祀られているのですが、これは江の島神社の由来に基づくものでしょうか。

この新護弁天さま、2012年にお直しをされたものだそうですが、とても穏やかで良いお顔です。
ぜひ、参拝をオススメします。

さて、寺務所で弁天像を授与しているということなので、御朱印をもらった際に、「弁天像をいただけますか?」と訊いたところ、正月期間中は、そちらの物販でお願いします、と痛車に行くように言われました。

お迎えしましたよ、弁天さま。
宝来文庫の弁天コレクションの中でも、別格に目立ちます。




おみくじカンバッヂのガシャポンがありました。
2回ひいたら、「シークレット」の白蛇さまと、「大吉」の龍神さまが出ました。
大吉なのに弁天さまじゃないのは、弁天さまが「超吉」だからです。




弁才天をより多くの人に知ってもらうため、萌え手段を使う。
私(大和かたる)も、草の根ながら弁天さまのファンタジー小説を書いて頒布している人間ですので、ぜひとも成功してもらいたいと思っています。




本日の弁才天巡礼は、東京都は八王子、了法寺の新護弁財天。
優しいお顔の、縁結びにもご利益のある素敵な弁天さまです。






(おまけ)

今回の弁才天巡礼は、お正月の七福神巡りの一環として参拝させていただきました。
ちなみに、八王子七福神巡りは各お寺さまとも対応が親切で、オススメのコースです。
色紙は毎年違う色で、七年つづけてお参りすると、金色の色紙が頂けるようですよ。
ちなみに、今年のカラーは「青」でした。




弁天さま以外で、記憶に残ったのは……

本立寺(毘沙門天)の池にいた、青と白の美しい鯉。




信松院(布袋尊)の布袋堂。
地下にあるのですよ。それに売店と甘酒屋が同じ部屋にあるのです。
なんか大阪っぽくて面白い。




こちらの布袋さん、とてもいいです。




「おん にこにこ 腹立てまいぞ ソワカ」
最近、仕事でもプライベートでもイライラすることが多いので、ぜひ、心に刻んでおきたいと思いました。




あと、八王子七福神は、コースに八柱目「吉祥天女」が入ってます。
弁天さまと吉祥天さま。ダブル女神はお得ですね。
寺務所に吉祥天さまの神像(フィギュア?)があって、「在庫限り」と書いてあったりします。




境内から、こんな景色も臨めます。



2016-12-31(Sat)

大掃除のついで 我が家の弁天さま大集合!!

大晦日です。
明日は元旦。2017年の七福神めぐりを何処にするか決めなければなりません。
で、今までの七福神巡りの授与品と、弁才天コレクションを整理しようと思ったら、出るわ出るわ……
でも、たまに整理をしていくと、もう忘れていた事への気づきがあったりもします。

たとえば、下は今までの七福神めぐりの色紙ですが、辿っていくと、宝来文庫が弁天オタクになったきっかけの年は2003年だったとことも判明しました。




2017年で15年目ということですね。
最初は七福神めぐりで始まり、すぐに弁天さまに特化したマニアになったみたいです。




では、ちょうど良い機会なので、一か所に集めた弁才天コレクションの一部を紹介しましょう。

まずは、宮島の大願寺で授与して頂いた弁天さまのご分体です。
カードタイプのものと、ちゃんとしたフレームに収まったものの2種類があります。
ちゃんとした仏像タイプは気おくれしてしまうなあ、と躊躇していたら、「もっとカジュアルに弁天さまを」という方のために、「お姿」もありますよということで、お迎えすることにしました。
とりあえず、我が家のご本尊ポジションです。




これは、造形作家エサシトモコさんの「カオデカくん」シリーズですね。猫だけど羊のかぶりものを着た「一羊来福」さん、弁天バージョンです。どこが弁天さまかというと、特注で、おでこに弁天さまの梵字を入れてもらいました。
家人専用の守り神です。
(関連記事はコチラ)





左は、ネパールから来た弁天さま(サラスヴァティ)。我が家で一番の美人さんだと思います。
真ん中は、2005年愛知万博「愛・地球博」のインド・パビリオン売店で見つけた弁天さま(サラスヴァティ)。
他の客がレトルト・インドカレーばかり見ている中、一人、神像をガン見していた宝来文庫。インド人の店主が「インドの神サマならガネーシャだヨ。ガネーシャにしなサイッ」と猛烈プッシュする中、「いや、サラスヴァティじゃなきゃ買わない。サラスヴァティを出せ」とねばったところ、やっと出してくれました。
店主は「あ、ワカッタ。あなたは学者なんだナ。そうだろう?」と一人で納得していましたが、インドではサラスヴァティは芸術神というより、学問の神さま的扱いらしいですね。ちなみに、この像をキッコロ・モリゾーさまと呼んでいます。
右は浅草の骨董市で見つけた古い置物。箱がついていて(オリジナルではないようだが)、像をくるんでいた紙は昭和ヒトケタ日付の薬の処方箋でした。大正時代くらいの品でしょうか? きっと薬屋の店先に飾られていたのではないかと思います。





左は、2003年、弁天オタクの道を歩みはじめた年に江の島で買ったお土産屋の仏像。なぜ、そこまでの情熱をもって弁天道を邁進できたのかは未だに分かりませんが、初期知識として得た「日本3大弁天」のうち、一番近いからという理由で突っ走ったのだと思われます。で、記念にお土産物の仏像までお持ち帰りしました。ずっとそばにある最初の弁天像。
真ん中は、巳年にあたる2013年の干支置物。新宿伊勢丹の和雑貨売り場で買いました。このテの物特有のモッサリ感がありません。シンプルでスマートな白蛇置物。出雲大社のそばに住む木工職人が作ったものだと聞きました。
右は、今年(2016年)に入手したもの。一見、ただの招き猫ですが、その体内には鎌倉の銭洗い弁天で清めた五円玉が埋められています。作者はトシコさんという方で、ブログ仲間、きらちろママさんのお友達。宝来文庫が欲しいと言ったため、きらちろママさんが、トシコさんから調達して、わざわざ文学フリマ会場に届けてくれました。きらちろママさん、トシコさんともに拙著「東京弁天」の読者さま。有難いご縁です。





左は、作者も制作意図も全く不明な弁天さま。もう十年以上も前ですが、ネットのオークションで小さな写真を見つけ、「弁天さまのブロンズ像か!?」と鼻息荒く入札した品。世の中には好きモノもいるようで、何人かで競った結果、そこそこの額で私が落札しました。ところがその後、出品者から謝罪ともとれるメールが来て、「どんどん値段があがってしまったが、私にはこれがそんなに価値のある物とは思えない。何ならキャンセルしてくれてもいい。もし、欲しいというのであれば、送料+手数料だけでいい」と申し出があったのです。
???????
訊けば、ブロンズではなく樹脂製か何かで、おそらく「美大の学生か誰かが試作で作ったもの」とのこと。
結局、開始額と同額で自分のもとに来たこの像は、造りの荒い、美術をかじった程度の者が創ったような代物でした。
でも、と思うのです。仮に美大生が課題で作ったものだとしても、あるいは、ちゃんとした弁天像を作るための試作であったとしても、芸術を志す者の手による弁天像を自分は無下に扱うことが出来ません。なぜなら、私も同じ立場の人間だから。

右は、やはり2013年の巳年の置物として製作された水口婉子さん作の古布人形「巳 弁財天のおつかい巳」。
銀座松屋で見つけました。ひらひらの羽衣をお坊さんの袈裟の古布で作るなど、かなり凝った作品です。
作者の水口さんは、この世界ではかなり有名な方だとか。
(関連記事はコチラ)



さて、ここに紹介したのはごく一部ですが、よくもまあ、こんだけ弁天ラブ道を突っ走ってるよなあ……
自分でもそう思いました。
その成果が、今年やっと発刊できた「東京弁天」(愛蔵版)です。
今回の記事を書くにあたって、昔の日記など読み返していますと、いろいろとしみじみ感じます。






(おまけ)

2017年1月22日、いよいよ宝来文庫は京都に遠征します。
で、ついでに久々の京都観光もしてこようかな、と……
で、ふと思い出したのですが、清水寺の本堂のご本尊といえば、千手観音立像。
33年に1度だけご開帳される秘仏で、前の33年ご開帳は西暦2000年3月3日から12月3日まででした。
じつはこの時、宝来文庫は清水寺をお参りしています。
で、もう次は生きてないかも…… などと考えながら、秘仏のお守りを買ってきていました。
今回の大掃除で、それを発掘。今は弁天さま一筋だけど、このお守りは一緒に京都に連れて行こうと思います。




2016-12-30(Fri)

2016年も暮れて……

もう過去のネタになってしまいましたが、12月23日、クリスマスイブの前夜のハナシです。
キッテでは、恒例のクリスマスツリーが美しく彩られておりました。




東京駅です。
あー、今年ももうすぐ終わるのですね。
振り返ってみれば、いろいろと忙しい年でした。
あんまり休んでいる暇などなかった気がします。
でも、おそらく最悪の年だった去年に比べれば…… 幸せだったかな?
去年の遅れを取り戻すべく、代表作「東京弁天」の完全版を発行できたし、大阪に遠征して、その頒布にも務められた訳ですから。
(来年一月には、遠征第2弾として文学フリマ京都も控えています)
まだまだコレから、ですよね。




自分への贈り物は、前回の万年筆ブルー・ラグーンで終了したつもりでしたが、つい、東京駅まで出てくると、丸善に立ち寄ってしまいます。いや、買わないですよ。見るだけ、見るだけ……




……のつもりが、ショーケースを覗きこんでいて、「おおっ!」。
まあ、いつものことですね。

いつもは絶対覗かない、モンブランのショーケースにそいつはいました。
この微妙に落ち着いた赤……
あれ????? これって、コーラル・レッドじゃないの????

コーラル・レッド。
モンブランが1950年代にデンマーク等で製造していた、いわゆるダッチ・モデルというヤツです。
その詳しい経緯や意味は知りませんが、宝来文庫は「赤サンゴ」の名を冠したこのペンに心を惹かれていて、本来は青マニアのくせ、セーラーのマルーン色(神戸を走るあの電車と同じ色合いだから)と、モンブランのコーラル・レッド(海の宝物の色だから)は、青とは別枠で大好物です。「海の青」が創作においてもマイ・カラーだと自負していますが、この2色はそれと同じ扱いなのです。

まあ、いいでしょう。
モンブラン・ヘリテージコレクション「ルージュ&ノワール」のコーラルという名のこのペン。
今年出た限定復刻品で、万年筆は売り切れでしたが、ボールペンは残っていました。
「か、か、か、買っちゃおうかな……」
でも、値段を見てげげげっ。
さすがモンブラン。これ、ボールペンの値段じゃねーよ……



でも、お迎えしてしまいました。
赤サンゴ色と同時に、クリップ部分も決め手です。
ヘビですよ。ヘビ。
宝来文庫のレーベル・モチーフである、あの方の「お遣い」サマではありませんか。
もちろん、本来の弁天さまは海の神ではありません。川の神ですが、私の小説では海軍を結成していますから、結論、これは宝来文庫のためのペンであると、極めて自分よがりな結論が出ました。



そういえば、おニューのモンブランに手を出すのはもちろん、、丸の内の丸善でペンを買うのは初めてかも。
なんとなく、「東京駅のアヤメさま」の宴会の引き出物チックな感じでペンをお持ち帰りしたのでした。

さあ、一旦財布のヒモを緩めてしまうと、もう歯止めが利きません。
夕飯も、リッチに銀座デリーでコース料理です。









ついでに、スカイツリーにも寄りました。




なんかプロジェクトマッピングやってましたよ。




さて、これを書いているのは12月30日。
いよいよ明日は大晦日ですね。

この一年間、宝来文庫を応援して下さって有難うございました。
皆さんにとって、2016年はどんな年でしたか?

来年も、ご贔屓にしていただけると嬉しいです。

それでは皆さん、よいお年を!!


「ああ、年が明けたら、ワクチン接種に連れていかれる……」




2016-12-17(Sat)

セーラー万年筆カクテルシリーズ

年末になって、忙しいながらも、そのはざまで「あー、今年も乗り切ったなあ」と感慨にふける頃、その年最後のお買い物に出かけます。
日用品の話ではありません。
極めて趣味的なモノを自分に買ってあげるのです。
世間では、こういうのを「自分へのごほうび」というのですよね。

さて、日本の三大万年筆メーカーのひとつ、セーラーでは、毎年、カクテルをモチーフにしたペンを少数ずつ生産しています。
2011年秋の第1弾200本限定の「エイジアンウエイ」を皮切りに、第2弾「モヒート」(2012)、第3弾「ブラックベルベット」(2013)、第4弾「ピカデリーサーカス」(2014)、第5弾「オールドファッションド」(2015)とコンスタントに新作を発表しています。ただ、このシリーズ、数が少ない上に大々的に宣伝もされないので、うっかりしていると買い漏らしてしまいます……

ちなみに、宝来文庫は2本のカクテルシリーズを所有しています。
都会の夜を連想させる深い紺色の「エイジアンウエイ」と、ラメをまぶした透明軸に緑の転冠、尾冠の「モヒート」です。
前者は拙著「マヤ」を出した記念、後者は「東京弁天」シリーズに着手した年のメモリアル。
カクテルシリーズは軸のデザインもさることながら、21金ペン先の書き心地が良いです。

07


そして2016年。今年のカクテルシリーズは「ブルーラグーン」!
南の海の色彩を忠実に再現……ではなくて、あくまでカクテル「ブルーラグーン」の色ですね。
このトロ味のある水色、レモンを表現した黄色い冠。
なかなかファンタスティックです。




基本的に青色マニアなもので、カクテルシリーズ第3~5弾までは購入を見送りましたが、今度のはゲットしておかなくてはいけません。




21金のバイカラー・ニブ。
日本橋丸善で、じっくり試し書きさせてもらい、一番腕にしっくりきたものを買いました。




万年筆を買ってほくほくしつつ、階上へ。
3階のイベント・ギャラリーで、可愛い動物のイラストが展示されていました。
イラストレーター&絵本作家のたなかしんさんの原画展です。

たなかさんは大阪生まれで明石にアトリエを構えているそうです。印刷では分かりにくいですが、原画は表面がざらざらというか、デコボコしたキャンバスに描かれています。お話を聞いてみると、明石の砂浜の、海から色んなものを流れ着かせている波打ち際の砂をキャンバスに塗り、その上に絵を描いているのだとか。




海辺の砂に描いたファンタジー。なんともロマンチックな発想です。
印刷されたポスター等もいいですが、この作家さんの作品、ぜひ原画を観ておくべきだと思いました。
サイン会もやっておられたので、ついつい頂いてしまいました。(ミーハー……)




で、ああ、今日は好い日だったな、と思いつつ日本橋を散歩しておりますと、富山のアンテナショップが新しく出来ておりました。
物産、大好きなので、ついつい店内へ。

で、買ってしまいましたよ……
これ、「りん」ですね。お仏壇に置いてある、そのカジュアルなものです。その名も「まわりん」。
胴器鋳物で国内シェア9割を占める富山県高岡市。メーカーの「久乗おりん」は明治40年創業の老舗です。
これを何に使うかというと…… 各地でいただいてきた弁天さまのご分体等のそばに置こうと思いまして。




あと、マスとカワハギのあわせ寿司が美味しそうだったので、お買い上げ。






(おまけ)

ランチは日本橋「天香回味」さんで。




台湾発祥の漢方薬膳火鍋店ですね。
ここのクロレラの入った緑色の薬膳麺、絶品です。
ランチセットでは、台湾式の肉そぼろご飯や杏仁豆腐もつきますよ。
オススメです。




2016-12-04(Sun)

弁天さまと御朱印巡り 第9回「井之頭弁財天」(東京都)

井之頭弁天さまにお参りをするのは初めてではありません。
若い頃からを含めれば、5回くらいは手を合わせていると思います。
井之頭公園の弁天さまと云えば、東京の弁天さまの中では、3本の指に入るくらいに有名ですからね。

ただ、宝来文庫はどうも吉祥寺という土地に縁がないようです。
芸術家や、その卵が多く住むという吉祥寺。私のようなタイプの人間ならまっさきに「住みたい!」と言い出しそうなのにね、と何度か言われたこともあります。でも、そう思ったことはあまり無いのですよ。
そんなだからか、井之頭弁天さまをお参りしても反応を頂けないのだと思っていました。
ただ、ここに来て、いきなり「ちゃんとお参りしよう!」と奮起したのには訳があるのです。  

というわけで、本日の弁才天巡礼は、吉祥寺は井之頭公園の弁天さまです。




過去にお参りした時、境内にある宇賀神の石造を見て、「ああ、ここは宇賀神=弁天さま」のお寺か、と思ったことを憶えています。きっとご本尊そのものが宇賀神さまで、それを弁財天と呼んでいるのだろう、と。
ただ、不勉強というのは恥ずかしいもので、もちろん、ここにも八本腕の宇賀弁才天さまはおられ、秘仏として12年に一度、巳年の4月にご開帳になるのだそうです。
前の巳年は2013年ですから、次は2025年……
いくつになってるんだ、宝来文庫!!

2013年といえば、もう東京弁天を書いている頃ですから、それでこの情報を追わなかったなど不届き千番です。
弁天研究に一番熱心に取り組んでいた時期、御開帳のニュースを捕まえ損なっていたのはどうしてでしょうか。




ところで、井之頭弁天さまと言えば、カップルでボートに乗ったら別れる等の都市伝説が有名なほか、東京随一のパワースポットとしてスピリチュアル系の人たちにも人気です。
ちょっと気になって、そちら寄りのブログ記事など読んでおりましたら、こんな記事を見つけました。
あくまで書いた方の主張ですが、井之頭弁天さまは池全体を御神体として存在し、よくお堂を出発点に池を巡回して、またお堂に戻っていかれる。分かる人にはそれが分かるのだとか。それと、気位の高い女神さまなので、二社参り(他寺社とのかけもち、あるいは「ついで参拝」)には冷たくて、お参りの日には、それだけを目的に誠心誠意参拝しないとお願いごとを聞いてくれないのだそうです。

あの大きな池を日々巡回している女神の姿を想像したら、胸がときめいてしまいます。
ああ、参拝したかったな、御開帳……
ネットで検索すれば、2013年の御開帳の時の様子があちこちで紹介されています。

12年に一度しかお顔をお見せ下さらない女神さま。
どうやら「色白で」「とても綺麗な」弁天さまなのだそうです。
こうなってくると、もういてもたってもいられません。

それで本日、朝から身綺麗にして、もう弁天さまをお参りするためだけに気を引き締めて電車に乗ったのです。




井之頭公園は終盤を迎えた紅葉に染まっていました。
風はやや冷たく、凛とした静けさ。
まずは池に向かって一礼し、それから本堂へ。
午後2時からお坊さんがお経があげられるそうなので、それにも参加しようと思っていたのですが、社務所では「本日は不在なんです」とのこと。
ああ、やっぱり縁がないのかな。でも、今までと違って、何だかこちらを少しだけ振り向いてもらえた感……
お坊さんが不在でも、女神さまはご在宅だったのだと思います。




本日の弁才天巡礼は、吉祥寺は井之頭公園の弁天さま。
色白で美しい姿だという、気位の高い女神さまです。




境内には、銭洗い弁天もありまして、鎌倉と同様、ここでお金を洗うと増える御利益があるのだとか。
別にお金が欲しい訳ではありません。
ただ、ご縁を結んでもらいたい一心で、勝守に水をかけさせてもらい、持ち帰りました。



2025年のご開帳、楽しみに待つつもりです。




(オマケ1)
お昼ご飯は、ハモニカ横丁のカレー屋さん「PIWANG」さんで二種盛りカレー。
左がカキカレー、右がチキンカレーです。
美味しゅうございました。



(オマケ2)
同じくハモニカ横丁の猫雑貨店「マルルゾロ」。


そこで面白い猫の張り子を見つけました。


稲作に精をだす猫さんです。
こういう柄、猫雑貨には珍しいですよね。
日本オリジナルの弁天さま、宇賀弁財天は農耕の神さま宇賀神との習合スタイルです。
今回の参拝のお土産としては最適ではないでしょうか。

プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
549位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
15位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog