2016-12-30(Fri)

2016年も暮れて……

もう過去のネタになってしまいましたが、12月23日、クリスマスイブの前夜のハナシです。
キッテでは、恒例のクリスマスツリーが美しく彩られておりました。




東京駅です。
あー、今年ももうすぐ終わるのですね。
振り返ってみれば、いろいろと忙しい年でした。
あんまり休んでいる暇などなかった気がします。
でも、おそらく最悪の年だった去年に比べれば…… 幸せだったかな?
去年の遅れを取り戻すべく、代表作「東京弁天」の完全版を発行できたし、大阪に遠征して、その頒布にも務められた訳ですから。
(来年一月には、遠征第2弾として文学フリマ京都も控えています)
まだまだコレから、ですよね。




自分への贈り物は、前回の万年筆ブルー・ラグーンで終了したつもりでしたが、つい、東京駅まで出てくると、丸善に立ち寄ってしまいます。いや、買わないですよ。見るだけ、見るだけ……




……のつもりが、ショーケースを覗きこんでいて、「おおっ!」。
まあ、いつものことですね。

いつもは絶対覗かない、モンブランのショーケースにそいつはいました。
この微妙に落ち着いた赤……
あれ????? これって、コーラル・レッドじゃないの????

コーラル・レッド。
モンブランが1950年代にデンマーク等で製造していた、いわゆるダッチ・モデルというヤツです。
その詳しい経緯や意味は知りませんが、宝来文庫は「赤サンゴ」の名を冠したこのペンに心を惹かれていて、本来は青マニアのくせ、セーラーのマルーン色(神戸を走るあの電車と同じ色合いだから)と、モンブランのコーラル・レッド(海の宝物の色だから)は、青とは別枠で大好物です。「海の青」が創作においてもマイ・カラーだと自負していますが、この2色はそれと同じ扱いなのです。

まあ、いいでしょう。
モンブラン・ヘリテージコレクション「ルージュ&ノワール」のコーラルという名のこのペン。
今年出た限定復刻品で、万年筆は売り切れでしたが、ボールペンは残っていました。
「か、か、か、買っちゃおうかな……」
でも、値段を見てげげげっ。
さすがモンブラン。これ、ボールペンの値段じゃねーよ……



でも、お迎えしてしまいました。
赤サンゴ色と同時に、クリップ部分も決め手です。
ヘビですよ。ヘビ。
宝来文庫のレーベル・モチーフである、あの方の「お遣い」サマではありませんか。
もちろん、本来の弁天さまは海の神ではありません。川の神ですが、私の小説では海軍を結成していますから、結論、これは宝来文庫のためのペンであると、極めて自分よがりな結論が出ました。



そういえば、おニューのモンブランに手を出すのはもちろん、、丸の内の丸善でペンを買うのは初めてかも。
なんとなく、「東京駅のアヤメさま」の宴会の引き出物チックな感じでペンをお持ち帰りしたのでした。

さあ、一旦財布のヒモを緩めてしまうと、もう歯止めが利きません。
夕飯も、リッチに銀座デリーでコース料理です。









ついでに、スカイツリーにも寄りました。




なんかプロジェクトマッピングやってましたよ。




さて、これを書いているのは12月30日。
いよいよ明日は大晦日ですね。

この一年間、宝来文庫を応援して下さって有難うございました。
皆さんにとって、2016年はどんな年でしたか?

来年も、ご贔屓にしていただけると嬉しいです。

それでは皆さん、よいお年を!!


「ああ、年が明けたら、ワクチン接種に連れていかれる……」




2016-12-17(Sat)

セーラー万年筆カクテルシリーズ

年末になって、忙しいながらも、そのはざまで「あー、今年も乗り切ったなあ」と感慨にふける頃、その年最後のお買い物に出かけます。
日用品の話ではありません。
極めて趣味的なモノを自分に買ってあげるのです。
世間では、こういうのを「自分へのごほうび」というのですよね。

さて、日本の三大万年筆メーカーのひとつ、セーラーでは、毎年、カクテルをモチーフにしたペンを少数ずつ生産しています。
2011年秋の第1弾200本限定の「エイジアンウエイ」を皮切りに、第2弾「モヒート」(2012)、第3弾「ブラックベルベット」(2013)、第4弾「ピカデリーサーカス」(2014)、第5弾「オールドファッションド」(2015)とコンスタントに新作を発表しています。ただ、このシリーズ、数が少ない上に大々的に宣伝もされないので、うっかりしていると買い漏らしてしまいます……

ちなみに、宝来文庫は2本のカクテルシリーズを所有しています。
都会の夜を連想させる深い紺色の「エイジアンウエイ」と、ラメをまぶした透明軸に緑の転冠、尾冠の「モヒート」です。
前者は拙著「マヤ」を出した記念、後者は「東京弁天」シリーズに着手した年のメモリアル。
カクテルシリーズは軸のデザインもさることながら、21金ペン先の書き心地が良いです。

07


そして2016年。今年のカクテルシリーズは「ブルーラグーン」!
南の海の色彩を忠実に再現……ではなくて、あくまでカクテル「ブルーラグーン」の色ですね。
このトロ味のある水色、レモンを表現した黄色い冠。
なかなかファンタスティックです。




基本的に青色マニアなもので、カクテルシリーズ第3~5弾までは購入を見送りましたが、今度のはゲットしておかなくてはいけません。




21金のバイカラー・ニブ。
日本橋丸善で、じっくり試し書きさせてもらい、一番腕にしっくりきたものを買いました。




万年筆を買ってほくほくしつつ、階上へ。
3階のイベント・ギャラリーで、可愛い動物のイラストが展示されていました。
イラストレーター&絵本作家のたなかしんさんの原画展です。

たなかさんは大阪生まれで明石にアトリエを構えているそうです。印刷では分かりにくいですが、原画は表面がざらざらというか、デコボコしたキャンバスに描かれています。お話を聞いてみると、明石の砂浜の、海から色んなものを流れ着かせている波打ち際の砂をキャンバスに塗り、その上に絵を描いているのだとか。




海辺の砂に描いたファンタジー。なんともロマンチックな発想です。
印刷されたポスター等もいいですが、この作家さんの作品、ぜひ原画を観ておくべきだと思いました。
サイン会もやっておられたので、ついつい頂いてしまいました。(ミーハー……)




で、ああ、今日は好い日だったな、と思いつつ日本橋を散歩しておりますと、富山のアンテナショップが新しく出来ておりました。
物産、大好きなので、ついつい店内へ。

で、買ってしまいましたよ……
これ、「りん」ですね。お仏壇に置いてある、そのカジュアルなものです。その名も「まわりん」。
胴器鋳物で国内シェア9割を占める富山県高岡市。メーカーの「久乗おりん」は明治40年創業の老舗です。
これを何に使うかというと…… 各地でいただいてきた弁天さまのご分体等のそばに置こうと思いまして。




あと、マスとカワハギのあわせ寿司が美味しそうだったので、お買い上げ。






(おまけ)

ランチは日本橋「天香回味」さんで。




台湾発祥の漢方薬膳火鍋店ですね。
ここのクロレラの入った緑色の薬膳麺、絶品です。
ランチセットでは、台湾式の肉そぼろご飯や杏仁豆腐もつきますよ。
オススメです。




2016-12-04(Sun)

弁天さまと御朱印巡り 第9回「井之頭弁財天」(東京都)

井之頭弁天さまにお参りをするのは初めてではありません。
若い頃からを含めれば、5回くらいは手を合わせていると思います。
井之頭公園の弁天さまと云えば、東京の弁天さまの中では、3本の指に入るくらいに有名ですからね。

ただ、宝来文庫はどうも吉祥寺という土地に縁がないようです。
芸術家や、その卵が多く住むという吉祥寺。私のようなタイプの人間ならまっさきに「住みたい!」と言い出しそうなのにね、と何度か言われたこともあります。でも、そう思ったことはあまり無いのですよ。
そんなだからか、井之頭弁天さまをお参りしても反応を頂けないのだと思っていました。
ただ、ここに来て、いきなり「ちゃんとお参りしよう!」と奮起したのには訳があるのです。  

というわけで、本日の弁才天巡礼は、吉祥寺は井之頭公園の弁天さまです。




過去にお参りした時、境内にある宇賀神の石造を見て、「ああ、ここは宇賀神=弁天さま」のお寺か、と思ったことを憶えています。きっとご本尊そのものが宇賀神さまで、それを弁財天と呼んでいるのだろう、と。
ただ、不勉強というのは恥ずかしいもので、もちろん、ここにも八本腕の宇賀弁才天さまはおられ、秘仏として12年に一度、巳年の4月にご開帳になるのだそうです。
前の巳年は2013年ですから、次は2025年……
いくつになってるんだ、宝来文庫!!

2013年といえば、もう東京弁天を書いている頃ですから、それでこの情報を追わなかったなど不届き千番です。
弁天研究に一番熱心に取り組んでいた時期、御開帳のニュースを捕まえ損なっていたのはどうしてでしょうか。




ところで、井之頭弁天さまと言えば、カップルでボートに乗ったら別れる等の都市伝説が有名なほか、東京随一のパワースポットとしてスピリチュアル系の人たちにも人気です。
ちょっと気になって、そちら寄りのブログ記事など読んでおりましたら、こんな記事を見つけました。
あくまで書いた方の主張ですが、井之頭弁天さまは池全体を御神体として存在し、よくお堂を出発点に池を巡回して、またお堂に戻っていかれる。分かる人にはそれが分かるのだとか。それと、気位の高い女神さまなので、二社参り(他寺社とのかけもち、あるいは「ついで参拝」)には冷たくて、お参りの日には、それだけを目的に誠心誠意参拝しないとお願いごとを聞いてくれないのだそうです。

あの大きな池を日々巡回している女神の姿を想像したら、胸がときめいてしまいます。
ああ、参拝したかったな、御開帳……
ネットで検索すれば、2013年の御開帳の時の様子があちこちで紹介されています。

12年に一度しかお顔をお見せ下さらない女神さま。
どうやら「色白で」「とても綺麗な」弁天さまなのだそうです。
こうなってくると、もういてもたってもいられません。

それで本日、朝から身綺麗にして、もう弁天さまをお参りするためだけに気を引き締めて電車に乗ったのです。




井之頭公園は終盤を迎えた紅葉に染まっていました。
風はやや冷たく、凛とした静けさ。
まずは池に向かって一礼し、それから本堂へ。
午後2時からお坊さんがお経があげられるそうなので、それにも参加しようと思っていたのですが、社務所では「本日は不在なんです」とのこと。
ああ、やっぱり縁がないのかな。でも、今までと違って、何だかこちらを少しだけ振り向いてもらえた感……
お坊さんが不在でも、女神さまはご在宅だったのだと思います。




本日の弁才天巡礼は、吉祥寺は井之頭公園の弁天さま。
色白で美しい姿だという、気位の高い女神さまです。




境内には、銭洗い弁天もありまして、鎌倉と同様、ここでお金を洗うと増える御利益があるのだとか。
別にお金が欲しい訳ではありません。
ただ、ご縁を結んでもらいたい一心で、勝守に水をかけさせてもらい、持ち帰りました。



2025年のご開帳、楽しみに待つつもりです。




(オマケ1)
お昼ご飯は、ハモニカ横丁のカレー屋さん「PIWANG」さんで二種盛りカレー。
左がカキカレー、右がチキンカレーです。
美味しゅうございました。



(オマケ2)
同じくハモニカ横丁の猫雑貨店「マルルゾロ」。


そこで面白い猫の張り子を見つけました。


稲作に精をだす猫さんです。
こういう柄、猫雑貨には珍しいですよね。
日本オリジナルの弁天さま、宇賀弁財天は農耕の神さま宇賀神との習合スタイルです。
今回の参拝のお土産としては最適ではないでしょうか。

2016-11-23(Wed)

第23回文学フリマ東京、終了しました!

今日、11月23日は、2016年宝来文庫最後の出店イベント「第23回文学フリマ東京」の日なんですけども……
それ以上に、宣伝部長・宝来が家に来てから9年目の記念日でもあります。
我が家では、この日を宝来の誕生日ということにしています。


「毎日毎日、外敵もなく食っちゃ寝、食っちゃ寝。おかげで、こんなダメな顔になりました」



それはさておき、話題としては、やはり東京文フリです。
これまでコミティアに偏重していたイベント出店を、徐々にティア:文フリ=5:5に変えていくため、前回、大阪文フリに出た訳ですが、思わぬ苦戦を強いられ、今度こそはのホームタウン東京での出店です。

場所は、東京流通センター第2展示場。




やはり知り合いの多い東京。
ゆったりと対面頒布に臨めました。




今回の記憶に残る出来事。

大阪文フリで「東京弁天」を買ったお嬢さんが、ブースに来てくれました。彼女からは既に好意的な感想ももらっていたのですが、今日の彼女曰く、「本を部屋に置いていたら、母が読んでしまった。それで『良かった!』と云っていた」とのこと。親娘二代で読んでもらえて、作者として感激のいたりです。

宣伝用に無料立読みサイトを利用して拙作を宣伝していたら、冒頭部分だけなのに、とても好意的なコメントを残してくれた方がいました。お礼も兼ねて、その方のブースにお邪魔したのですが、どうやら不在の様子。でも、その後、すぐに挨拶に来られました。ただ、私が弁才天話のスイッチをオンにしてしまったせいで、長話に付き合わせてしまいましたね。すんません……

アヤメさまの生誕の地といえば、墨田区の鳩の街商店街です。
たまたま、そこに古書店をオープンさせた方がいて、わずかですがお話をさせてもらいました。

そして、何より……
イベント後半、そろそろ売り子にも疲れてきた頃、ブログ仲間のきらちろママさんが会場に来てくれました。
ママさんとのお付き合いは過去記事のとおりですが、今回は、猫雑貨の作家さん、としこさんの猫張り子をお土産に持ってきてくれたのです。
としこさんも、ママさんに勧められた「東京弁天」の読者さま。





宝来文庫が「この張り子、いいですね」と云っていたので、ママさん、としこさんから1個買って持ってきてくれたのです。
ちなみに、としこさんの猫張り子は、底の部分に鎌倉の銭洗い弁天で祈願した五円玉を埋め込んだ福猫仕様!
思わぬところで弁天さまの輪、ですね。
さっそく開封してブースに置き、招き猫になってもらいました。




今回、自分で買い物した本たち。
もう何度も読んでいる信頼のおける作家さんたちの作品に加え、初めて買った方の本もあります。






(おまけ1)

きらちろママさんが下さったプレゼント。
としこさんの猫張り子以外に、宝来のおもちゃもあります。
意図せずして、誕生日のプレゼントをいただけたことになります。




(おまけ2)

「なんだ、こりゃ……」



「この匂い、もしかして……」



「マタタビじゃ~ん♡」



2016-11-20(Sun)

11月23日(水) 文学フリマ東京(D-64)に出展します!

いよいよ、11月23日(水)
第23回文学フリマ東京が開催されます。

宝来文庫としては、2013年11月以来3年ぶりの東京文フリ。そして、本年最後のイベント出展でもあります。
お馴染みさんはもちろんのこと、初めての方もぜひ、よろしくお願いします。

さて、このブログ記事を見て来場される方のために、今回は初めてさま用作品紹介を書きます。


まずは自己紹介を。
宝来文庫は、大和かたるの個人レーベルです。
大和かたるは、七福神の弁天さまを主要モチーフとして創作をつづける、かなりニッチな作家です。
ただ、扱うネタはニッチでも、作品そのものは極力、「面白さ」の最大公約数を意識しておりますので、「フン、オレ、興味ねーや」などと云わずに、まずは1冊手に取っていただきたいと思います。


では、1冊目、看板小説の「東京弁天」(900円)


宝来文庫と云えばコレ、というくらいの看板っぷりです。
何から読んでいいか分からないようでしたら、迷うことなくコレをオススメします。

今さらほとんど神さまなんて降臨して来ないはずの現代。
スカイツリーの御膝元、東京都は墨田区に示現なさった、中学一年生の女神、アヤメさまの物語。
この女神さま、七福神でおなじみの弁才天です。芸術とか学問とか、あと戦勝の神さまですね。
本作では、弁天さまを、地方から夢を追って上京してくる者たちの守護神として描きました。
自分(大和かたる)も、かつてそうであったからで、ほぼ願望に近いかもしれません。
ただ、女神さまは趣味である芸術神以外のお仕事も大変で、人間と同じように結構苦労されてますよってお話です。
神社仏閣巡り、仏像好きの方はもちろん、和風ファンタジー好きの方全般に楽しんでいただけると思います。
(なお、初回限定版として、仏像絵師の嵐山晶さんによるコレクション・フィルムしおりが一枚封入される他、本にはシリアルナンバーが入ります)

「東京弁天」の立ち読みページはコチラ



2冊目は、「神社姫の涙」(300円)


「東京弁天」の番外編です。
劇中の重要なシークエンス、「大晦日の乱」の前日譚として書きました。
江戸時代の文献に残る妖怪・神社姫をモチーフにしています。
もちろん、大和かたる作品ですから、弁天さまも出てきます。
っていうか、弁天さまVS神社姫です。

「神社姫の涙」の立ち読みぺーじはコチラ



3冊目「マヤ」(300円)


宝来文庫の第1回リリース作品です。
前出の作品とはカラーの違う小説で、ちょっとエロチックな香りもする、幻想小説です。
謎の美少女と、孤独な男子高校生。
思春期の記憶とともに、「理想の美少女像」を作品化しました。
今でも、この作品が一番好きという方が時々声をかけて下さるのが、とても嬉しいです。
ちなみに、現在、続編の「ニセモノ乙女の夜」も執筆中。来春刊行予定ですので、予習にどうぞ!

「マヤ」の立ち読みページはコチラ



最後に、谷中ミスト会レーベル「ミスコレ!」(各300円)


大和かたるは、不思議話の愛好会「谷中ミストの会」を主宰しています。
これは、その機関誌。
テレビや本からの受け売りではない、筆者と、その近しい人間に起こったユル~イ不思議話を掲載しています。
アートワーク担当は、「神社姫の涙」の表紙も描いてくれている枝さんです。


それでは、11.23の11:00~17:00、東京流通センター第2展示場(入場無料)でお待ちしております。
東京モノレール「流通センター駅」で下車ですよ。間違って羽田空港まで行かないで下さいね。
当日は、ブース(D-64)でボケッとしていると思います。
本の購入は気に入って下さったらで構いませんので、ぜひ、雑談のお付き合いとかしてもらえれば…… と思います……


プロフィール

宝来

Author:宝来
大和かたるの同居猫
年齢 9歳
性格 へたれ、人見知り
職業 宝来文庫の看板息子

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
700位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
13位
アクセスランキングを見る>>
来館者数
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog